【内見会のご案内】循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」は『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催します

0
353
【内見会のご案内】循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」は『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催しますのメイン画像

100% 資源を循環させるクリエイティブ 持続可能な社会をめざして

繊維専門商社のモリリン株式会社(本社:愛知県一宮市/代表取締役社長:森 俊輔)は、多くの衣料品をはじめとする繊維製品製造に携わる責任として、株式会社 ワークスタジオ(本社:東京都新宿区/代表取締役:原 和広)が手がける廃棄衣料品を原料としたサステナブルボード【PANECO®】の日本国内における販売総代理店として、廃棄衣料品・繊維製品のサステナブルな活用促進を目指し、『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催することとなりましたのでお知らせいたします。

【内見会のご案内】循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」は『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催しますのサブ画像1

  • 廃棄衣料品を原料としたサステナブルボードPANECO® とは

1)  繊維 to ANOTHER(繊維のアップサイクル)

・繊維 to 繊維でアップサイクルしきれない廃衣類を使用することが可能。
・廃繊維を高含有することが可能なため、大量の余剰繊維を消化します。
・在庫衣類、余剰生地、裁断屑など混率不問、素材の選別が不要(一部素材を除く)。

2)産業廃棄物処理問題の解決
・使用後も再度PANECO®の原料として活用し、完全な循環型フローを実現。
・繊維リサイクルボードを使用することによって焼却処分されるはずだったTシャツを100枚リサイクルすることができます(90cm×90cm×5.5t のPANECO® 5枚の場合)。

3)木材使用量削減を実現
・木材に近い強度、加工性を持つため、木材の代替品として活用可能。
・木材の代替品として活用することで、木材使用量が減少しCO2問題に寄与します。
 

【内見会のご案内】循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」は『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催しますのサブ画像2_6月7日~12日の期間、ミラノデザインウィーク2022に出展6月7日~12日の期間、ミラノデザインウィーク2022に出展

【内見会のご案内】循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」は『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催しますのサブ画像3_10月18~20日の期間、東京ビッグサイトで行われたサステナブルファッションEXPOに出展10月18~20日の期間、東京ビッグサイトで行われたサステナブルファッションEXPOに出展

  • MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE- 開催概要

日時   : 2022年12月1日(木)~9日(金)  9:00〜17:30(土日祝除く) 
場所  :モリリン株式会社1F(フォレストホール)
     〒103-0004 東京都中央区東日本橋2-1-3
※事前アポイント制となっております。下記営業担当または総合企画室までお問い合わせください。

展示内容:

ファッションとインテリアの世界をつなぐ新たな循環モデル。廃棄衣類繊維のアップサイクルとサーキュラーエコノミーをデザインし、イベントやオフィス等のさまざまな空間の内装やディズプレイ什器、家具へと生まれ変わる、クリエイティブな世界観を生み出します。

【内見会のご案内】循環型繊維リサイクルボード「PANECO®」は『MEET UP PANECO -100% UPCYCLE SHOW CASE-』を開催しますのサブ画像4

◆ PANECO® official site ~ https://paneco.tokyo/
◆ PANECO® Instagram ~ https://www.instagram.com/paneco_official/

【本件に関する営業窓口】
産業資材グループ 担当:丸山・上田 mail:[email protected]
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
総合企画室 mail:[email protected]
 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください