神戸市立自然の家が開催したファームキャンプで、ウール機能が学べる「ウールラボ」を実施

~26名の小学生が参加~

日本毛織株式会社(通称社名ニッケ 大阪市中央区 以下当社)は、2022年11月5日(土)~11月6日(日)に神戸市立自然の家が開催したファームキャンプで、実験などを通して、ウール機能や環境へのやさしさが学べる「ウールラボ」を実施しました。参加いただいた26名の小学生の皆様には、豊かな自然環境の中で、様々な体験をいただきました。

神戸市立自然の家が開催したファームキャンプで、ウール機能が学べる「ウールラボ」を実施のサブ画像1

当社衣料繊維事業本部は、「全ての経営活動でSDGsを意識」することを方針として掲げ、「Weaving for the Future ~未来を織りなす~」をスローガンに様々な活動を展開しております。今回は活動テーマの一つである「地球への思いやりにあふれた人材育成のために」の一環として、下記の活動に参加しています。

神戸市立自然の家が毎年開催するファームキャンプは、六甲山牧場の牛や馬やウサギなどの動物たちの触れ合いや、ピザ窯を使ったピザ作りなどを自然の中で体験できるイベントです。
当社は、11月5日(土)~11月6日(日)に開催されたファームキャンプのプログラムの中で、当社独自の学習コンテンツ「ウールラボ」を実施させていただきました。初日の授業では、羊の毛をつむいで糸になるまでの体験や、撥水、燃焼、吸湿発熱実験などに参加してもらい、ウールの持つ機能性や、環境へのやさしさを学んでいただきました。学習後には、消臭機能のあるウールを体感いただけるよう、靴下をプレゼントしました。
2日目はプレゼントしたウールの靴下を履いて、乗馬やポニーとの散歩などでアクティブに過ごし、帰宅後にウールの「消臭性」実験をご家族と一緒に体感いただいています。
後日、参加者のご家族の方からは、体験の内容やウールの靴下の匂いをお母さんに嗅がせて「本当に臭くない!!」と楽しそうに話されるお子様の様子をお伝えいただき、スタッフも喜んでおりました。

当社は、こうした活動を通じて、地域社会への貢献や、子供たちに向けた環境教育への支援を目指していければと考えています。

神戸市立自然の家が開催したファームキャンプで、ウール機能が学べる「ウールラボ」を実施のサブ画像2

神戸市立自然の家が開催したファームキャンプで、ウール機能が学べる「ウールラボ」を実施のサブ画像3

■神戸市立自然の家
自然環境の中で野外活動や自然体験などを通じて、青少年の豊かな人間性を育てる社会教育施設です。
住所:神戸市灘区六甲山町中一里山1-1
公式サイト:http://www.kobe-sizennoie.com/

 
【会社概要】
社名:日本毛織株式会社(通称社名:ニッケ)
本社所在地:大阪市中央区瓦町3丁目3-10
HP:https://www.nikke.co.jp/
 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事