事業用EVに特化した充放電システムを開発する株式会社Yanekaraへ共同リードインベスターとして出資

グローバル・ブレイン株式会社(以下、グローバル・ブレイン)が運営する、31VENTURES Global Innovation Fund 2号(以下、31VENTURESファンド2号)は、事業用EVの充放電を制御することに特化したハードウェアおよびクラウドソフトウェアを開発する株式会社Yanekara(本社:千葉県柏市 / 以下、Yanekara)へ共同リードインベスターとして出資を実行したことをお知らせいたします。

事業用EVに特化した充放電システムを開発する株式会社Yanekaraへ共同リードインベスターとして出資のサブ画像1

政府が掲げる2050年のカーボンニュートラル実現に向けて再生可能エネルギーと電気自動車(EV)の導入が加速するなか、足元では電力需給の逼迫という課題が発生しており、電力系統に負担をかけずに再エネとEVを導入するためのソリューションが求められています。Yanekaraは太陽光で発電した電力を一基で高効率に複数台のEVを充電することができる充放電機器『YaneBox』と、遠隔制御可能な普通充電コンセント『YaneCube』、それらを群制御することのできるクラウドシステム『YanePort』を開発しています。同社のサービスを通じて従来電力を消費する側の事業者や消費者が発電をし、EVという蓄電リソースを活用してエネルギー的に自立することはもちろん、社会全体の安定供給にも貢献する仕組みを構築できます。Yanekaraは再エネのさらなる導入促進および電力需給逼迫の解消に寄与するとともに、「エネルギーテックでローカルを主役に」する仕組みを目指しています。今後は『YaneBox』における実証実験の拡大と、『YaneCube』の量産準備を展開してまいります。

グローバル・ブレインは、同社の当該領域に存在する顧客課題に関する高い理解度とそれに対するハードウェアおよびクラウドソフトウェアを一気通貫で開発するソリューションの独自性、「地球に住み続ける」をミッションに掲げ、「屋根から」エネルギー自給社会の構築を目指すビジョンと経営陣を評価し、今回の出資を決定いたしました。本出資を通じて、電力問題の対応ならびにEV化を後押しすることで、社会課題の早期解決など脱炭素社会実現への取り組みを推し進めてまいります。

■Yanekaraについて
会社名 株式会社Yanekara
所在地 千葉県柏市柏の葉五丁目4番19号東大柏ベンチャープラザ
代表者 松藤 圭亮  /  吉岡 大地
設立日 2020年6月
事業内容 EVに特化した充放電システムを開発
URL    https://yanekara.jp/

■31VENTURESファンド2号について
ファンド名 31VENTURES Global Innovation Fund2号
無限責任組合員 グローバル・ブレイン株式会社
運用総額 85億円

■グローバル・ブレインについて
会社名 グローバル・ブレイン株式会社
所在地 東京都渋谷区桜丘町10-11
代表者 代表取締役社長 百合本 安彦
設立日 1998年1月
事業内容 ベンチャーキャピタル事業
URL https://globalbrains.com/

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事