業界初!国産材を使った住宅の地震建替保証を発売開始!構造設計+国産材調達+保証で安心をお届けします

~地盤保証大手の一般社団法人ハウスワランティと共同開発~

構造設計と国産材調達の一貫サービス及び住宅事業者向けのITサービスを提供するピトン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:小村健太郎)は、この度地盤保証大手の一般社団法人ハウスワランティ(本社:東京都墨田区、森田靖英代表理事)と連携し、国産材を使い耐震等級3で設計された住宅に対して倒壊時に100%保証する地震建替保証サービスを2023年1月に発売することをお知らせします。

  • 国産材+地震建替保証発売の背景

 家づくりにおいて求められることは、年々変わってきております。新型コロナウィルスの流行を契機として、より安心・安全な住まいとして戸建て住宅が見直される中、耐震性や省エネに対するニーズが高まっています。
そのような中、ウッドショックや為替の影響等で、木材価格も急騰し入手困難な時期を昨年経験しました。
今後も国内の人口減少による着工減や世界経済が激変する中で、中長期的には木材を安価に輸入し続けることは厳しくなることが予想されます。
 そのような背景の中、当社は許容応力度による構造計算を行った上での国産無垢材の活用に注力してきました。
構造材の国産化率が30%程度と低い現状を打破し、住宅会社を中心に、地域の製材所・木材問屋・プレカット加工会社が連携する仕組みを構築して、輸入材に劣らない高い品質と短納期、コストダウンを実現しております。
ただし、国内で生産される木材は「杉」が多い中で、外材に比較して杉は柔らかく強度が弱いとされ、工務店には敬遠されてきた現状があり、広く普及させるには課題が有ります。
 そこで、当社は構造計算された物件で、適切に品質管理された木材を使用する住宅に関して、100%の倒壊保証を行う地震建替保証をパッケージで発売する事で、施主や住宅会社の不安を払拭し、国産材を活用したより安心・安全な家づくりが普及することを目指します。
 

業界初!国産材を使った住宅の地震建替保証を発売開始!構造設計+国産材調達+保証で安心をお届けしますのサブ画像1

 

  • 『地震建替保証』の特徴

①住宅購入価格(建物本体価格)を上限に、地震による倒壊の修理や建替費用を100%受けられます。
(※保証範囲には諸条件が有ります)
②保証契約は工務店が保証人となります。(施主は被保証人)
③修繕、建替えは保証契約した工務店が請負ます。(保証契約外の工務店が工事を請ける事は出来ません)
④地震保険と地震建替保証の併用可能です。

業界初!国産材を使った住宅の地震建替保証を発売開始!構造設計+国産材調達+保証で安心をお届けしますのサブ画像2

  • 国産材+耐震等級3+地震建替保証のメリット

 ピトン株式会社では、構造設計と国産材調達・加工をワンストップで提供しております。
当社サービスを利用することで、許容応力度計算による耐震等級3の構造をベースに、工期に合わせてジャストインタイムで品揃えすることが難しい国産材の調達と価格マネジメントを代行し、品質の良いプレカット材を安定的に供給することが出来ます。(専用の設計管理用ソフトウェアも提供)
 構造計算により建てられた住宅は安全であることは知られていますが、火災保険地震保険特約と地震建替保証に両方加入することで、火災保険の50%と建替までの住宅購入価格の100%保証が受けられるため、より手厚くお施主様へ安心をお届けすることが可能となります。

業界初!国産材を使った住宅の地震建替保証を発売開始!構造設計+国産材調達+保証で安心をお届けしますのサブ画像3

 

 

  • 本件に関するお問い合わせ先

ピトン株式会社 担当:成田
TEL:050-8884-4557
e-mail:[email protected]

【ピトン株式会社について】
ピトン株式会社は、設計から始まる工務店と国産製材業者・プレカット工場の共創を実現し、より安全で快適な家づくりの実現に向けて取り組んでおります。
今後は、建設業界のサプライチェーンのデジタル化を軸に、設計と調達、現場の合理化の研究開発を行ってまいります。

【会社概要】
会社名:ピトン株式会社
所在地:東京都港区南青山2-2-15 ウイン青山1214号
代表者:小村健太郎
設立:2019年4月
URL:https://piton.jp/
事業内容:建築物の設計、国産構造材の販売、ITサービスの開発・販売

【お客様からのお問い合せ先】
ピトン株式会社 担当:成田
TEL:050-8884-4557
e-mail:[email protected]

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事