12/14(水)視聴無料ウェビナー開催!サプライチェーンの透明化が推進するファッションのサステナビリティ

トレーサブルなモンゴルカシミヤの事例とともに

「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す株式会社UPDATER(所在地:東京都世田谷区、代表取締役:大石英司)は、12月14日、環境や人権などに配慮したサプライチェーン構築を目指す事業者向けに、これからの原料調達基準や素材開発に求められる最新動向についてのウェビナーを開催します。

12/14(水)視聴無料ウェビナー開催!サプライチェーンの透明化が推進するファッションのサステナビリティのサブ画像1

エシカル消費への注目度が高まるなか、企業は脱炭素はもちろんのこと、ESG全般における対応力を磨くことが求められています。原料の調達先や製造委託先、またコストを可視化するなど、透明性の高い企業活動を行うことでマーケットからの評価が高まるだけでなく、顧客を含むステークホルダーとのエンゲージメントを高めることにつながることが明らかになってきています。

本ウェビナーでは、サプライチェーンの透明化に取り組む方々の最新情報をお伝えするとともに、実現にあたってクリアすべき課題についてもディスカッションし、皆さまとともに考える機会としたいと考えています。
また、当社はこのテーマのシンボルとして、モンゴル産カシミヤを使って製造工程のすべてのコストを1円単位で開示した「タドれるカシミア」の販売を開始※1しました。これは山羊の原毛採取からオンライン販売まで生産工程のすべての工程を明らかにして商品開発したものです。モンゴルのカシミヤ産業の課題解決になり得るこの商品開発に、国交50周年を迎えるモンゴル大使館からも賛同いただき、本ウェビナーでもメッセージをいただきます。
※1 10月14日プレスリリース https://minden.co.jp/news/2022/10/14/7489

1.イベント詳細

日  時: 2022/12/14(水) 12:00~13:30
開催形式: Zoomウェビナー ※画面上には主催者側の顔のみが表示され、参加者様のお名前やお顔は映りません。他者から見られることもありません。
参加登録: 必要
参 加 費 : 無料
主  催: 株式会社UPDATER

2.プログラム
<PART1>12:00~12:15 イントロダクション(15分)

・駐日モンゴル大使バッチジャルガル・ダンバダルジャー氏(DAMBADARJAA BATJARGAL)ビデオメッセージ
・駐日モンゴル国大使館経済貿易部長参事官ムンフバット・ウールド氏(UULD MUNKHBAT)スピーチ
・一般社団法人モンゴルセンター理事長 ウルジ・ウランバヤル 氏(ULAMBAYAR ULZII)スピーチ

<PART2>12:15~13:15 パネルディスカッション(1時間)
「サプライチェーンにおける調達基準や素材開発に求められることとその課題」

■モデレーター
ELEMINIST 創設者 深本南 氏

大学在学中に環境団体を共同設立。ビジネスを通じた社会貢献を目指し、2004年にファッション業界に転身。ラグジュアリーブランドを中心としたECコンサルティング、EC事業部長、クリエイティブ室室長などを経て、2020年にELEMINISTを創設。現在はサステナビリティに特化したコンサルティング、アドバイザーなど幅広く活動中。

■登壇者
1)株式会社CFCL CSO 岡田康介 氏

2002年京セラ入社。海外事業の経営管理·事業統合を行う。2007年より6年間ドイツ駐在。ヨーロッパ全域での再生可能エネルギー事業を軸に、企画·財務·SCM·システム開発など9事業の経営基盤を構築。帰国後、ベンチャー企業にて生分解性や脱プラ素材等の海外事業を統括。20年からCFCLにてCSOを務める。並行して株式会社SISON’S設立、経営コンサルティングを行う。

2)伊藤忠商事株式会社 繊維原料課 井上尚太 氏

2013年伊藤忠商事入社。繊維原料課にて綿糸輸入・国内産地向け販売に従事した後、2017年より4年間香港に駐在、アジアを中心に繊維原料全般のトレード。その後リサイクルポリエステル「RENU」や衣類回収「Wear to Fashion」等の事業開発を推進、その中で、綿花から綿製品までの追跡を実現する繊維原料トレーサビリティシステムを構築し拡大中。

3)株式会社UPDATER 代表 大石英司

凸版印刷株式会社での新規事業立ち上げなどを経て、2011年にみんな電力株式会社(現:株式会社UPDATER)を創業。2016年より、電気の生産者がわかる「顔の見える電力」を特徴とした。再エネ電力小売事業を展開。現在はソーシャルアップデートカンパニーとして「顔の見えるライフスタイル」の実現に向け、「みんなエアー」「TADORi(タドリ)」などにも取り組む。TBSラジオ「スナックSDGs」マスター(MC)、グラミン日本アドバイザー。

<PART3>13:15~13:30 質疑応答(15分)

・質疑応答は、ZoomのQA機能等を使用してご質問を受け付けいたしますので、お名前やお顔を出していただくことは必須ではございません。
・途中での参加、退席は自由ですので、お気軽にご参加ください。

 

3.こんな方におススメ

・ESG経営のためにサプライチェーンのアップデートを検討している
・透明性の高い原料調達や素材開発の最新動向を関心がある
・サプライチェーン排出量の算定に取り組んでいる

4.参加者特典

UPDATERのブロックチェーンサービスをご利用の際、ウォレット作成費を無料にてご提供

5.申込方法

以下のお申込みフォームより、参加登録をお願いします。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScrbdFz24bce8jQ7UlN4ddTrLJSeXbbvPlu7FUfxCGCqp1jYg/viewform

6.お申込みフォーム入力後のご対応

お申込みフォームから参加登録をすると、お申込み後、登録完了メールが届きます。
メール内のZoomURLを開くと以下の画面に遷移しますので、お名前とメールアドレスのご登録をお願いいたします。

7.本件に関するお問い合わせ先

新事業推進部 TADORiチーム 野澤、村松
E-mail :[email protected]

<報道関係はこちら>
広報担当 中村(080-7142-5287)佐藤(080-7142-5295)
代表TEL:03-6805-2228(受付時間 平日11:00~15:00)
E-mail :[email protected]

8.株式会社UPDATERについて

2021年10月1日にみんな電力株式会社より社名変更。2011年、大手印刷会社で新規事業を担当していた大石英司が、再生可能エネルギー事業会社としてみんな電力株式会社を設立。2016 年に発電所オーナーの顔や思い、ストーリーを公開した「顔の見える電力」を特徴とするClimate Tech事業「みんな電力」を開始。その後、Well-being Tech事業「みんなエアー」やSDGsプラットフォーム事業「TADORi」などを開始。ソーシャル・アップデート・カンパニーとして、独自のブロックチェーン技術を基盤とした「顔の見えるライフスタイル」の実現を目指す。2020年、第4回ジャパンSDGsアワード SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞を受賞。

所在地: 東京都世田谷区三軒茶屋2-11-22 サンタワーズセンタービル8F
代表取締役: 大石英司
設 立: 2011年5月25日
資本金: 13億498万円(資本準備金 20億3,918万円) ※2022年3月31日現在
事業内容:Climate Tech事業「みんな電力」、Well-being Tech事業「みんなエアー」等
コーポレートサイト  : https://minden.co.jp/

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事