【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。

0
319
【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のメイン画像

【目標は500万、5000冊以上!】 古本の買取金額に応じた本を、バリューブックスが子どもたちへプレゼントする企画がスタートします。

インターネットを中⼼に古本の買取・販売を行う株式会社バリューブックス(本社:長野県上田市、代表取締役:清水健介 以下、バリューブックス)が12月1日より開始する、子どもたちに本を贈るチャリティープロジェクト、「ブック・プレゼント」。古本を買取に出していただくだけで、誰もが参加可能です!

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像1

新しい本を、子どもたちが自由に読み、楽しめる機会を届けたい

古紙回収にまわるはずだった本を活用して子どもたちや老人施設などに本を届ける「ブックギフト」、本の買取金額をさまざまな団体に寄付し、総額6億6千万円を寄付してきた「チャリボン」。
私たちは、長らくこの2つのプロジェクトを続けてきました。

今回の取り組みはそのどちらとも異なります。2022年12月1日〜2022年12月31日の期間中にお申し込みいただいた古本の買取金額の 10% に相当する金額を、バリューブックスが子どもたちへの本のプレゼントに使います。
目標は、500万円分の本の寄付(1冊1000円とすると5000冊!)としており、本企画を通してより多くの方に本プロジェクトを届けたいと思っています。
 

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像2

期間中、申し込みいただいた企画の金額分の新刊や古本をバリューブックスが購入。それらの本を、提携するさまざまな団体に贈り、子どもたちが無償で本を手に取れる機会をつくります。
チャリボンを行うにつれ、現金の寄付だけでなく、本を必要とする団体が多くあることを知りました。本を必要としている子どもたちへ多くの本を届けたい!そんな思いから今回の企画を立ち上げました。

本を届ける子どもたち

今回の企画では、チャリボンで提携しているNPO・NGOが支援している子どもたちに本を届けていきます。
共同で本を届けるそれぞれの団体を簡単に紹介できればと思います。

 

  • 認定NPO法人 高知こども図書館

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像3

1999年に全国で初めて、特定非営利活動法人(NPO法人)が運営するこどもの本専門図書館として開館。こどもたちが、多様な絵本や児童書に出会い親しむことで読書の楽しみを見出し、心豊かに自発的な読書活動を広げていけるようサポートしている。

https://kodomonotoshokan.org/

 

  • 認定NPO法人 カタリバ

 

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像4

日本のすべての子どもたちが、生まれ育った環境に関係なく未来をきりひらけるように、安心できる居場所と多様な学びの機会、食事等を届けている2001年創設の教育NPOです。困難な状況にある子ども支援から、日常に探究を取り入れ主体性を育む教育プログラムまで幅広い支援を行っています。

https://www.katariba.or.jp/

 

  • 認定NPO法人 おてらおやつクラブ

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像5

おてらおやつクラブは子どもの貧困問題を解決するため、お寺にお供えされるお菓子や果物などの「おそなえ」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、さまざまな事情で困りごとを抱えるひとり親家庭へ「おすそわけ」する活動を行う。活動趣旨に賛同する全国のお寺と、子どもやひとり親家庭などを支援する各地域の団体をつなげ、1,828のお寺と644の支援団体にご協力いただき、毎月約24,000人の子どもたちを支援している。

https://otera-oyatsu.club/

 

  • 認定NPO法人 難民支援協会

 

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像6

日本へ逃れてきた難民が、自立した生活を安心して送れることを目指して支援活動を行う。難民申請を行う際に必要な情報提供、資料作成のアドバイスといった法的な支援や、困窮した難民のための、医・食・住の確保と教育を中心とした支援を実施している。

https://www.refugee.or.jp/

 

  • 認定NPO法人 育て上げネット

【合計5000冊以上の本を子どもたちへ】「ブック・プレゼント」プロジェクト始動します。のサブ画像7

認定NPO法人育て上げネットは、「すべての若者が社会的所属を獲得する」を目指し、ひきこもり・ニート等、多様な悩みを持つ若者にさまざまな機会提供と支援を行う。同時に保護者・家族の相談支援や学齢期の子どもの孤立予防に取り組む。支援機関や団体、行政、企業とのパートナーシップにより「包括的な支援」を実践している。

https://www.sodateage.net

 

より多くの本をプレゼントするために、「子どもたちに届けたい本」を募集!

今回の企画では、値段のつけれらる本をたくさん送っていただけるほど総買取金額が高くなり、そのぶんより多くの本を子どもたちにプレゼントすることができます。

できるなら、この企画をより多くの方に知ってもらいたい。そこで、今回の企画を、Twitterをつかって、賛同してくださる方々と一緒に盛り上げられるよう企画を実施します。

本企画に関する、12月1日のバリューブックスのTwitter投稿を引用リツイートした上で、投稿者それぞれが考える「子どもたちに届けたい本」を1冊紹介。投稿いただいた本たちは、オンライン上で本棚を管理できるライブラリ(https://www.valuebooks.jp/library)を随時更新し、一覧にしていく予定です。
キャンペーンTweet URL:https://twitter.com/info_ValueBooks/status/1598094697058082816?s=20&t=UyGFXooH5n59o-bJcXtrIg

今回、さまざまな団体とご一緒するため、それぞれに様々な年齢の子どもがいます。そのため、幼児向けから、小学生向け、中・高生向けまで、幅広く募集します。

多くの方々の力をお借りして、この企画をより多くの人に知ってもらうと同時に、素敵な本のリストをつくって、子どもたちにたくさんの本をプレゼントしたいと考えています!

「ブック・プレゼント」企画


■プロジェクトページ
https://www.valuebooks.jp/endpaper/11411/

■企画概要

古本の買取申し込みで応募完了。買取金額10%分の本を子どもたちへプレゼント。

■開催日時

2022年12月1日-2022年12月31日

■申し込み先URL
https://www.valuebooks.jp/sell

会社概要

バリューブックスは長野県上田市を拠点とし、古書の宅配買取と販売を行うオンライン古書店です。また、上田市にある実店舗「NABO」、「VALUEBOOKS Lab」、移動型書店「BOOK BUS」といったリアル書店や本で寄付する「チャリボン」などを運営。並べた本をスマホで撮影するだけで本棚を査定ができるサービス「本棚スキャン」も公開中です。
会社名: 株式会社バリューブックス
所在地: 〒386-0041 ⻑野県上⽥市上⽥原680-17
代表者: 代表取締役 清水健介
設⽴: 2007 年7 ⽉
U R L: [コーポレートサイト] https://www.valuebooks.jp
 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください