アパレル x NFT x チャリティのPareal、会員向けコミュニティをローンチ

コアバリューである”透明性”を実現するために

アパレルベンチャーのPareal株式会社(本社:東京都港区南青山、代表取締役:渡邊修平、以下 Pareal)は、運営するコミュニティの更なる透明化を目指して、1月24日(火)よりDiscord(SNS)内にコミュニティをローンチしました。

公式HP : https://www.pareal.biz/
 

アパレル x NFT x チャリティのPareal、会員向けコミュニティをローンチのサブ画像1

【透明性がマストな背景】
一部の悪質な宗教団体やチャリティ団体による寄付金・献金の要求や不当会計のニュースが連日報道されており、法改正が進んでいるが国民の警戒心は依然高く、透明性が高く人々に信用されるチャリティ団体の運営を求める気運が高まっている。

Parealではウェブサイトで戦争・感染症・恵まれない子供達・環境問題・動物保護・人権問題の6項目について書かれた記事を読み、アパレル購入時に最も関心がある項目を一つ選んで寄付をします。

【Parealが取り組む3つの透明性】

① 公式ウェブサイトの会員限定ページで現在までの寄付金額合計を確認可能


ユーザーは自分の購入および寄付がサイトに反映される(2営業日以内)のを確認できます。

② 半期に一度の活動レポート発行


集まった寄付金での社会問題に対する活動内容のレポートを毎年2回(6月・12月)、寄付して頂いた方々に発行します。

そして3つ目が今回導入する

③コミュニティメンバーが意見交換可能なDiscord


ユーザーはDiscordコミュニティ内で様々な社会問題について話し合うことができ、集まった寄付金をどう使うかの話し合いにも参加できます。また将来的には社会問題の現地の人々にもコミュニティメンバーに加わって頂いて、より効果的に社会課題解決に取り組むコミュニティを目指しています。
 

アパレル x NFT x チャリティのPareal、会員向けコミュニティをローンチのサブ画像2

【Pareal株式会社について】

Pareal株式会社は「宗教、国籍、人種などあらゆる垣根を超えて、一人一人が支え合い輝く世界を作る」というビジョンを持って2022年に創業しました。
代表が旅行中に体験した「善き行いは、また誰かの善き行いを誘発する」という経験から少しずつ世界を変えていく為の様々な施策を行なっています。サステナブルである事は当たり前、NFTを付ける事で偽物を作らせない(偽物工場の悪質な労働環境撲滅)などアパレル産業の二大問題である環境問題・人権問題にも取り組みます。

代表プロフィール
渡邊 修平
1994年生まれ。福岡県北九州市出身
​高校卒業後,世界一周の旅に出て様々な人々に助けられ世界から国境をなくしたいと思うようになる。
​勤めていたIT開発会社を退職し2022年Pareal株式会社を開業する

会社名     :Pareal株式会社
会社HP                  : https://www.pareal.biz/
会社所在地    :東京都港区南青山2丁目2番15号
代表者名     : 渡邊 修平
設立       : 2022年7月

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事