子牛の寒さ対策に。兵庫丹波の牛専門防寒着ブランド、全国の畜産市場へ出展キャラバンを開始。

0
176
子牛の寒さ対策に。兵庫丹波の牛専門防寒着ブランド、全国の畜産市場へ出展キャラバンを開始。のメイン画像

子牛専用の防寒着ブランドUSIMO(ウシモ)を展開する株式会社オオツキ(兵庫県丹波市、代表取締役社長:大槻祥三、以下「当社」)は、「冬の全国キャラバン2023」をスタートしました。年始以降、記録的な寒波と高騰する光熱費対策の切り札としてもお問い合わせが急増しています。「実物が見たい」というお声が多く寄せられていることから、当社は2023年2月、全国の畜産市場で連続出店することと致しました。【USIMOモーっとほっと製品ページ】https://usimo.jp/hot.html 

【USIMO・冬の全国キャラバン2023】
2/3 関仔牛市場(岐阜)
2/8, 9 ホクレン南北海道家畜市場(北海道)
2/8 但馬家畜市場(兵庫)
2/14 和歌山家畜市場(和歌山)
2/15~17 肝属中央家畜市場(鹿児島)
2/16 北陸三県家畜市場(石川)
2/18 淡路家畜市場(兵庫)

子牛の寒さ対策に。兵庫丹波の牛専門防寒着ブランド、全国の畜産市場へ出展キャラバンを開始。のサブ画像1

■牛用防寒グッズシリーズUSIMO

当社では、2019年より、作業着を納品している畜産農家からの要望を受け、仔牛用の防寒グッズを独自に開発・販売するプロジェクト「USIMO」を立ち上げています。これまで、電熱線入りネックウォーマー、マフラー、点滴保温器、防寒コートを相次いで開発。また毎シーズン改良を重ねるなど、創意工夫を繰り返しています。

子牛の寒さ対策に。兵庫丹波の牛専門防寒着ブランド、全国の畜産市場へ出展キャラバンを開始。のサブ画像2

▼株式会社オオツキ 取締役 商品開発部部長(USIMO担当)大槻恵美

畜産家の方からいただいたお話しから商品化へと… 仔牛を寒さから守るお手伝いができたら嬉しいです。どんなご縁があるのか楽しみでワクワクしています。よろしくお願い致します。

子牛の寒さ対策に。兵庫丹波の牛専門防寒着ブランド、全国の畜産市場へ出展キャラバンを開始。のサブ画像3

■株式会社オオツキ

1962年作業服店として設立。現在は兵庫・京都で合計16の直営店を運営しています。
前述のUSIMOプロジェクトは、畜産用防寒着のノウハウがゼロの状態からスタートしたため、関西では圧倒的に気温の低い地元の丹波・但馬地方でテストを繰り返すとともに、北海道から九州まで畜産農家の現場に赴き、常に製品の改良を行っています。畜産農家の方が本当に求める製品づくりを心がけています。

子牛の寒さ対策に。兵庫丹波の牛専門防寒着ブランド、全国の畜産市場へ出展キャラバンを開始。のサブ画像4

社 名:株式会社オオツキ
所在地:〒669-3402 兵庫県丹波市春日町新才518
【USIMOモーっとほっと製品ページ】https://usimo.jp/hot.html (こちらからもご注文いただけます)

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください