韮崎市役所に野菜コンテナいっぱいの古本が!スーダンのこども支援に市民がSDGsアクション

0
139
韮崎市役所に野菜コンテナいっぱいの古本が!スーダンのこども支援に市民がSDGsアクションのメイン画像

韮崎市役所に野菜コンテナいっぱいの古本が!スーダンのこども支援に市民がSDGsアクションのサブ画像1_韮崎市の堀川薫教育長(写真右)韮崎市の堀川薫教育長(写真右)

 

 

韮崎市役所に野菜コンテナいっぱいの古本が!スーダンのこども支援に市民がSDGsアクションのサブ画像2_野菜コンテナに入れて持参された古本野菜コンテナに入れて持参された古本

\韮崎市のこどもたちがスーダンのこどもたちにできることを/

1956年の独立以来、紛争が絶えないアフリカの国・スーダン。JVCが支援する南コルドファン州では、小学校を卒業できる割合はたったの1割です。紛争の影響で学校に通いたくとも通えない子どもや、退学せざるを得なかった子どもが多く存在しています。そんなこどもたちが復学できるよう補修校での授業をおこなったり、参考書を用意するなどして、彼らの学びを支えるのが今回の教育支援キャンペーンです。

このキャンペーンを知った韮崎市の堀川薫教育長は「韮崎市に住む子どもたちが今回の古本回収箱やポスターを通じて世界に目を向け、自分たちと異なる環境の中で勉強に励む同年代の存在を知り、想像することはとても意味のあること。誰かの役に立ちたいという気持ちを持っている子どもたちも大勢いる。このように誰でも参加できるかたちで関われるのはとても素晴らしい機会だ」と、協力を決めました。

韮崎市の取り組みを知った市民からは、すでに多くの古本の支援が集まっています。土地柄農業を営む人が多く、野菜コンテナに古本を大量に詰めて市役所に持参する人も。多い日は1日で段ボール10箱分相当の古本が届き、2/28現在、梱包ができている分だけで段ボール43箱分、そして、まだ箱詰めできていない本が少なくとも15箱分程、集まっています。

教育は、国連が定めるSDGsのゴール4に挙げられる大きな社会課題のひとつです。
韮崎市は市民とともにSDGsアクションを起こしています。

韮崎市役所での回収箱の設置は3/27(月)までの予定です。
 

■「あなたの本で、スーダンの子どもたちに教育を!」

対象期間:2022年12月20日(火)~ 2023年3月31日(金)
対象物品:本(コミック、ビジネス書なども含む)、CD・DVD・Blu-ray、ゲーム(ゲーム機本体・ソフト・周辺機器)、小型家電・タブレット・スマホ、ブランド品、貴金属など
キャンペーン詳細URL:
https://www.ngo-jvc.net/news/news/jvc_bookoff_2022.html
日本国際ボランティアセンター(JVC)ホームページ:
https://www.ngo-jvc.net/

■このプレスリリースに関するお問い合わせ
〒110-8605 東京都台東区上野5-22-1 東鈴ビル4F
特定非営利活動法人日本国際ボランティアセンター(JVC)
広報担当:大村
Email:[email protected]
TEL:03-3834-2388
FAX:03-3835-0519
MOBILE:070-9018-8691

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください