北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。

0
251
北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のメイン画像

 北九州市は、2023年2月22日(水)から、様々なアーティストとのコラボレーションをするプロジェクト「ニュー北九州シティ」の第3弾を展開しています。

 第3弾は、2022年3月、「日本新三大夜景都市」に全国一位に認定された北九州市の「夜景」をお題にアップデート。昨年11月に制作した夜景プロモーションムービー「ニューナイトクルージング」(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000076777.html)に続き、日本、韓国、台湾のアーティストのコラボレーションと共に、北九州の新しい夜景(新夜景)をお届けします。

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像1

 

 

  • アジアを繋ぐ「ニュー北九州シティ」のイラスト・動画企画。第3弾はアジアの3人のアーティストとコラボレーションし「夜景」をフィーチャー。

 「ニュー北九州シティ」とは、北九州に根付く文化を、多彩なクリエイター達によってリブランディングし、次の北九州カルチャーを作っていく試み。ブランドサイトでは、北九州市がこれまで展開してきたアーティスト企画のアーカイブを見ることができます。
URL:https://www.new-kitakyushu-city.com/
Instagram:https://www.instagram.com/newu_kitakyushu/

 本プロジェクトは、北九州市、北九州市クリエイティブディレクター下川大助氏、メディアカンパニーCINRAによるもの。
 過去には、北九州発祥の「角打ち」を取り上げた第1弾(https://prtimes.jp/main/action.php?run=html&page=releasedetail&company_id=76777&release_id=1&owner=1)、コロナ禍の10代を交えた写真展を展開した第2弾(https://www.cinra.net/article/202112-houkagodash_kawrk)など、様々な形で「ニュー北九州シティ」プロジェクトを展開してきました。

 今回、北九州市の「夜景」をテーマにコラボレーションする、アジアのイラストレーター/アニメーターは、貞尼鹹粥Jennie(台湾)、Youngjin Hwang(韓国)、Utomaru(日本)の3名のアーティスト。各アーティストの独自性を活かしたイラスト・アニメーション展開となっています。

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像2

      Utomaru (日本)/ 門司港レトロ

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像3

     Youngjin Hwang(韓国)/ 工場夜景

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像4

      貞尼鹹粥Jennie (台湾)/ 若戸大橋

  • Youtube・SNS配信

■令和5年2月22日(水)より「ぐるリッチ!北Q州」YouTubeチャンネルで公開
https://youtu.be/3aHYzbXNl-I
■「ぐるリッチ!北Q州」のTwitterやNewUのInstagram など市の各種SNSで配信

  • JR小倉駅デジタルサイネージでの展開

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像5

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像6

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像7

*注:令和5年2月22日より掲載(掲載終了日は未定)
*注:本件の駅係員や鉄道へのお問い合わせはご遠慮ください。また広告をご覧になる際は通行されるお客様へご配慮いただき、感染予防にご協力をお願いいたします。​「夜景」をテーマとした各アーティストのイラストイメージ

  • 下川 大助(北九州市クリエイティブディレクター)

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像8

1977年福岡県生まれ。東京工芸大学芸術学部デザイン学科卒業。デザイン事務所数社を経て、2010年にハイライツ株式会社設立。Webとグラフィックの両面で強みを発揮し、ブランドの確固たる世界観を紡ぎだすアートディレクション、細部にこだわったデザインを得意とする。2020年8月に北九州市のクリエイティブディレクターに就任。
https://www.highlights.jp/

  • 参加アーティスト

Utomaru(日本)

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像9

日米のポップカルチャーの影響を色濃く受けたキャラクター造形と色彩表現が特徴の作家。
CDジャケット、MV、雑誌への作品提供から、キャラクターデザイン、コスチューム原案、漫画制作、プロダクト開発など幅広く活動中。
アメコミを彷彿とさせるポップなイラストレーションで、ポップカルチャーシーンで活躍するアーティストへのアートワーク提供も行なう。
Twitter:https://twitter.com/utomaru
Instagram:https://www.instagram.com/utomaru/

貞尼鹹粥Jennie (台湾)

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像10

イラストレーター、アニメーター。ペンネームは母親の英語の名前(Jenny)からとったもの。日常生活の様々な体験をもとに創作している。マンガ、イラストなどの表現手法で自分の感情を彼岸の母に伝えると同時に、記憶にあるヴェイパーウェイヴの音色が充満する時代を再構築したい。PIXIV WAEN GALLERY 2021 『ARTISTS IN TAIWAN』画集展入選。
Instagram:https://www.instagram.com/jennie200806/

Youngjin Hwang(韓国)

北九州市に根付く文化を、多彩なクリエイター達とアップデートする試み「ニュー北九州シティ」プロジェクト。第3弾は「夜景」をフィーチャー。のサブ画像11

懐古趣味と絵を愛する韓国のイラストレーター。芸術文化を基にファッションや音楽業界、広告などさまざまな分野で活躍する。レトロで懐かしいマンガのような作風から生まれる作品を世に届ける
Instagram:https://www.instagram.com/amusement01/?hl=ja
 

  • 株式会社 CINRA

  株式会社CINRAは、クリエイティブな意思に耳を澄ませ、他者を知るきっかけをつくるメディアカンパニー。デジタルマーケティング、オウンドメディア、ブランド構築、イベントプロデュース、グローバル展開支援などを通して、あらゆる個人や組織の課題に寄り添い、よりよい社会の実現を目指している。
https://www.cinra.co.jp/
https://www.cinra.net/

  • 北九州市とは?

  福岡県北九州市は、九州の最北端に位置する人口約92万人の政令指定都市。近年は工業都市の色は薄くなり、サービス産業の割合が増加。小倉駅を中心に若者向けの個性的なショップが集積しているほか、市内各所で気軽に「角打ち」文化を楽しむことができる。最近ではスケートボードパークが整備されるなど、独自のストリートカルチャーを形成している。

  • 本件に関するお問い合わせ

北九州市企画調整局地方創生SDGs推進部企画課
電話:093-582-2174
担当:藤田、吉田

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください