CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出

0
219
CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出のメイン画像

総合順位41位/サステナビリティレポート部門で最高賞のプラチナ賞/アニュアルレポート部門で部門2位のゴールド賞受賞

医療機関向け支援事業・各種医療サービスを日本国内・海外で展開する株式会社シーユーシー(東京都港区/代表取締役:濵口慶太、以下「CUC」)は、2022年8月にグループで初めて発行したサステナビリティレポート「CUCグループ サステナビリティレポート2022」が、米国の団体LACP主催の「2021/22 Vision Awards」のサステナビリティレポート部門(ビジネス/建設/エンジニアリング領域)で最高賞であるプラチナ賞を、アニュアルレポート部門(ビジネス/建設/エンジニアリング領域、売上10億ドル未満)で部門2位であるゴールド賞を受賞したことをお知らせします。
総合順位では、今回エントリーがあった世界20か国以上、約1,000団体が発行した全レポートの中で世界41位を記録し、Top100に選出されました。

 

CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出のサブ画像1

 

  • LACP「2021/22 Vision Awards」とは

LACP「2021/22 Vision Awards」は、アニュアルレポート、サステナビリティレポートなどのコーポレートコミュニケーション・ツールを評価する国際的なコンペティションで、企業・NPO・教育団体・政府機関など、あらゆる団体のコミュニケーション活動の実践向上を目的に設立されたアメリカの団体LACPが主催しています。今回のコンペには世界20か国以上の約1,000団体から応募がありました。

LACP「2021/22 Vision Awards」公式サイト
https://www.lacp.com/202122vision/competition.htm
 

  • 評価のポイント(審査項目・スコア)

CUCグループのサステナビリティレポートは、サステナビリティレポート部門(ビジネス/建設/エンジニアリング領域)で最高賞であるプラチナ賞を、アニュアルレポート部門(ビジネス/建設/エンジニアリング領域、売上10億ドル未満)で部門2位であるゴールド賞を受賞し、約1,000団体中の総合順位は41位となりました。

 

CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出のサブ画像2_▲「202122 VISION AWARDS」審査項目・スコアの一覧▲「202122 VISION AWARDS」審査項目・スコアの一覧

1.サステナビリティレポート部門:プラチナ賞


「レポートカバー」、「ステークホルダーへのメッセージ性」、「レポートの物語性」、「メッセージの明確さ」など、8項目中7項目で満点を獲得。総合スコアは100点満点中99点でした。

2.アニュアルレポート部門:ゴールド賞  
「レポートカバー」、「ステークホルダーへのメッセージ性」、「レポートの物語性」など、8項目中6項目で満点を獲得。総合スコアは100点満点中98点でした。

3.総合順位:41位(エントリー総数 約1000社)


コンペにエントリーした世界20か国以上の約1,000団体の全レポートを、部門を問わず評価、順位付けした総合順位では、41位となりました。

LACP「2021/22 Vision Awards」総合順位結果
https://www.lacp.com/202122vision/top100.htm
 

  • 「CUCグループ サステナビリティレポート2022」の要点

CUCは、2022年8月にグループ初となるサステナビリティレポート「CUCグループ サステナビリティレポート2022」を発行。「医療という希望を創る。」という私たちの使命の実現のため、CUCグループが取り組んだ事業の成果、ESGデータなどを掲載しております。主要グループ企業(株式会社シーユーシー・ホスピス、ソフィアメディ株式会社など)の実績・データも紹介しています。

 

CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出のサブ画像3_▲「CUCグループ サステナビリティレポート2022」表紙▲「CUCグループ サステナビリティレポート2022」表紙

ポイント1:国内外での新型コロナウイルス感染症対策事業のデータ開示

世界的な新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)の流行に対し、国内外で実施した感染症対策事業の実績についての特集「コロナ禍の社会にCUCグループが起こした変化」を収録。2020年4月の国内初の緊急事態宣言下でのPCR検査ラボ開設支援や、大規模ワクチン接種センターの運営支援事業など、COVID-19の感染拡大防止を目指しグループ横断で実施した「チャレンジコロナプロジェクト」のデータを開示しています。

 

CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出のサブ画像4

ポイント2:価値創造モデル、マテリアリティ(重要項目)

CUCグループは「医療という希望を創る。」という使命の実現のため、患者様、医療従事者、社会にとっての「希望」を創ることを重視しています。レポートでは、ミッション実現を目指す私たちの考え方を「医療という希望の創りかた」と定義し、価値創造モデルやマテリアリティ(重要項目)に整理しました。

 

CUCグループのサステナビリティレポートが米LACP主催 「2021/22 Vision Awards」で総合順位Top100に選出のサブ画像5

ポイント3:写真、インタビューによる希望創出事例紹介

患者様、医療従事者、社会にとっての「希望」を生み出した事例を豊富な写真、インタビューとしてご紹介しています。
 

  • 「CUCグループ サステナビリティレポート2022」

日本語版:https://www.cuc-jpn.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/CUC_SR2022.pdf
英語版:https://www.cuc-jpn.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/CUCG_202201_EN-.pdf

弊社は今後も、ステークホルダーのみなさまとのコミュニケーションツールとしてサステナビリティレポートを発行し、CUCグループの経営理念や事業内容を積極的に発信してまいります。
 

  • 会社概要

株式会社シーユーシーと連結子会社18社からなるグループ企業です。「医療という希望を創る。」を使命に掲げ、さまざまな医療課題の解決に向けて、国内外の医療機関の支援や訪問看護・在宅ホスピス事業など多角的な事業を展開しています。

■株式会社シーユーシー
所在地:東京都港区芝浦3丁目1−1 msb Tamachi 田町ステーションタワーN 15階
代表者:代表取締役 濵口 慶太
設立:2014年8月
主な事業内容:医療機関向け支援事業、医療コンサルティング事業
URL:https://www.cuc-jpn.com

■株式会社シーユーシー・ホスピス
所在地:東京都港区芝浦3丁目1−1 msb Tamachi 田町ステーションタワーN 15階
代表者:代表取締役会長 濵口慶太、代表取締役社長 井上正明
設立:2017年3月3日
主な事業内容:訪問看護事業所運営、訪問介護事業所運営、在宅ホスピス運営
URL:https://cuc-hospice.com/

■ソフィアメディ株式会社
所在地:東京都港区芝浦3丁目1−1 msb Tamachi 田町ステーションタワーN 15階
代表者:代表取締役社長兼CEO 伊藤綾
設立:2002年8月8日
主な事業内容:指定訪問看護ステーションの運営、リハビリ重視型デイサービスの運営、居宅介護支援事業所の運営、健康観察事業、在宅治験事業
URL:https://www.sophiamedi.co.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください