【NinjaFoods】スペイン・バスク地方で開催されるフードテックの祭典FOOD 4 FUTUREに招聘

0
426
【NinjaFoods】スペイン・バスク地方で開催されるフードテックの祭典FOOD 4 FUTUREに招聘のメイン画像

関西スタートアップとして唯一、スペイン政府から招聘

食品素材を基盤技術としたフードテック事業NinjaFoods(ニンジャフーズ)を展開する株式会社Sydecas(兵庫県加古川市、代表取締役:寄玉昌宏、以下「シデカス」)は、2023年5月16日~18日に美食の聖地スペイン・バスク地方で開催されるフードテックの祭典FOOD 4 FUTURE(主催:Next Business Exhibitions、バスク州食関連テクノロジーセンター、以下「F4F」)に出展します。スペイン政府から招聘される8社のうち唯一の関西スタートアップとして、「次世代食のカタチをつくる」当社の技術とプロダクトを世界に向けて発信します。

NinjaFoods公式webサイト : https://ninjafoods.jp/

【NinjaFoods】スペイン・バスク地方で開催されるフードテックの祭典FOOD 4 FUTUREに招聘のサブ画像1_アラブ首長国連邦ドバイで開催された展示会GITEXで説明する当社代表・寄玉(2022年10月)アラブ首長国連邦ドバイで開催された展示会GITEXで説明する当社代表・寄玉(2022年10月)

■「FOOD 4 FUTURE」概要

公式サイト : https://www.expofoodtech.com/

【名 称】「FOOD 4 FUTURE」(略称:F4F)
【内 容】未来のフードテックを創造する専門家によるカンファレンス、展示会、アワード、スタートアップピッチ
【会 期】2023年5月16日(火)~18日(木) 現地時間10時~18時
【場 所】スペイン・バスク州ビルバオ市
【開催規模】
● 来場者 世界25ヵ国から8,000人以上の業界関係者
● 出展者 250社(内スタートアップ企業 70社)
● スピーカー 400名
● 報道関係機関 60社
【 主催者 】Next Business Exhibitions、バスク州食関連テクノロジーセンター

■今回の招聘の背景

​食のイノベーションに取り組むスペインは、近年、食を通じた日本との交流を進めてきました。昨年は、駐日スペイン大使館が「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会との共催により「農林水産・食品分野におけるオープンイノベーションのエコシステム」をテーマとしたウェビナーを開催したほか、スペインのフードテックスタートアップによるピッチイベント等を実施したところです。

こうした日本との交流をさらに深めるため、2023年を「日本⇔スペイン間のフードテック交流年」と位置づけ、本年5月に美食の聖地として知られるバスク地方(ビルバオ市)で開催されるフードテックの祭典「FOOD 4 FUTURE」において、日本の食技術を幅広く紹介する「ジャパンブース」を設置することとしました。
(農林水産省HP https://www.knowledge.maff.go.jp/blog/2023/01/1food-4-future.html より引用)
 

【NinjaFoods】スペイン・バスク地方で開催されるフードテックの祭典FOOD 4 FUTUREに招聘のサブ画像2

■「次世代食のカタチをつくる」次世代蒟蒻素材NinjaPaste

当社独自素材NinjaPaste(ニンジャペースト)は、通常の蒟蒻を固めきらずにペースト状に保つことに成功した次世代蒟蒻素材です。他の素材に混合した後、加熱・冷凍・乾燥のいずれかの操作を行うことで、対象の繊維を補強し不可逆のゲルを形成、強力な結着成形を実現します。しかも、成型後はレトルト加工や冷凍保存への耐性があるため、次世代の食材開発に欠かせないキーマテリアルとなるポテンシャルを持ちます。小麦グルテンや卵、水飴類を使用せず、素材の良さを活かした食品の成型が可能なため、ほかの素材系スタートアップと協働し、「次世代食のカタチ」を作ります。

■マテリアルフードテック「NinjaFoods」

糖尿病や高血糖、肥満、アレルギー等、食の制限を持つ人は世界に多数います。そういった「食の制限」を超え、あらゆる人が「食べる」ことを楽しみ、well-beingを高めるため、当社は日本古来の植物性ヘルシー食材蒟蒻(こんにゃく)に着目。独自素材NinjaPasteの可能性を最大限に活かす「well-beingなオツマミ」分野に特化した製品開発を自社で行っています。「すべての人が制限なく美味しい食を楽しめる世界」の実現を目指しています。

 ■NinjaFoodsのオープンイノベーション

当社だけでNinjaPasteを独占し最終製品を提供していくだけでは、当社の目指す世界である「すべての人が制限なく美味しい食を楽しめる世界」の実現は不可能です。
そこでコア素材であるNinjaPasteそのものを外部に提供し、またその活用に関する知見も整理・開放していくことで、あらゆる食をもっと自由にすることが可能になると信じています。
現在、外部の様々な企業と、下記のような共創プロジェクトを推進しています。

・株式会社農園貞太郎と共同開発。規格外野菜をアップサイクルした「ベジジャーキー」プロジェクト( https://ninjafoods.jp/collections/sustainable-veggy 

【NinjaFoods】スペイン・バスク地方で開催されるフードテックの祭典FOOD 4 FUTUREに招聘のサブ画像3

・スーパーマーケット・トレードショー2023にて、フクシマガリレイ株式会社のゴンドラインショーケースでの「糖質ゼロビール×ヘルシーおつまみ」のクロスマーチャンダイジング提案。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000076.000029701.html

・中東最大級のスタートアップイベント「GITEX NORTH STAR2022」への出展

・代替プロテイン(大豆たんぱく質の他、コメタンパクや小麦タンパクといった植物性のもの、スピルリナなどの藻類由来のもの、蚕やコオロギなどの昆虫由来のもの)を扱う国内素材メーカーとのプロテインバープロジェク
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000029701.html 

・NinjaPasteを活用したレシピの無償公開プロジェクト
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000055.000029701.html

・代替プロテインメーカー向けの、NinjaPaste無償サンプル提供プロジェクト
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000051.000029701.html

・大学生インターンとのヘルシーオツマミ開発プロジェクト
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000029701.html

様々な他食材とNinjaPasteと掛け合わせることで、低糖質・低カロリー・アレルゲンフリー・ハラール対応・ヴィーガン対応など、様々な食習慣にマッチした次世代フードNinjaFoodsを開発することが可能です。当社では2025年大阪・関西万博を見据え、SDGsオツマミなど多様な製品を世の中に発信しています。

株式会社Sydecas(シデカス)
>メインオフィス
675-0066 兵庫県加古川市加古川町寺家町621 JAビル2F
>大阪オフィス&ラボ
555-0011 大阪市西淀川区竹島2丁目6番18号 ガリレイグループ本社ビル内MILAB

【NinjaFoodsの最新プロダクトが購入できる公式サイト】 https://ninjafoods.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください