【ライブ配信セミナー】発酵技術の基礎と実践 プロセス設計、スケールアップ、微生物の維持管理とSDGsに向けた国内外の動向 4月11日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチ

0
270
【ライブ配信セミナー】発酵技術の基礎と実践 プロセス設計、スケールアップ、微生物の維持管理とSDGsに向けた国内外の動向 4月11日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチのメイン画像

本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったウェビナー(ライブ配信セミナー)となります。

先端技術情報や市場情報を提供している(株)シーエムシー・リサーチ(千代田区神田錦町: https://cmcre.com/ )では、 各種材料・化学品などの市場動向・技術動向のセミナーや書籍発行を行っておりますが、 このたび「発酵技術の基礎と実践 プロセス設計、スケールアップ、微生物の維持管理とSDGsに向けた国内外の動向」と題するセミナーを、 講師に藤井 幹夫 氏  (藤井技術士事務所 工学博士、技術士(生物工学))をお迎えし、2023年4月11日(火)13:30より、 ZOOMを利用したライブ配信で開催いたします。 受講料は、 一般:44,000円(税込)、 弊社メルマガ会員:39,600円(税込)、 アカデミック価格は26,400円(税込)となっております(資料付)。
セミナーの詳細とお申し込みは、 弊社の以下URLをご覧ください!
 https://cmcre.com/archives/109290/
質疑応答の時間もございますので、 是非奮ってご参加ください。

発酵とは、微生物の生命維持に必要な代謝活動を利用して有用な物質を作り出す反応であり、食品、医薬品、化成品、エネルギー等の多くの分野に活用されています。この技術の深化に必要な生化学的並びに工学的な知見として本セミナーでは、(1) 微生物がエネルギーを獲得する手段と発酵プロセスの設計・構築、 (2) 実験室レベルから大型培養槽を用いた大量培養へのスケールアップ、(3) 優良微生物の育種と維持管理、について取り上げると共に、(4) SDGsを意識した国内外の新たな取り組みについても紹介します。

1)セミナーテーマ及び開催日時 

テーマ:発酵技術の基礎と実践  プロセス設計、スケールアップ、微生物の維持管理とSDGsに向けた国内外の動向
開催日時:2023年4月11日(火)13:30~16:30
参 加 費:44,000円(税込) ※ 資料付
 * メルマガ登録者は 39,600円(税込)
 * アカデミック価格は 26,400円(税込)
講 師:藤井 幹夫 氏  藤井技術士事務所 工学博士、技術士(生物工学)

【セミナーで得られる知識】

・ 微生物の育種並びに維持管理と知財化
・ 発酵プロセス管理の手法・スケールアップの進め方
・ 新しい発酵技術と国内外の動向

※本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
★受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

2)申し込み方法 

シーエムシー・リサーチの当該セミナーサイト
  https://cmcre.com/archives/109290/
からお申し込みください。
折り返し、 視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。
詳細はURLをご覧ください。

【ライブ配信セミナー】発酵技術の基礎と実践  プロセス設計、スケールアップ、微生物の維持管理とSDGsに向けた国内外の動向 4月11日(火)開催 主催:(株)シーエムシー・リサーチのサブ画像1

3)セミナープログラムの紹介 

第1部 生体反応と発酵プロセス設計
 物質代謝とエネルギー
 エネルギー源(糖、脂肪酸、C1 化合物、水素、光)
 窒素源と他の栄養源(アンモニア、有機窒素、ビタミン、ミネラル)
 培地組成と殺菌条件

第2部 培養管理とスケールアップ
 培養のスケール(フラスコ、ジャー、大型タンク)
 回分培養、流加培養、連続培養
 培養管理の実態(培地殺菌、植菌量、培養温度、pH、菌体濃度、残糖)
 溶存酸素の制御とスケールアップ指標

第3部 有用微生物の育種と利用
 微生物のスクリーニング(試料採取、選別、分譲株、生物多様性条約)
 微生物の育種(交配、変異、遺伝子組み換え、ゲノム編集、代謝設計、カルタヘナ法)
 優良微生物の維持管理(セルバンク、植え継ぎ管理)
 特許管理(国内出願、国際出願、微生物の寄託、権利の維持)
 自社株の特定と盗難・漏出対策(ゲノム解析とマルチローカス遺伝子)

第4部 発酵と SDGs に関する最近の話題
 微細藻類(バイオマス、油脂、PHB)
 ガス発酵(水素細菌、アセトゲン、メタン資化細菌)
 炭化水素やC1 化合物の化学合成とその利用
 アンモニアの新規合成技術

4)講師紹介

【講師経歴】
1983年 大阪大学大学院 工学研究科(発酵工学)修了 工学博士
1983年 旭化成工業(株) 食品事業部 主幹研究員、
1999年 日本たばこ産業(株) 食品事業部 研究企画 TL
2008年 亀田製菓(株) 主任研究員
2017年 (株)株サンアクティス 技術部長/品質保証室長
2019年 技術士(生物工学部門)登録
2020年 藤井技術士事務所 開設

【活 動】
発酵微生物・酵母の育種改良、機能性食品素材(糖、タンパク質、乳酸菌、生理活性物質)、特許管理、ISO9001、HACCP構築、バイオ技術調査とプロセス開発支援

【所属学会】
日本農芸化学会、日本技術士会 生物工学部会、日本技術士会登録食品技術士センター

5)セミナー対象者や特典について 

※ 本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。推奨環境は当該ツールをご参照ください。後日、視聴用のURLを別途メールにてご連絡いたします。 

★ 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

【セミナー対象者】

・ 発酵や微生物利用に関わる研究者
・ 発酵プロセスの企画・開発責任者
・ バイオ事業でのスタートアップを考えている方

☆詳細とお申し込みはこちらから↓
https://cmcre.com/archives/109290/

6)ウェビナー(オンライン配信セミナー)のご案内 

○半導体パッケージ技術の基礎講座
 開催日時:2023年3月15日(水)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/108758/

○マイクロ波加熱の基礎 ~ 電子レンジから高温加熱炉まで ~
 開催日時:2023年3月16日(木)10:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/108647/

○プラスチック類・電子機器類のリサイクル技術
 開催日時:2023年3月17日(金)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/107639/

○アルカリ水電解の開発状況・課題と国内外の動向
 開催日時:2023年3月20日(月)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/108981/

○ウェットエッチングの基礎と形状コントロール及びトラブル対策
 開催日時:2023年3月22日(水)13:00~16:30
 https://cmcre.com/archives/105324/

○半導体パッケージ技術の基礎と課題解決およびFOWLP等の最新技術動向
 開催日時:2023年3月22日(水)10:30~16:00
 https://cmcre.com/archives/108390/

○シリコーンの基本知識と高機能化の応用事例
 開催日時:2023年3月23日(木)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/108547/

○工業晶析の基礎と、二重管型装置による脂肪酸混合物の分離
 開催日時:2023年3月23日(木)13:30~17:00
 https://cmcre.com/archives/107969/

○微生物により合成する生分解性プラスチック材料の基礎
 開催日時:2023年3月23日(木)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/99822/

○AR、VR、MRの開発最前線 ~ メタバースに向けて ~
 開催日時:2023年3月23日(木)10:30~16:10
 https://cmcre.com/archives/109503/

○結合交換性架橋樹脂(ビトリマー)の特徴とSDGs関連技術への展開
 開催日時:2023年3月24日(金)13:30~15:30
 https://cmcre.com/archives/109276/

○イオン交換樹脂の基礎と用途、試験法選定と評価
 開催日時:2023年3月24日(金)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/105941/

○EVにおける超急速充電の課題と対応
 開催日時:2023年3月24日(金)13:30~16:30
 https://cmcre.com/archives/109169/

☆開催予定のウェビナー一覧はこちらから!↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

7)関連書籍のご案内

(1)バイオプラスチックの高機能化 ~ 基礎と応用、高機能性・耐久性の実現 ~
https://cmcre.com/archives/107700/

■ 発 行:2023年1月6日
■ 著 者:位地 正年
■ 定 価:冊子版 60,000 円(税込 66,000 円)
              セット(冊子 + CD)70,000 円(税込 77,000 円)
           ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・183頁・カラー
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
ISBN 978-4-910581-31-6

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/107700/

(2)世界のバイオプラスチック・微生物ポリマー 最新業界レポート
https://cmcre.com/archives/98051/

■ 発 行:2022年5月30日
■ 定 価:冊子版 180,000 円(税込 198,000 円)
              セット(冊子 + CD) 240,000 円(税込 264,000 円)
           ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・252頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
ISBN 978-4-910581-22-4

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/98051/

(3)生分解性プラスチック入門 ~ 生分解性プラスチックの基礎から最新技術・製品動向まで ~
https://cmcre.com/archives/65218/

■ 発 行:2020年9月10日
■ 著 者:望月 政嗣
■ 定 価:冊子版 60,000円(税込 66,000円)
              セット(冊子 + CD)   70,000 円(税込 77,000 円)
           ★ メルマガ会員:定価の10%引き!
■ 体 裁:A4判・並製・176頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
ISBN 978-4-904482-88-9

​↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/65218/

(4)バイオベースマテリアルの開発と市場
https://cmcre.com/archives/9930/

■ 発行:2015年6月1日
■ 定 価:60,000 円(税込 66,000 円)
           ★ メルマガ登録者は 54,000 円(税込 59,400 円)
■ 体 裁:B5判 上製 208頁
■ 編集発行:(株)シーエムシー・リサーチ
ISBN 978-4-904482-17-9

↓詳細とご購入はこちらから
https://cmcre.com/archives/9930/

☆発行書籍の一覧はこちらから↓
https://cmcre.com/archives/category/cmc_all/

                                                                                                                                                 以上

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください