【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!

0
290
【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!のメイン画像

~支援募集は本日、3月8日23時(日本時間)まで!~

インド・ビハール州にて社会課題解決に取り組むサッカーチーム「FC Nono(京都市西京区、代表:萩原 望)」は、インドの子供達の未来を切り開く環境づくりのため、「サッカー」を軸に「教育」「栄養」「雇用」という4つの切り口から、同州初開催となる以下プロジェクト実現に向けてクラウドファンディングを実施しています。

①プロサッカーコーチを招いたトレーニング
②孤児院でのアートを通じたエンパワメントイベント
③栄養指導ワークショップ
④雇用創出に向けた大豆栽培プロジェクト指導

支援募集の締切は、3月8日23時(日本時間)です。
詳細はREADYFORのプロジェクトページをご覧ください:https://readyfor.jp/projects/fcnono

 

【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!のサブ画像1

​Nonoについて

FC Nonoは、インド最貧州1つであるビハール州にて、同国に根強く残るカースト身分や性差別の中で、最下層にあたる身分に属する子ども達や、殺人や強盗などを犯した青年囚人、孤児、ポリオ(小児麻痺)を患う子ども達にサッカーを指導するソーシャルフットボールチームです。サッカーチームの運営だけではなく、子供達の「夢」の実現を目指して、栄養指導や将来的な雇用環境の創出等、様々な取り組みを行っています。

クラウドファンディング概要

今回のクラウドファンディングでは、「サッカー」を軸に「教育」「栄養」「雇用」という4つの切り口から、インドの子ども達の明るい未来にむけて、ビハール州では初となる以下プロジェクトに取り組みます。

【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!のサブ画像2

①サッカーを軸とする子どもたちのエンパワメントイベント

将来的にサッカーで活躍出来る子供達を支援するため、日本から公式ライセンスを保有するプロコーチ・遊佐克美氏を派遣したトレーニングの実施と、子ども達に目標を持ってもらうための現地練習試合(将来的な現地リーグ組成や、日本派遣も見据えた活動)を実施します。
▶遊佐克美氏(https://www.jleague.jp/player/700797/#attack

②孤児院の子供達とアートの関心を高めるワークショップの開催
壁画アーティスト・河野ルル氏と一緒に、子ども達がアートへの関心を高めるワークショップを開催します。スポーツを得意としない子供たち、身体的にスポーツが難しい子供たちも、自分たちの夢や理想を画にすることで、エンパワーメントの機会を提供します。
▶河野ルル氏(https://lulu-image.tumblr.com/

③栄養士による親子栄養指導及び現地栄養調査
立命館大学スポーツ学部健康科学部・海老久美子教授による監修・指導の下、親子を対象とした栄養教育ワークショップを開催します。不足している栄養をいかに補うかという観点で、現地に即した栄養教育コンテンツの提供と、将来を見据えた栄養調査を行います。
▶海老久美子教授(https://www.ritsumei.ac.jp/gs_shs/research/professors/ebi/

④将来的な雇用創出にむけた大豆栽培・開墾プロジェクトに向けた現地調査
大豆栽培の専門家・桃野慎也氏を招いて大豆栽培・開墾プロジェクトを実施します。栄養失調をカバーし、将来的な雇用創出や、プロジェクトの継続的な実施を見据えたソーシャルビジネスの立ち上げを計画します。
▶桃野慎也氏(https://yourfarm-hokkaido.com/gold/lp/soyprotein/

<Special Supporter・清武弘嗣選手からのコメント>

クラウドファンディングをご覧の皆さん。Special Supporterの清武弘嗣です。今回、サッカーを通じて、インドの子供たちをサポートしているFC Nonoの活動に賛同し、応援しています。

【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!のサブ画像3

 

【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!のサブ画像4

<FC Nono代表・萩原望からのコメント>

私たちの団体は、インドに根強く残るカースト身分や性差別の中で、最下層にあたる身分に属する子ども達や、青年囚人、孤児、ポリオ小児麻痺を患う子ども達にサッカーを指導するソーシャルフットボールチームを運営しています。
私は、恵まれた環境の中で日々大好きなサッカーの練習に励み、家族に支えられ、サッカーを通じて多くの友人や恩師と出会い、自身の成長や夢、目標を追い求め続ける事が出来ました。サッカーで培かった力や能力、姿勢を評価して頂き、自分自身満足いく進学先や就職先を選択する事が出来ました。
しかし、インドには、偶然その環境に生まれた、その身分に生まれた、その性別に生まれた、その体に生まれた、といった事を理由に、周囲の人々や社会から疎外され、自分の日常と将来に自由な選択肢を持つ事が出来ない子ども達が大勢います。
FC Nonoは、インドの最貧州で、生まれ持った外的要因によって、「夢」の選択肢が限られる子ども達に、「努力は報われる」その価値観が当たり前になる世の中の実現を目指して活動しています。
このクラウドファンディングは、一人でも多くの子供たちが「夢」の実現に向けて踏み出せる環境を、インドの最貧州から生み出す。そして、それを世界に発信していく大きな一歩を提供するプロジェクトです。
皆様と一緒に、一人でも多くの子供たちの明るい未来にむけて挑戦していければと思っています。
皆様からの温かいご支援・ご協力をお願い申し上げます。

【インド・ビハール州初開催プロジェクト】サッカーを通じたインド貧困地域の子ども達の未来を切り開く環境づくりに向け、クラウドファンディング実施中!のサブ画像5

※プレスリリースに記載した情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

プロジェクト概要

・団体名:FC Nono (一般社団法人設立準備中)
・目標金額:579万円
・募集期間:2023年2月6日(月)~2023年3月8日(水)
・詳細ページ:https://readyfor.jp/projects/fcnono
・SNS: 
Facebook: https://www.facebook.com/footballclubnono
Instagram: https://www.instagram.com/footballclubnono/?hl=ja
Twitter: https://twitter.com/teamfcnono
note: https://note.com/teamfcnono/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCaF_djOxqw2L1u1hmvAOijw

 

FC Nonoについて

インドに根強く残るカースト身分や性差別の中で、最下層にあたる身分に属する子ども達や、殺人や強盗などを犯した青年囚人、孤児、ポリオ(小児麻痺)を患う子ども達にサッカーを指導するソーシャルフットボールチームです。また、FC Nonoではサッカーチームの運営だけではなく、子供達の「夢」の実現を目指して、栄養指導や将来的な雇用環境の創出等、様々な取り組みを行っています。
URL:https://www.fcnono.com/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください