環境省に続き第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞受賞

0
918
環境省に続き第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞受賞のメイン画像

困難を乗り越え環境省グッドライフアワードに続き、2シーズン連続で省庁から賞をダブル受賞達成!

革製品ブランドRaffaelloを運営する株式会社FrankPRの代表の松尾真希(菊池真希)は、ハワイ州立大学大学院にて、SDGsの前進であるMDGsの持続可能な開発を学んだ経験を活かしてサスティナブルな事業の発展に取り組んできた結果として2021-2022年シーズンに、

・環境省SDGsアワードの第9回グッドライフアワードを受賞
・ソーシャルプロダクツアワード2022を受賞、
・異分野の化粧品事業でもサスティナブルコスメアーワードを受賞

に続いて、2022-2023年シーズンも第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞を受賞しました。

※ジャパンSDGsアワードはSDGs達成に資する優れた取組を行っている企業・団体等を、SDGs推進本部として表彰するもので、広範な関係者が集まるSDGs推進円卓会議構成員から成る選考委員会の意見を踏まえて決定されるアワードです。

環境省に続き第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞受賞のサブ画像1_第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞授賞式第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞授賞式

【SDGsの本場ハワイで学び、顧客をエシカルな選択へ巻き込む仕組みづくりの達成のために起業を志す】

代表の菊池真希は2007年より4年間、ハワイ州立大学大学院で都市地域計画修士課程で持続可 能な開発、気候変動など災害管理を学び、MDGs(現在のSDGs)をベースに「ハワイ歴史地区の観光産業とサステナブルな再興の実習」というテーマで取り組んだ研究が、アメリカ都市計画学会ハワイアワードを受賞しアメリカ国立公園で生態系と遺跡保護の実習を行い、この経験から「持続的な発展」をすることが世界にとっての最重要課題と考えるようになりました。

2011年の帰国後は日本ではMDGsは全く課題としても捉えられておらず、個人では何もできないという無力な気持ちでいるなか、ペットショップではなく自然と捨て猫を保護したことを「サステイナブルな選択」と、大学院の友人に指摘されたことで、「サステイナビリティをご存知でない方に、まず実践、参加をしてもらうことが重要だ」と気づきました。「エシカル商品をより多くの人に流通し、消費者と対話し、顧客と一緒に社会課題を解決し、顧客自身がエシカル消費を選択できるする仕組みづくり」をするために起業を決意しました。

【企業がビジネスを通して金融・調達生産・物流・販売、お客様への啓蒙と、サステナブルな選択と持続的な循環の事業モデルにすると社会は変わる】

代表の松尾真希が気がついたのは、世界の多くの消費活動を生み出す企業がサステナブルな選択を続けて事業活動に関わる各工程を持続的な発展が生まれるサステナブルな選択にしていくことで無理すること無く自然発生的に誰一人として取り残さない社会の成立に近づいていくということでした。代表の松尾真希は革製品ブランドラファエロ事業に関わる各工程にシングルマザーや聾唖の方に参加してもらうことや製品づくりの調達においてもとても上質な素材なのに地域の文化上の理由で神様に捧げられたあとに廃棄されてしまう点に着目し神聖な文化を保護しながらも多くの人に喜ばれるようなファッション性の高い革製品ブランドの流通が循環するサスティナブルなビジネスシステムを構築しました。
 

環境省に続き第6回ジャパンSDGsアワード外務大臣賞受賞のサブ画像2

【私達と共に社会課題を解決していくことに意欲を持つメディア・個人投資家様・ファンド様を募集しております】

最後に、1つ告知をさせてくださいませ。
2022年は既存の金融機関とのお取引の継続に限界を感じる一年でした。わたしたちのビジョンは、「エシカル商品をより多くの人に流通し、消費者と対話し、顧客と一緒に社会課題を解決し、お客様自身がエシカル消費を選択できるする仕組みづくり」をしていき社会を持続可能な循環型の社会へと変えていくことです。わたしたちの理念に共感していただけるパートナーを随時募集しています。

どうかお力をお貸しいただけると幸いでございます。

【株式会社FrankPR 代表取締役社長 松尾真希(菊池真希)】

早稲田大学第二文学部卒。在学中にコロコロコミック編集部でアルバイトをした経験から発信することに興味を持ち、フリーランスでライターを始める。2007年よりハワイ大学大学院マノア校にて都市地域計画を学び、後にSDGsの前身となるMDGsの知識を深める。2014年よりSDGs推進革製品ブランドの一流の革職人作る革製品Raffaello創業メンバーとして社会起業家としての道を歩み始める。2021-2022年には環境省やSDGsの認定団体から数々の賞を受賞し、2022-2023にはジャパンSDGsアワードを受賞し2年連続で官公庁のアワードで表彰される。現在は自社以外の企業の社外取締役にも就任予定で自社の活動に捉われずあらゆる企業のサステナブルな活動実現の手助けをする新しい活動を開始している。

・会社URL : http://www.frank-pr.jp/
・革製品ブランドRaffaello : https://raffaello-craftsman.com/
・持続可能な開発目標(SDGs)推進本部会合(第13回)及び
第6回「ジャパンSDGsアワード」表彰式の開催(結果)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/gic/page1_001532.html
 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください