建造物用3Dプリンターによるプライベートヴィラ開発事業を開始

0
194
建造物用3Dプリンターによるプライベートヴィラ開発事業を開始のメイン画像

4/5に創立8周年、次世代の「空間づくり」に着手

京都市内において不動産売買や宿泊施設、飲食施設の管理運営を行う株式会社レ・コネクション(京都市下京区、代表取締役:奥田久雄)は2023年4月5日(水)に創立8周年を迎え、新事業として沖縄本島を中心に、XtreeE社(フランス)、PrimalDesign.Labo合同会社(東京都品川区)技術提携の基、建造物用3Dプリンターによるプライベートヴィラ開発に着手したことをお知らせいたします。
当社がこれまで培ってきた地域調和型の不動産運営、宿泊施設運営のノウハウ、「旅客と地域のための空間づくり」の実績を強みに、最先端の3Dプリンティング技術を融合させ、次世代の建築事業・地域活性化に着手いたします。

 

建造物用3Dプリンターによるプライベートヴィラ開発事業を開始のサブ画像1

URL:https://re-connection.co.jp/

■「人を結び 街を紡ぐ」地域に根差した不動産開発を行い8周年

当社は2016年の創立時より「人を結び 街を紡ぐ」をコンセプトに、京都市内において不動産業、宿泊業、飲食業などを展開しております。街並み保全の一手として京町家や空き家を再生し宿泊施設として運営しており、京町家を改装した一棟貸切の宿を中心にこれまでに60棟以上の実績があります。街並みの整備や景観の保全と共に、たくさんのお客さまに京都ならではの宿泊体験を提供してまいりました。
この度創立8周年を迎えるにあたり、新規事業として建築用3Dプリンターによるプライベートヴィラの開発を開始いたします。新しい建築技術の構築に挑戦し、これまで培ってきた宿泊施設のノウハウを活かして運営までを一貫して行う予定です。

■人手不足、製造コスト、工期・・・課題を解決する技術

日本の生産年齢人口が減少するなか人手不足に悩む業界は少なくありませんが、中でも建設業は顕著であり、慢性的な問題となっています。3Dプリンターによる建造物の造形では、圧倒的な省人化、工期の短縮が可能となります。また、従来の工法と比較して温室効果ガスや廃材も大幅にカットができ、SDGsにも寄与できるのも大きな魅力と言えます。加えて今回導入を行ったアーム式の建築用3Dプリンターは造形、設計の自由度が高く、デザイン性やコンセプトの実現においてこれまでにないパフォーマンスを発揮することができます。以上の「省人化」「工期の短縮」「コストカット」「SDGs」「デザインの自由度」の理由から、3Dプリンターによる建築市場は世界中で拡大を続けており、その規模は2021年に約14億ドル、2031年には7,508億ドルに達すると予測されています。(※)
※2022年6月「Allied Market Research 3Dプリンディング建築市場」

■今後の展開

建造物用3Dプリンターによるプライベートヴィラ開発事業を開始のサブ画像2

2023年6月より、沖縄本島うるま市(自社3Dプリンター工場)にて自社オフィスの建築に取り掛かり、2025年までに10棟を目標に、沖縄県本島北部(今帰仁村)を中心に100~150平米のプライベートヴィラの建築、宿泊施設としての運営を予定しています。「今帰仁村」は人気の観光施設「美ら海水族館」にも近く、世界遺産「今帰仁城」までも車で5分と立地環境にも優れています。さらに2025年にはテーマパークが開業されるなど、今沖縄本島で注目の地域です。
今後は建築素材の開発を進め、3Dプリンティング技術のノウハウを構築していきます。

京都における宿泊事業で培われたノウハウや運営企画力、多様化するニーズに応えるサービスの提供、限られたリソースで最大のパフォーマンスを発揮できる3D建築技術により、従来とは異なる「地域活性化」の実現を目指します。

■XtreeE(エクストリー)社とは

XtreeE(エクストリー)社は3Dプリントを効率的に操作するためのソフト/ハードウェアを開発しているフランスの企業です。パリの建築学校、Paris-Malaquais School of Architectureと、エンジニアリングスクールArts et Métiers ParisTechの共同研究からスタートし、大企業との連携をもとに多くの実績を残しています。XtreeEのチームには、建築・土木工学・機械工学・コンピューター科学・材料科学・管理など、さまざまな知識を持つメンバーが揃っており、広い分野をカバーしています。
HP:https://xtreee.com/

■PrimalDesign.Labo合同会社とは

Primal Design,.Labo(プライマルデザインラボ)社は最先端技術を中心とした受託生産・設計するデザインエンジニアリング企業です。デザイナーとエンジニアをチームし、アイデアの事業化・製品開発など、幅広い業務を受託しています。同社CTOの芦田和哉は3Dプリンターの専門家として外部顧問業の活動も行っており、様々な3Dプリンティング技術の試行、活用の提唱をしています。
HP:http://primaldesignlabo.jp/html/

■会社概要

社名:株式会社レ・コネクション
代表者:代表取締役 奥田 久雄
設立:2016年4月5日
所在地:京都市下京区油小路木津屋橋下る北不動堂町482
電話番号:0120-14-6200/075-352-8600
事業内容:不動産流通業、不動産総合コンサルティング、新築建築・リフォーム、宿泊施設の企画・販売・運営・飲食事業、M&Aコンサルティング
ホームページ:https://re-connection.co.jp/
<自社ブランド>
KANADE:https://kanade-kyoto.jp/
tsumugi cafe:https://www.instagram.com/tsumugicafe_kyoto/
大黒屋:https://www.instagram.com/daikokuya_kyoto/

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください