【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生

0
398
【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のメイン画像

障害のある人々とのデザインチーム「想造楽工(そうぞうがっこう)」がBS朝日番組キャラクターを制作

株式会社ニューモア(所在地:東京都八王子市 代表取締役:宮島依子)が企画運営する、障害福祉×デザインのチーム「想造楽工(そうぞうがっこう)」は株式会社E&Wからの依頼により、BS朝日のヒューマンドキュメンタリー番組「バトンタッチ SDGsはじめてます」(土曜18:30〜19:00)のキャラクターを制作しました。原画は、想造楽工が提携する福祉施設利用者の菅光輝が担当。原画にアレンジを加え、オリジナルキャラクター「フワリン」が完成しました。「フワリン」は番組ロゴの他、アニメーションや声がつき、4月8日(土)の放送から番組内に登場します。

  • 番組概要テレビ番組オリジナルキャラクターをデザイン

「想造楽工」は福祉施設に通う、障害のある方々をイラストレーターとして迎え、デザインと組み合わせて商業に展開させる事業です。東京・八王子市を拠点に全国の福祉施設と提携し、デザインの受注制作・自社プロダクト開発を行っています。

このたびBS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」(土曜18:30〜19:00)の番組制作を行っている株式会社E&Wより、番組オリジナルキャラクター「フワリン」を受注制作。4月8日(土)より同番組内にて、情報の説明をする案内役として登場します。

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像1_バトンタッチSDGsはじめてます 番組ロゴ(中央がフワリン)バトンタッチSDGsはじめてます 番組ロゴ(中央がフワリン)

原画は想造楽工が提携する、就労継続支援B型事業所「しあわせのたね」(東京都八王子市)利用者である菅光輝(すがみつき)さんが担当しました。

 

 

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像2_フワリンの原画を描く菅光輝さんフワリンの原画を描く菅光輝さん

菅さんに、想造楽工のイラストレーターとして仕事を依頼するようになって3年が経ちます。絵の制作会には皆勤で参加しており、思わず笑顔になるようなユーモアあふれる世界を表現してくれています。
今回の制作は菅さんが想像する、架空の生き物を描いてもらうところから始まり、スタッフが実際に色々なポーズをとりながら喜怒哀楽を表現し、イラストの幅を広げていきました。

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像3_さまざまなイラスト案さまざまなイラスト案

 

 

原画を預かりニューモアがデザインのアレンジを加え、より妖精らしさを出してフワリンが完成。SDGsの妖精という設定で、各回のテーマによって色が変化します。

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像4

 

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像5

 

  • 株式会社E&W 田中雄一さまからのコメント

SDGsが目指す未来に向かって活動される方を特集する番組、「バトンタッチSDGsはじめてます」を制作しております。その中で、想造楽工の皆様のデザインされたキャラクターと今後、番組をお届けできることが、とっても楽しみです。
制作期間は長期間に及び、さまざまなパターン、展開、アイデアをお出し頂き、とても助かりました。制作を楽しんで頂けている気がして、こちらも楽しくご一緒できました。
フワリンは子ども心を持ちつつ、且つ物知りでもある、「妖精」です。SDGsな取り組みをされている想造楽工様のキャラクターで、SDGsの番組をお届けしていけることを、痛快に思います。時に、どうしても、難しい社会問題や情報をお伝えしないといけないこともあるのですが、フワリンがいれば大丈夫!ポップに楽しく番組を作って参ります。

【バトンタッチ SDGsはじめてます 番組概要】

BS朝日は2020年2月にSDGsメディアインパクトに加盟し、同年4月「バトンタッチ SDGsはじめてます」をスタート。番組では、SDGsに取り組んでいる人たちに密着取材。課題解決への苦難や気づきに触れ、誰もが明日から一歩踏み出せる気持ちの“バトン”をお届けします。

・放送:BS朝日 毎週土曜18:30-19:00
・公式サイト:https://www.bs-asahi.co.jp/passthebaton/

  • イラストレーター菅光輝さんのご家族からのコメント

想造楽工とのご縁が生まれて以来、菅光輝が描いた絵が展開される場面が増え、本人の持つ可能性が開花していく様子、人との繋がりが増えていく様子、そして社会の役に立つということを実感し、嬉しく思っています。
活動を通して本人の自信がつき、自己肯定感が上がっているなと感じます。いつも「想造楽工で絵を描きました」と話してくれます。
何より「菅光輝」個人としての活躍の場、お仕事をさせてもらっていることが嬉しいです。
今回のイラストをたくさんの人に見てもらい、活躍してもらえることを願っています!
 

  • 障害福祉×デザインの協働チーム「想造楽工」

想造楽工(そうぞうがっこう)は「枠を超える創造を一緒に」をスローガンに、株式会社ニューモアが2020年に創業した事業です。
福祉施設と連携し、障害のある方々をイラストレーターとして迎え、支援対象ではなくパートナーとして、制作に対し正当な費用が渡る仕組みを設定しています。

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像6_自社プロダクト例自社プロダクト例

【障害者福祉市場の課題に挑戦】

一般企業に勤めることが困難な障害のある方が所属する、就労継続支援事業所の利用者の平均工賃(時間額)はA型で899円、B型で222円(令和2年度)と、障害のある方の所得の低さが課題に挙げられます。

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像7

仕事の内容においても、障害があることで職業選択肢が狭まり、好きなことの技能を伸ばし対価を得る挑戦がしたくても、受け皿が少ない状況にあります。

想造楽工は課題解決策のひとつとして障害のある方の「絵の表現力」に着目。
障害のある方々の絵の表現力の可能性を信じ、それぞれが持ち味を発揮し、他者と補い合って働く環境をつくるため活動しています。
障害福祉や、あわゆる枠を超える協働によって個々の持ち味を相乗させ、それぞれに穏やかな光を当て、場に新たな調和を生み出していきます。

現在全国7カ所の福祉施設とパートナー事業所として提携し、これまでに企業や自治体などと92件のコラボレーションを達成しました。

 

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像8

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像9_受注製作一例受注製作一例

【障害福祉×デザイン】福祉施設との協働で、BS朝日「バトンタッチ SDGsはじめてます」公式キャラクターが誕生のサブ画像10_制作のようす制作のようす

想造楽工ではさまざまなコラボレーションを目指しています。

ご関心を持っていただけた方は、お気軽に下記のアドレスからお問い合わせください。

■お問い合わせ先
【想造楽工】

公式サイト:https://sozogakko.com
公式インスタグラム:https://www.instagram.com/sozogakko_official
オンラインストア:https://sozogakko-store.com

【企画運営:株式会社ニューモア】

本社所在地|東京都八王子市千人町2-16-1 丸神ビルB305
代表者|宮島依子
WEBサイト|https://newmor.net
 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください