能力主義・ジェンダー平等の推進による女性比率の向上

0
669
能力主義・ジェンダー平等の推進による女性比率の向上のメイン画像

株式会社ニーズウェル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 船津 浩三)は、サステナブル経営を実現するために社長直轄のESG・SDGs委員会を設置し、各種の施策を企画・実施しています。
2023年9月期のESG・SDGs委員会における重要なテーマの一つである「ジェンダー平等」の状況ついてまとめましたので、お知らせします。

1.女性比率の向上
当社は、能力主義・ジェンダー平等を標榜し、女性比率の向上に取り組んできました。これまでも新卒採用の半数程度が女性でしたが、採用人数が大幅に増えたことを受け、社員全体における女性比率は5年前に比べ10.4ポイント上昇し、26.0%となりました。

能力主義・ジェンダー平等の推進による女性比率の向上のサブ画像1_社員全体における女性比率社員全体における女性比率

2.ジェンダー平等を推し進める社内風土の醸成

当社は男女ともに働きやすい環境を提供するため、育児休業の取得率向上にも取り組んでおり、女性の育児休業取得者の割合は100%に到達しています。さらに、男性の育児休業の取得推進にも取り組んだ結果、前期の男性の育児休業取得者の割合は37.5%と、国内の男性育児休業取得者の割合である14.0%※1を大きく上回りました。今期も既に多くの男性社員が育児休業を取得しており、男性の育児休業取得者の割合は50%程度に上昇する見込みです。
※1参考:厚生労働省「令和3年度雇用均等基本調査」https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-r03.html

3.能力主義

当社では、個人の職務遂行能力による人事評価を実施することで、男性・女性に関わらず役職に就く社員が増えてきました。なかには、短時間勤務の女性がリーダー職に就くという事例も出てきております。
当社の20代の社員の約40%が女性であり、性別による偏見のない教育・育成と評価を継続することで女性管理職の比率は将来的にも高まると見込んでおります。
引き続き能力主義を推進し、働きやすい職場の環境整備に努めてまいります。

【会社概要】
会社名:株式会社ニーズウェル
所在地:東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート13階
代表者:代表取締役社長 船津 浩三
設立:1986年10月
URL:https://www.needswell.com/
事業内容:ソフトウェアの開発・運用・保守、ソリューション製品の開発・販売・運用・保守

【報道関係資料】
IRニュース https://www.needswell.com/ir/news
その他のお知らせ https://www.needswell.com/news/index

【ニュースリリースについてのお問合せ先】CC室
[email protected]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください