セガ エックスディー、町のデジタル化を推進する山形県金山町とトータルアドバイザー契約を締結

0
193
セガ エックスディー、町のデジタル化を推進する山形県金山町とトータルアドバイザー契約を締結のメイン画像

デジタルとゲーミフィケーションの力で、くらしと心を豊かにする仕組みをサポート

ゲーミフィケーション事業を展開する株式会社セガ エックスディー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 執行役員 CEO:谷 英高)は、山形県金山町のデジタル化の推進を目的としたトータルアドバイザー契約を締結したことをお知らせいたします。

セガ エックスディー、町のデジタル化を推進する山形県金山町とトータルアドバイザー契約を締結のサブ画像1

 

  • トータルアドバイザー契約の背景と今後の展望

人口減少・少子高齢化等の地方課題をデジタル技術の活用によって解決するため、多くの自治体がデジタル化の推進施策を行っているものの、住民になかなか浸透しない、組織サービスを継続運用ができない等の実態があります。

そこで、近年価値が再認識されているゲーミフィケーション※1を活用した CX(顧客体験)デザインに強みをもつセガ エックスディーが、アドバイザーとして参画することになりました。

ゲーム UX やエンタテインメントが持つ「人を夢中にさせる」仕組みを応用し、デジタル化施策を支援することで、老若男女問わず誰にとっても使いやすく、充実した生活を送るためのインフラ整備を支援します。

金山町は今後3年間の計画として、町の生活基盤となるデジタルサービスの導入・整備を行う予定です。

 
※1 ゲームのメカニズムを非ゲームの分野に応用することで、ユーザーのモチベーションを高め、その行動に影響を及ぼすこと

 
 

  • 金山町とのこれまでの取り組み

金山町との取り組みは、昨年の10月に公開した『町ちがいさがし』から始まりました。『町ちがいさがし』は、税理士法人あさひ会計と共同で開発した「財政状況」「町の魅力」「町民の声」をわかりやすく伝えることを目指したインフォグラフィックサービスです。

「まちがい探し」と「まち」を掛けて、自分たちが納める税金の使い道をわかりやすくビジュアルで表現しており、施策によって町がどのように変化するのかをゲーム感覚で楽しみながら、行政の理解を深めることができます。

また、『町ちがいさがし』の配布時に、アンケートを集計したところ1週間程で観光資源の開発アイデアなどを含めた回答が約100件も寄せられました。町民と行政の「架橋」のようなサービスとして機能しています。
 

セガ エックスディー、町のデジタル化を推進する山形県金山町とトータルアドバイザー契約を締結のサブ画像2

金山町の『町ちがいさがし』について

・PDF版:https://www.town.kaneyama.yamagata.jp/material/files/group/1/machichigai.pdf
 
・ニュースリリース:
https://segaxd.co.jp/news/newsrelease/9a253e6441b8451b1841d5ac8643913de0da07d9.html

 

  • 会社概要 

 

セガ エックスディー、町のデジタル化を推進する山形県金山町とトータルアドバイザー契約を締結のサブ画像3

セガ エックスディーは人々を夢中にさせるゲーミフィケーションメソッドを中心とした技術やデザイン、世界観をつくる力と、日々研究開発を進める AR / VR などの最新テクノロジーを掛け合わせ、人々の“感情を動かす”ノウハウを強みに一気通貫で企業課題・社会課題の解決に取り組んでいます。

会社名    株式会社セガ エックスディー
代表者    代表取締役社長 執行役員CEO 谷 英高
所在地    東京都新宿区西新宿6-18-1 住友不動産新宿セントラルパークタワー 20階
設立     2016年8月1日
事業内容   ゲーミフィケーション事業
URL      https://segaxd.co.jp/

 
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。本文書に記載している情報は、発表日時点のものです。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください