HKRITA、H&M ファウンデーションの支援で音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」を開発

0
283
HKRITA、H&M ファウンデーションの支援で音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」を開発のメイン画像

 

HKRITA、H&M ファウンデーションの支援で音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」を開発のサブ画像1_音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」

HKRITA(香港繊維アパレル研究所)は、H&M Foundation(H&M ファウンデーション)の支援を受けて、音波を利用して廃水からマイクロプラスチックを分離することができる技術を開発しました。Acousweep(アクスイープ)は、プラグを挿すだけで使用可能なアプリケーションであることから、簡単に持ち運びができ、どんな廃水施設にも接続することで使用することができます。この技術を産業規模で導入できるようになれば、ファッション業界のサステナビリティにおける負荷の軽減に非常に大きな効果をもたらすことにつながります。

世界的な問題であるマイクロプラスチック汚染は、生態系、動物、人間への脅威となっています。マイクロプラスチックは、より大きなプラスチック破片が分解されて段々と小さくなっていくものや、角質除去用の健康・美容製品や歯磨き粉などの洗浄剤に含まれているマイクロビーズなど、さまざまな原因から発生します。海洋マイクロプラスチック汚染の主な原因は、合成繊維に由来しており、世界全体の約16%~35%を占めると言われています(*)。

*引用元:欧州環境機関(https://www.eea.europa.eu/publications/microplastics-from-textiles-towards-a#:~:text=About%208%25%20of%20European%20microplastics,global%20marine%20environment%20each%20year.
 

HKRITA、H&M ファウンデーションの支援で音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」を開発のサブ画像2_音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」

業界全体の変革を目指す非営利団体のH&M Foundation は、気候や水、海、生物多様性、土壌のすべての地球環境にプラスの影響を与えるプラネット・ポジティブなファッションの未来に貢献できる技術を見つけるという野心の下に、必要な解決策を引き出すために、リスクを負いながら緊急性をもって行動を行っています。

「非営利団体である私たちは、プラネット・ポジティブなファッションの未来へと導いてくれるような画期的な研究を支援して変化を起こすことに、すぐにでも取り組むべき機会があります。イノベーションは変革であり、これ以上待つべきではない緊急を要する研究に投資する価値があることを、Acousweepが証明しています。」
H&Mファウンデーション 戦略責任者、クリスティアン・ドルヴァ(Christiane Dolva)

香港科学技術大学環境研究所のチーフ・ディベロップメント・ストラテジスト、クリスティン・ロー(Christine Loh)教授も、この技術が大きな可能性を秘めていると賛同しています。

「この技術の開発によって、グリーンテクノロジー(環境配慮技術)は、香港で飛躍的な進歩を遂げました。Acousweepは、衣料品やその他の産業による非常に有害な汚染の形態を阻止する手助けとなるものです。HKRITAは、音波を利用した装置でマイクロプラスチックを除去する新しい技術を使うことで、マイクロプラスチックが海に流れ込み、海洋生物によって摂取され、食物連鎖によって人間が摂取する可能性を阻止することができるのです。Acousweepには、産業に革命を起こす力があります。」
香港科学技術大学環境研究所チーフ・ディベロップメント・ストラテジスト、クリスティン・ロー(Christine Loh)教授
 

  • Acousweepについて

Acousweepは、特殊な形状の房室内で掃引音響波を利用し、排水からマイクロプラスチック繊維を物理的に捉えて効率的に分離する技術です。化学物質や溶剤、生化学的な添加物は不要で、分離されたマイクロプラスチックは、回収タンクに滴下され、リサイクルなどさらなる処理に利用されます。現時点での試験的規模における処理装置では、1時間あたり20リットルの水を処理することができ、さらにスケールアップした装置では1時間あたり5,000~10,000リットルの水を処理できる予定です。

HKRITA、H&M ファウンデーションの支援で音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」を開発のサブ画像3_音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」音波によって廃水からマイクロプラスチックを分離する画期的な技術「Acousweep」

Acousweepに関する詳細はこちらからご覧いただけます。(英語のみ)
https://hmfoundation.com/project/acousweep-sound-wave-technology-separates-microplastics-from-water/
 

  • HKRITAについて

HKRITA(香港繊維アパレル研究開発センター)は、2006年に創設され、公的資金を受けた応用研究センターです。香港特別行政区政府のイノベーション・テクノロジー基金に資金援助を受けている、5つの応用研究センターの1つです。HKRITAは、繊維・衣料業界を支援し、サステナブルな改善を推進し、社会の向上を促進するための、ミッドストリーム、ダウンストリームの応用研究に携わっています。

詳細については、http://www.hkrita.com/about-usをご覧ください。
 

  • H&Mファウンデーションについて

H&Mファウンデーション(H&M Foundation)は、H&Mを創業したオーナーであるステファン・パーション一族が設立した、スウェーデンのストックホルムに本部を置く世界規模の非営利財団です。世界中のすべての人の生活を向上させることを目的に、国連の2030年の持続可能な開発目標(SDGs)の達成を早急に進めるために設立され、コラボレーションとイノベーションを活用して、世界で最も緊急な課題に対するソリューションを共同で作成、資金提供、共有しています。人類の福祉を守るために、ファッション業界が地球に優しい存在になるようにリードする役割を果たし、インクルーシブ(包括的)な社会のために開発を加速させています。2013年以来、ステファン・パーション一族は15億スウェーデンクローナ(2億米ドル相当)を寄付しています。

詳細については、hmfoundation.com、またFacebook、Instagram、YouTube、LinkedInでは@hmfoundationにてご覧いただけます。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください