【ザ・リッツ・カールトン京都】地球環境を考える日「EARTH DAY(アースデイ)」に環境問題のスペシャリスト、京都大学大学院准教授 浅利美鈴氏を招きイベントを開催

0
264
【ザ・リッツ・カールトン京都】地球環境を考える日「EARTH DAY(アースデイ)」に環境問題のスペシャリスト、京都大学大学院准教授 浅利美鈴氏を招きイベントを開催のメイン画像

~“眠る着物”をアップサイクルして仕立てた、京都ならではのスーツを披露するファッションショーも実施~

 ザ・リッツ・カールトン京都(所在地:京都市中京区鴨川二条大橋畔、総支配人:カルロス・タレロ)は、国際連合(国連)が地球環境を考える日として毎年4月22日に定める「アースデイ(英語名:International Mother Earth Day)」に賛同し、2023年4月22日(土)にイベントを開催いたします。本イベントは、ザ・リッツ・カールトン ホテル カンパニーが継続的に行なっている社会・環境保全活動「コミュニティ・フットプリント」の一環として行います。

【ザ・リッツ・カールトン京都】地球環境を考える日「EARTH DAY(アースデイ)」に環境問題のスペシャリスト、京都大学大学院准教授 浅利美鈴氏を招きイベントを開催のサブ画像1_ザ・リッツ・カールトン京都 外観ザ・リッツ・カールトン京都 外観

 
 2014年のホテル開業以来初めての開催となるアースデイイベントは、環境教育やSDGs/持続可能なコミュニティ創出などを研究テーマとし、日本国内のみならず世界各地でも環境問題に関する活動を行う、京都大学大学院准教授の浅利美鈴氏を招いて実施いたします。

【ザ・リッツ・カールトン京都】地球環境を考える日「EARTH DAY(アースデイ)」に環境問題のスペシャリスト、京都大学大学院准教授 浅利美鈴氏を招きイベントを開催のサブ画像2_京都大学大学院地球環境学堂准教授 浅利美鈴氏京都大学大学院地球環境学堂准教授 浅利美鈴氏

 ザ・リッツ・カールトン京都1階の「ザ・ロビーラウンジ」で行うトークイベントには、浅利美鈴准教授に加え、環境問題と京都の持続可能な社会の発展に関して大きな関心を寄せる当ホテルの総支配人 カルロス・タレロが参加し「身近なエコアクション~私たちが出来ること」をテーマに闊達な意見を交わします。

またイベントの合間には、着用されず長く仕舞われていた着物を再利用して作ったスーツを披露するファッションショーも行います。「KYOTO SUITS(京都スーツ)」と名付けられたこのスーツは、浅利研究室と沖縄県で古いかりゆしウェアをアップサイクルし商品化することに取り組む、空間デザイナー兼ファッションデザイナーの小山健一郎氏が約1年かけて創り上げた、「始末のこころ」を有する京都ならではの環境にやさしいファッションアイテムです。ファッションショーのモデルを務めるのは、浅利研究室で環境学を学ぶ世界各国からの留学生です。イベントには、着物の解体などを担う京都市内の福祉作業所の皆様もご参列いただきます。

アースデイをきっかけに、ひとりでも多くのお客様が地球環境に配慮した取り組みをそれぞれ考え、そして実際に行動に移していただけることを願い、今回のイベントの開催を決定いたしました。なお、本イベントはご宿泊以外のお客様もご参加いただけます。

ザ・リッツ・カールトン京都 「EARTH DAY 2023」


日 程:2023年4月22日(土)
時 間:午前9時00分から午前10時00分まで
会 場:ザ・ロビーラウンジ、ロビーフロア(ともに1階)
参加費:無料 ※席数には限りがございます(先着20名様)
内 容:

  • トークイベント

登壇者 
京都大学大学院准教授 浅利美鈴氏
Kenichiro Koyama Creative Produce Office CEO 小山健一郎氏
ザ・リッツ・カールトン京都 総支配人 カルロス・タレロ

  • ファッションショー

KYOTO SUITS 6着を留学生が着用し、ロビーフロアをウォーキングして披露

【浅利美鈴(あさり みすず)氏プロフィール】


京都大学地球環境学堂 准教授。京都府出身。「ごみ」や「環境教育」「SDGs/持続可能なコミュニティ創出」などが研究テーマ。また、「びっくり!エコ100選」や「3R・低炭素社会検定」「エコ~るど京大」「京都超SDGsコンソーシアム」「京都里山SDGsラボ(ことす)」などを立ち上げ、社会にムーブメントをおこすべく、実践・啓発活動や情報発信にも力を注いでいる。
https://kdb.iimc.kyoto-u.ac.jp/profile_private/ja.6880f94654833f15.html

【コミュニティ・フットプリントとは】
ザ・リッツ・カールトンの社会的および環境的な責任を果たす活動である「コミュニティ・フットプリント」は、「世界的な社会責任を拡大する」というコンセプトを、サービス理念、長期計画および営業活動に組み込んでいます。この取り組みは、子供たちの健康、環境への責任、飢えや貧困から救うことを目的としています。より詳細な情報は以下のリンクからご覧いただけます。
www.communityfootprints.com  Twitter:  www.twitter.com/RitzCarltonCSR

【ザ・リッツ・カールトン京都について】
京都の北から南へ流れる鴨川のほとり、東山三十六峰を一望できる最高のロケーションに建つ「ザ・リッツ・カールトン京都」は、祇園や河原町、先斗町など繁華街に近く、観光やビジネスにも便利なアーバンリゾートです。日本の伝統と現代的な欧米様式の融合を図りながら、歴史ある周辺環境にも調和する外観デザイン。京都の伝統・文化のエッセンスが散りばめられたラグジュアリーな空間で、ここでしか味わえない上質な時間を提供します。総客室数は134室。客室平均面積は50平米と京都市内最高水準の広さを誇り、レストランやバー、宴会場、スパをご用意しています。アースデイをきっかけに、ひとりでも多くのお客様が地球環境に配慮した取り組みをそれぞれ考え、そして実際に行動に移していただけることを願い、今回のイベントの開催を決定いたしました。なお、本イベントはご宿泊以外のお客様もご参加いただけます。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください