SDGs 目標12「つくる責任つかう責任」に配慮した活動に共感

0
265
SDGs 目標12「つくる責任つかう責任」に配慮した活動に共感のメイン画像

第二回くるくる桜マルシェにsusabiハンモックを提供

2023年4月19日 ECロールアップ(ECアグリゲーター)事業を展開する株式会社ACROVE(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:荒井 俊亮、以下ACROVE)のブランド、susabi(スサビ)は4月29日(土)に茨城県つくば市のCycleChicの敷地内で開催される「第二回くるくる桜マルシェ」に出展いたしますことお知らせいたします。

 

SDGs 目標12「つくる責任つかう責任」に配慮した活動に共感のサブ画像1_susabiが「第二回くるくる桜マルシェ」に出展いたします。susabiが「第二回くるくる桜マルシェ」に出展いたします。

「くるくる桜マルシェ」は地域の交流の活性化を目的に活動する学生団体かざぐるまさんとの共催イベントで、2月に第一回目が開催、本イベントは第二回目です。

第二回目は「もったいないを、シェアしよう。」をテーマにSDGsの目標12で掲げる「つくる責任つかう責任」の持続可能な消費社会に配慮したイベントです。
使わなくなった本、余った野菜、皆さんのお家に眠る宝物を地域のみんなでシェアすることで無駄をなくし、生産者から最終消費者まで関わる全ての人が持続可能な消費とライフスタイルを感じられるイベントです。

イベントには、ワンコインフリーマーケットや、JAつくば市谷田部の提供による野菜配布の企画があり、susabiの出展ブースではハンモックを実際に試乗できます。
是非、お気軽にお立ち寄りいただきハンモックを体感していただけたら嬉しいです。
実際に体感いただき気に入って頂けましたら来場者様特別特典として、当日のご購入に限ってしまうのですが、特別割引キャンペーンもご用意いたしますのでご活用ください。

ハンモックにただ、ただ、揺られる、そんな非日常の時間をお楽しみください。

◆susabi出展経緯

susabiのハンモックは屋内と屋外どちらでも使用できることを考慮して作られており、耐久性に優れております。また丸洗いすることも可能なため、いつでも清潔に保つことが出来、安全で安心に長期間使用していただくことが出来ます。

CycleChicは大学内の放置自転車をメンテナンスしてサブスクリプションで貸し出す事業を運営しております。
不要になったまだ使える素敵なモノに価値を与え再利用する、持続可能な消費と生産を考慮した活動に、このたびsusabiは共感いたしましたため、ブースを出展、さらに無償ですさびハンモックを提供することとなりました。

一つでも多くの素敵なモノが本当に欲しい人に届くよう、ACROVEならびにsusabiはこれからも努めてまいります。

◆第二回くるくる桜マルシェ 概要

開催日時         :2023年4月29日(日)(※雨天中止)
開催時間         :10:00~17:30(予定)
会場           :CycleChicつくば敷地(茨城県つくば市桜2丁目15-5)
(※お車でお越しのお客様は、イベント当日のみ敷地向かいの駐車場をご利用ください。)
入場料          :無料(飲食・ワークショップなどの一部は有料)
主催             :CycleChic、筑波大学学生団体かざぐるま
CycleChic         :https://cyclechic.jp/
筑波大学学生団体かざぐるま:https://www.instagram.com/tkb_kazaguruma/

susabiは2022年11月にECロールアップによってACROVEが事業譲受したブランドです。ACROVEは引き続き譲り受けたブランドの思いを大切に、より素敵な商品へと成長させ消費者の方に提供してまいります。一つでも多くの素晴らしいメーカー・ブランドを一人でも多くの人に届け、「良いcommerceが、届く世界へ。」の実現に向けて努めてまいります。

◆CycleChic概要

元筑波大学職員が開いた自転車ショップ。筑波大学内の放置自転車問題解決に向けて大学と連携しながら取り組みを行う。店内での新車販売は、愛着を持って長く使って欲しいという思いから、おしゃれなデザインの自転車が並ぶ。

◆学生団体かざぐるま概要

”「ここが好き」といえるまちを作る'' を理念に活動する、筑波大学公認のまちづくり団体。地域の方と学生をつなぐかけ橋になれるよう、地域に寄り添った様々な活動を行っている。

◆susabiとは

2011 年に創業、ハンモックやベビー&キッズ商品等のインターネット通販事業を展開しております。「susabiハンモック」はハンモック発祥の地のひとつ、南米コロンビアやメキシコ産のクラフトマンシップあふれるハンモックをお届けしています。日本の暮らしに溶け込むように素材やカラーを厳選し、コットン100%の柔らかな肌触りが特徴的なsusabiのハンモックは、宙に浮いているような快適な乗り心地を実現、使用される方へすさびが提唱する「ココロの余白」時間を提供しています。ベビー&キッズ商品で代表的なものはイブルのブランド「Olu(オル)」です。イブルとは韓国語で布団という意味で、可愛らしいステッチが特徴の韓国発祥のキルティングマットです。コットン100%生地で丸洗い可能なイブル生地から作られたベビーマットやマザーズバッグを販売しております。「シンプルで、心豊かな暮らしを」そんな想いがこもった商品をお届けしております。

susabiハンモック
公式HP   :https://susabi.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/susabi.jp/

susabi ベビーキッズ
公式HP      :https://babykids.susabi.jp/
Instagram :https://www.instagram.com/susabi_babykids/

◆株式会社ACROVE 概要

株式会社ACROVEはECサービス事業、ECロールアップ事業を展開するECプラットフォームカンパニーです。
「ECサービス事業」は、自社開発のBIツールACROVE FORCEを用いてブランドのEC売上向上をワンストップで支援いたします。100社以上の企業を支援、平均で約300%の売上成長を実現してきました。
「ECロールアップ事業」は、ECブランドのM&Aを通じてブランドの価値の最大化を目指します。
ECサービス事業を通じて培ってきた知見を生かし、人的リソース不足、資金不足、マーケティングノウハウ不足、もしくは事業承継等で悩まれているEC・D2Cブランドの買収を通して、譲り受けたブランドのバリューアップを実現、より多くの消費者様に商品を届けていく事業です。
海外ではECアグリゲーターとも呼ばれ、Thrasio(セラシオ)等多くのユニコーン企業が誕生しています。
株式会社ACROVEはECサービス事業とECロールアップ事業を同時に展開することで、
両事業間のシナジー効果による顧客貢献性の高いサービスを提供し、ブランドの成長を支援します。

会社名     : 株式会社ACROVE(https://acrove.co.jp/)
設立      : 2018年11月15日
代表者     : 代表取締役 荒井俊亮
従業員数    : 79名(2023年4月時点)
所在地     : 〒160-0015 東京都新宿区大京町22-1 グランファースト新宿御苑5F
事業内容    :ECサービス事業、ECロールアップ事業

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください