収益ビル再生事業を行うループレイス 文京区の1棟ビル再生プロジェクトが完了

0
263
収益ビル再生事業を行うループレイス 文京区の1棟ビル再生プロジェクトが完了のメイン画像

gran+OCHANOMIZU(グランプラス御茶ノ水)

株式会社LOOPLACE(本社:東京都千代田区、代表取締役:飯田 泰敬、以下、LOOPLACE)は、収益物件化に伴う企画・設計及び改修工事を行った東京都文京区本郷に位置する「gran+御茶ノ水」につきまして2023年3月20日に売却し、収益ビル再生プロジェクトを完了致しました。

 

収益ビル再生事業を行うループレイス 文京区の1棟ビル再生プロジェクトが完了のサブ画像1_gran+御茶ノ水gran+御茶ノ水

今回売却した「gran+OCHANOMIZU(グランプラス御茶ノ水)」は、築40年のビルをフルリノベーション。設備更新や遵法化、外壁改修等経年劣化した機能面を再生させ、リノベーションにより建物のイメージも大きく刷新。健康的で活き活きとした働き方をイメージさせるしつらえとしています。
1棟利用を想定し、自社のアイデンティティを表現可能な自由度のある空間を用意。
設備面や、エントランスなどの内装はデザイン性に配慮したリノベーションを実施し、入居しやすさと自由度の両方を兼ね備えた商品企画設計を行いました。

■PROJECTの詳細はこちらから 場の再生事例<gran+OCHANOMIZU>

https://looplace.co.jp/projects/granochanomizu/

■再生プロセスを追体験 ビフォーアフターMovieはこちらから

 

 

収益ビル再生事業を行うループレイス 文京区の1棟ビル再生プロジェクトが完了のサブ画像2

■gran+(グランプラス)シリーズについて

物件取得から商品企画・設計・施工を自社で手掛ける企画物件のシリーズ名称です。
築古ビルの活用方法やリーシング・運営課題等に直面する中小規模ビルを中心に、老朽化不動産を高収益物件へ再生。ベンチャー企業、スタートアップ向けのクリエイティブオフィスの提供をしております。今後もマーケットニーズやデザイン性を高めたバリューアップを行い、他物件とは異なる特異性と付加価値をつくり、競争力のある商品を提供してまいります。
▶gran+物件紹介サイト:https://gran-plus.com/

■株式会社LOOPLACE(ループレイス)について

LOOPLACEは、古い建物や空間を活かす、不動産再生カンパニーです。これまで培ってきた建築再生の知見、商品企画に基づいた築古ビル再生のセットアップオフィス「gran+シリーズ」をはじめ、物件取得から商品企画、設計デザイン、施工管理、売却、管理までを自社で手掛けることで、築古ビルの収益再生を行っています。
今後も、役目を終えた場を壊さず、次の使い方を見出し、再び人が集まる場や空間を創造してまいります。
▶LOOPLACE公式HP:https://looplace.co.jp/

■会社概要

社名:株式会社LOOPLACE(ループレイス)
代表者:飯田 泰敬
所在地:〒101−0051 東京都千代田区神田神保町1−50 浦野ビル6階
連絡先:tel. 03-6206-8422 / fax. 03-6206-8436
資本金:5,000万円
事業内容:築古ビルをはじめとした場の再生事業、リノベーション物件の売買、賃貸仲介、オフィスや店舗の設計・デザイン・施工各種専門工事
登録番号:建設業許可 東京都知事許可(特-1)第139675号
宅地建物取引業者免許 東京都知事(2)第96087号

■本件に関するお問合せ先

株式会社LOOPLACE 広報担当:中野
TEL:03-6206-8422  FAX:03-6206-8436
メールアドレス:[email protected]
お問い合わせフォーム:https://looplace.co.jp/contact/

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください