【いま注目されている脱炭素!】企業のNon-FIT発電設置についてプロに調査!メリットデメリットどちらの方が大きい?

0
218
【いま注目されている脱炭素!】企業のNon-FIT発電設置についてプロに調査!メリットデメリットどちらの方が大きい?のメイン画像

株式会社和上ホールディングス(本社所在地:大阪府大阪市、代表取締役:石橋 大右)は、太陽光発電事業従事者を対象に、「プロに聞く、Non-FIT発電設置のメリットとデメリット」に関する調査を実施しました。

積極的に脱炭素経営を行っている企業の中には、太陽光発電所を購入し、国が定めた固定価格で買い取る「FIT制度(Feed-In Tariff)」を利用して売電収入を得ているところも少なくないのではないでしょうか。
しかし、2020年に法改正があり、以降、50kW未満の産業用太陽光発電は余剰電力買取に変更され、売電価格自体も下がる傾向にあるようです。

そこで、今注目されているのが、FIT制度に頼らない「Non-FIT(ノンフィット、非FITとも)」発電です。
売電目的というよりも、企業が使用する電力を自社の太陽光発電所でまかなう目的で導入する企業が比較的多いようです。
世界規模でエネルギー供給が不安定なため、今後、電気料金の値上がりが予想されますが、Non-FIT発電を導入することで将来的な電気コストの削減が期待できます。
さらに、政府が主導する「再生可能エネルギー政策」の流れもあり、自社の価値を高めたいと考えている企業にとっても検討する余地はあるといえるでしょう。

問題は、Non-FIT発電にもメリットとデメリットがあり、それらを熟知したうえで導入することが必要な点です。
では、具体的にどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

そこで今回、企業の脱炭素経営を総合サポート『とくとくファーム0』https://wajo-holdings.jp/farmzero/)を運営する株式会社和上ホールディングスは、太陽光発電事業従事者を対象に、「プロに聞く、Non-FIT発電設置のメリットとデメリット」に関する調査を実施しました。
 

  • 調査結果トピックス

・FIT制度の問題点上位3項目は、『買取価格が年々下がっていること(補助金減少)(53.7%)』『再エネ賦課金が国民の負担となること(38.6%)』『50kw未満の低圧発電所は余剰電力買取となったこと(32.7%)』

・企業がNon-FIT発電を設置することで、電気料金高騰を回避できる可能性が高いというメリットがあると思う方が多数

・4割以上の方が、売電したい場合は電力の需要などによって電力市場の取引価格が変動するリスクがあると回答

このほかにも、以下の項目について調査結果をまとめました。
・企業がNon-FIIT発電を設置することについて、メリットデメリットどちらが大きいか
・Non-FIT発電設置時に気を付けた方が良いこと
・Non-FIT発電設置時に気を付けた方が良いと思う業者のポイント

調査結果の全容はこちら(https://wajo-holdings.jp/farmzero/column/2413/)にてご覧いただけます。
 

  • 調査結果詳細

■Non-FITの何がメリット?FITの問題点とは

はじめに、FIT制度の問題点について伺ってみましょう。

【いま注目されている脱炭素!】企業のNon-FIT発電設置についてプロに調査!メリットデメリットどちらの方が大きい?のサブ画像1

「現行のFIT制度(を企業が利用すること)について、どのような問題が起こりうると思いますか?(上位3つまで)」と質問したところ、『買取価格が年々下がっていること(補助金減少)(53.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『再エネ賦課金が国民の負担となること(38.6%)』『50kW未満の低圧発電所は余剰電力買取となったこと(32.7%)』と続きました。

【いま注目されている脱炭素!】企業のNon-FIT発電設置についてプロに調査!メリットデメリットどちらの方が大きい?のサブ画像2

次いで、「企業がNon-FIT発電を設置することで、どのようなメリットが得られると思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『電気料金の高騰を回避できる可能性が高い(31.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『脱炭素への取り組みを行っている企業としてブランド力が向上する(29.1%)』『電力卸市場価格が不安定でも影響が少ない(小売電気事業者の場合)(21.8%)』と続きました。

Non-FIT発電では、『電気料金の高騰を回避できる可能性が高い』といったメリットと感じている方が多いようです。

■「電気を売りたい場合」は注意!?Non-FITのデメリットとは?

Non-FIT発電のメリットについて分かりましたが、反対にどのようなデメリットがあると思うのでしょうか。

【いま注目されている脱炭素!】企業のNon-FIT発電設置についてプロに調査!メリットデメリットどちらの方が大きい?のサブ画像3

「企業がNon-Fit発電を設置することで、どのようなデメリットが起こりうると考えられますか?(複数回答可)」と質問したところ、『電力の需要などによって電力市場の取引価格が変動するリスクがある(売電したい場合)(44.6%)』と回答した方が最も多く、次いで『適正価格を調べる必要がある(売電したい場合)(41.3%)』『Non-FITに対応した電力会社などの販売先を探す必要がある(売電したい場合)(30.4%)』と続きました。

電力の需要などにより、電力市場の取引価格が変動するといったデメリットがあると思う方が多いようです。

※本調査結果の全容は(https://wajo-holdings.jp/farmzero/column/2413/)にてご覧いただけます。
 

  • 調査概要

調査概要:「プロに聞く、Non-FIT発電設置のメリットとデメリット」に関する調査
【調査期間】2023年3月16日(木)〜2023年3月17日(金)
【調査方法】インターネット調査
【調査対象】太陽光発電事業従事者
【調査人数】1,006人
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
 

  • 企業の脱炭素経営を総合サポート『とくとくファーム0』

【いま注目されている脱炭素!】企業のNon-FIT発電設置についてプロに調査!メリットデメリットどちらの方が大きい?のサブ画像4

株式会社 和上ホールディングスが運営する『とくとくファーム0』https://wajo-holdings.jp/farmzero/)は、太陽光発電に豊富な実績をもつ株式会社和上ホールディングスが提供する再生可能エネルギー供給サービスです。

自社において開発、運営する太陽光発電所で生み出された電力を安定供給することで、電力需要家の皆様にとって「信頼できる電力会社」であることを目指しています。

SDGsやESG投資、RE100など、企業活動が地球環境保全とマッチしていることが求められる時代において、電力の「質」が問われています。特にESG投資では使用する電力が再生可能エネルギーでなければ投資や融資を受けられないため、先行している欧米では再生可能エネルギーとの向き合い方が企業の生き残り戦略に直結しています。

■Non-Fit電源が必要とされる3つの理由

・FIT制度を前提にしたビジネスモデルが成立しなくなった
・電気料金の高騰が不可避
・太陽光発電への参入が企業価値を高め、成長戦略となる

■和上ホールディングスの強み

・太陽光の設計・施工でいち早くISOの国際基準を導入

ISO規格は、世界中で同じ品質、同じレベルの物を提供できる国際基準で信頼感の醸成と施工技術の明確化を太陽光業界でいち早く導入しました。

・和上ホールディングスは特定建設業の取得企業です。

一級建築士による高度な技術と設計ノウハウで大手企業から多数の受注実績があります。大規模新設EPC工事もお任せください。

・創業29年15,000件を超える豊富な施工実績とメンテナンス

太陽光業界でメンテナンス保守までおこなうEPC事業者で、設計から調達、施工からメンテナンスまでワンストップで対応する太陽光の総合企業です。

詳しくはコチラ:https://wajo-holdings.jp/farmzero/reason/

■とくとくファーム0:https://wajo-holdings.jp/farmzero/
■とくとくファーム0 コラム一覧:https://wajo-holdings.jp/farmzero/column/
■TEL:0120-054-405(050-3176-2122)
■お問い合わせ先:https://wajo-holdings.jp/farmzero/contact/
■株式会社 和上ホールディングス:https://wajo-holdings.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください