ファーメンステーションのオーガニックライス・エタノールがTERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN」の香水で採用

0
203
ファーメンステーションのオーガニックライス・エタノールがTERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN」の香水で採用のメイン画像

 独自の発酵技術で未利用資源を再生・循環させる社会を構築する研究開発型スタートアップの株式会社ファーメンステーション(本社:東京都、代表取締役:酒井 里奈、以下ファーメンステーション)が提供する、オーガニック米を発酵・蒸留し製造する「オーガニックライス・エタノール」が、TERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN(ライケン)」の香水に採用されました。TERUHIRO YANAGIHARA STUDIOは神戸とArles(フランス)にスタジオを構え、国際的なブランドのクリエイティブディレクション、アートディレクション、プロダクトデザイン、インテリアデザインなど包括的な提案を行うデザインスタジオです。

ファーメンステーションのオーガニックライス・エタノールがTERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN」の香水で採用のサブ画像1

■ファーメンステーションの開発するオーガニック発酵原料

 ファーメンステーションでは、有機JAS認証のオーガニック米から、独自の発酵・蒸留技術をもとに、USDAオーガニック認証およびエコサートCOSMOS認証を取得済みのオーガニックライス・エタノールおよびオーガニック米もろみ粕(蒸留粕)をオーガニック原料として製造してまいりました。

 今回採用されたエタノールは、国産原料をもとに国内製造しており、国内でオーガニック認証を取得しているのはファーメンステーションのエタノールのみとなります。化粧品・日用品・雑貨などにおいてもサステナビリティやトレーサビリティが求められる中で、国産のオーガニック認証のエタノールや発酵原料には大きな期待がされています。

 原材料のオーガニック米は休耕田を再生し栽培したものを活用、製造では水資源の削減や100%再生可能エネルギーの活用など環境に配慮した製法を採用し、サステナブルな考え方と製造方法で開発された原料となります。また、ファーメンステーションは、地域社会、環境、カスタマー、従業員に対して多面的・包括的な利益を生む事業活動を実践する企業を認証する国際的な制度「B Corp 認証」を取得しており、原料開発においても、社会性や環境への配慮を徹底した開発・製造を行っております。

ファーメンステーションのオーガニックライス・エタノールがTERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN」の香水で採用のサブ画像2

 また、同じく有機JAS認証のオーガニック米を発酵し抽出される発酵粕をもとに、植物由来の溶媒で抽出したエキス原料や、フリーズドライ製法でパウダー化した原料などをオーガニック米由来の発酵原料として展開しています。これらの原料は、セラミドやアミノ酸を多く含むため、肌を保湿し、バリア機能をサポートしてくれる働きがあります。

ファーメンステーションのオーガニックライス・エタノールがTERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN」の香水で採用のサブ画像3

 ファーメンステーションでは、他にも天然由来100%の発酵エキスや外部パートナーとオリジナル発酵原料製造なども手掛けており、発酵技術を活用し素材本来の機能性を引き出した原料化や、規格外の農産物など未利用資源をアップサイクルした原料などの開発も行っております。

■フレグランスブランド「LICHEN」および香水「LICHEN BASE EAU DE PARFUM」について

 TERUHIRO YANAGIHARA STUDIOによる空間を可視化するフレグランスブランド「LICHEN (ライケン)」。2022年夏フランス・アルルでのローンチに続き、2023年4月より日本での展開をスタートします。ラインアップは、香水、キャンドル、インセンススティック(お香)の3種。容器は佐賀県有田で特別に作られた陶磁器製です。シグネーチャーである “Lichen Base”はオークモスなど天然香料のみで香りを構成しています。クリエイティブディレクション、アートディレクション、及びプロダクトデザインはTERUHIRO YANAGIHARA STUDIO、香りのデザインはアーティスト・和泉侃が手がけています。

 LICHEN BASE EAU DE PARFUM 75ml / ¥37,400 (tax inc.)

 複雑な天然精油の香りのレイヤーを体に纏わせる健康的なオードパルファム。シグネーチャーであるLichen Baseは、地衣類であるオークモスを主体に、香草や樹液の異なるテクスチャを重ね、香りに深みと奥行きを与えます。香水ではめずらしいお米由来のアルコールを使用した香水です。ボトルは有田で特別に作られた陶磁器製。天然素材で作られたフレグランスとのアンサンブルをお楽しみください。

 *100%天然成分

 *成分のアルコールは香水の原料を目的として使用しています。

 *LICHEN Website:https://lichen-lichen.fr/

 *Instagram:@lichen.fr(https://www.instagram.com/lichen.fr

 *販売元:VAGUE KOBE / 〒650-0024 兵庫県神戸市中央区海岸通9番2号チャータードビル4F

ファーメンステーションのオーガニックライス・エタノールがTERUHIRO YANAGIHARA STUDIOのフレグランスブランド「LICHEN」の香水で採用のサブ画像4_Photography:Bennie Julian GayPhotography:Bennie Julian Gay

【ファーメンステーションについて】

 ファーメンステーションは「Fermenting a Renewable Society(発酵で楽しい社会を!)」をパーパスに、未利用資源を再生・循環させる社会を構築する研究開発型スタートアップです。岩手県奥州市に研究開発拠点兼自社工場(奥州ラボ)を持ち、独自の発酵・蒸留技術でフードロス/ウェイストおよびその他未利用バイオマス由来のエタノールやサステナブルな化粧品原料などを開発・製造しています。これらのアップサイクル原料を化粧品・日用品の原料やその他バイオプラスチック等の産業資材の中間原料として製造販売する原料事業のほか、自社ブランドによるオーガニック化粧品事業、原料提案から製品開発まで一貫して引き受けられる化粧品・ライフスタイル製品等のODM/OEM事業を行っております。また、食品・飲料工場の製造過程等で出る副産物・食品残さなどの様々な未利用資源を活用しアップサイクルすることで、新たな高付加価値の商品を生み出す事業開発を大企業との共創を通じて取り組んでおります。

 エタノールの製造過程で生成される発酵粕は、化粧品原料や地域の鶏や牛の飼料として利用し、さらに鶏糞は水田や畑の肥料にするなど、廃棄物ゼロの循環型モデルを構築し、地域循環型社会の形成にも取り組んでおります。

 また、地域社会、環境、カスタマー、従業員に対して多面的・包括的な利益を生む事業活動を実践する企業を認証する国際的な制度「B Corp 認証」を取得しています。

会社名                  : 株式会社ファーメンステーション

代表者                  : 代表取締役 酒井 里奈

所在地                  : 〒130-0005 東京都墨田区東駒形2丁目20-2

設立                     : 2009年7月7日

事業内容               : フードロス/ウェイストおよびその他未利用バイオマス由来のエタノール・発酵原料の研究開発および製造販売、化粧品・雑貨OEM/ODM、未利用資源を活用した事業共創、自社オーガニックブランド事業

自社サイト            : https://fermenstation.co.jp/

オンラインショップ: http://www.fermenstation.jp/

共同開発商品紹介 : https://fermenstation.co.jp/collabo/#products

OEM/ODMご案内 :  https://fermenstation.co.jp/oem/

このニュースに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

株式会社ファーメンステーション 北畠 Tel:03-6206-9485  E-mail:[email protected]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください