イノベーター養成アカデミー開講記念『未来エッセイ2101』を開催!食や農業の未来に「あったらいいな」 「できたらいいな」を募集

0
158
イノベーター養成アカデミー開講記念『未来エッセイ2101』を開催!食や農業の未来に「あったらいいな」 「できたらいいな」を募集のメイン画像

~最優秀賞100万円!誰でも応募可能!~

一般社団法人アグリフューチャージャパン(理事長:合瀬宏毅、東京都港区)は、『AFJ日本農業経営大学校 イノベーター養成アカデミー』(※1)を2024年4月から新たに開講することを記念し、『未来エッセイ2101』 (以下、本コンテスト)を開催いたします。

イノベーター養成アカデミー開講記念『未来エッセイ2101』を開催!食や農業の未来に「あったらいいな」 「できたらいいな」を募集のサブ画像1

  • コンテスト概要

本コンテストは、みなさんが思い描く22世紀の食や農業の未来はどんなものなのか、その未来に「あったらいいな」「できたらいいな」と思うアイデアを、合計1,200文字以内のエッセイ形式でご応募いただく、新しい形のエッセイコンテストです。

なお、本コンテストでは、最優秀賞100万円をはじめ、賞金総額は200万円。その他、当法人の活動を支える会員による協賛企業賞の提供も予定しています。

また、応募については、できるだけ多くのみなさんと私たちが一緒に、食や農の未来を変えるようなイノベーションの種を見つけるきっかけにしたいとの思いから、どなたでも応募できるコンテストとしました。たくさんの応募をお待ちしています。
 

  • 本コンテスト開催の背景

現在の食や農業は、高齢化や人手不足、気候変動など様々な課題が山積しています。一方で、ロボットやドローン、代替肉など未来を変える新たな技術が出てきています。

今回テーマとした2101年(22世紀)は、遠い未来。だから考える未来は一見、突拍子もない「未来の空想(アイデア)」かもしれません。しかし、そのような空想(アイデア)のなかにこそ、未来を変えるイノベーションの第一歩が隠れているのではないかと思っています。

当法人は、食や農業の未来を変えるイノベーションを生み出す人材の教育を目的に、「イノベーター養成アカデミー」を2024年4月に開講いたします。本コンテストの開催を通じ、より多くの皆様が、私たちと一緒に食や農業の未来を考え、イノベーションの可能性を感じていただく機会になればと思っています。
 

  • 募集要項

応募テーマ

22世紀の食や農業の未来に「あったらいいな」「できたらいいな」を聞かせてください

応募内容

■合計1,200文字以内のエッセイおよびタイトルをご提出ください。
  ①22世紀の「食や農業の未来」はどのようななものか語ってください(600文字以内)
  ②未来を実現するための「あったらいいな・できたらいいな」を語ってください
   (600文字以内)
 ■その他、応募内容を補足する資料があれば添付してください。(任意)

応募要件

■所属・年齢不問でどなたでも応募可能です。
 ■応募は自作・未発表かつ日本語のものに限らせていただきます。

応募方法

当法人HPの指定フォームより応募

スケジュール

応募締切…2023年7月21日(金)
 書類審査(当法人内で審査の後、外部審査員による最終審査を実施)…2023年7月~10月
 受賞者発表(当法人HPにて公開予定)…2023年10月16日(月)
 表彰式(都内にて開催予定)…2023年11月中

審査基準

ご応募いただいたエッセイについて、以下3つの観点から、総合的に審査します。

「革新性」「ワクワク感」「視点のユニークさ」

最終審査員

後日、当法人HPにて発表

賞・賞金

最優秀賞 1名 副賞100万円
 優秀賞    2名 副賞30万円
 入選       8名 副賞5万円
 その他、協賛企業賞を予定

※1 2024年4月から開講するアグリビジネス分野で新たな価値の創出や課題解決に取り組みたいと思う方に向けた新たな教育課程。アイデア創出から仮説検証、計画策定を最短1年で行う実践中心のカリキュラムが特長。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください