サステナブル・ラボ、金融庁「ESG評価・データ提供機関に係る行動規範」への賛同を表明

0
161
サステナブル・ラボ、金融庁「ESG評価・データ提供機関に係る行動規範」への賛同を表明のメイン画像

サステナブル・ラボ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:平瀬錬司、以下「当社」)は、金融庁が2022年12月に公表した「ESG評価・データ提供機関に係る行動規範」(以下「本行動規範」)の趣旨に賛同し、これを受け入れる旨を表明致します。(原則・指針の遵守状況:https://www.terrast.biz/code-of-conduct

サステナブル・ラボ、金融庁「ESG評価・データ提供機関に係る行動規範」への賛同を表明のサブ画像1

本行動規範は、サステナブルファイナンスの急速な拡大を受けて「ESG評価・データ提供機関」の市場への影響力が増す中で、当該機関に期待される行動原則と指針を示したものですが、当社は、本邦金融市場への参加者に対してESG評価・データを提供していることから、今般の賛同及び受け入れ意思表明を行うものです。

また、当社は、サステナビリティデータと価値評価の尺度・定義を標準化し、上場企業や大手企業のみならず、中堅・中小企業や非上場企業にもサステナビリティデータの開示を浸透・促進するため、「サステナビリティデータ・評価標準化機構(仮称)」の設立準備を開始しております(https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000052578.html)。自社として本行動規範に賛同するのみならず、これらの取り組みを通じて、金融業界、関係省庁、中小企業関連団体、その他の関係企業・団体とも連携しながら、ESG評価・データがより広範かつ健全に利用されるよう努めてまいります。   

  • サステナブル・ラボ株式会社

「あらゆるサステナビリティを認め合える世界に / Towards the world appreciating all sustainabilities」をビジョンに掲げ、定性的に語られやすい企業の環境・社会貢献度をビッグデータとAIを用いて定量化する非財務データプラットフォームとして、金融機関やコンサルティングファーム、経営企画向けに日本最大級のESG/SDGsデータツール「TERRAST(テラスト)」(https://www.terrast.biz/)を、また事業法人向けにESGデータのスマートな開示と改善ツール「TERRAST for Enterprise」β版(https://t4e.biz/)を展開しております。

会社名:サステナブル・ラボ株式会社

代表取締役:平瀬錬司

所在地:東京都千代田区大手町1丁目6-1 大手町ビル 4 階 FINOLAB内

事業内容:事業内容:ESG/SDGsに特化した非財務データプラットフォームの提供および非財務情報を含めた企業価値に係る研究開発

設立年月:2019年1月

公式HP:https://suslab.net

金融機関・コンサルティングファーム・経営企画向け、日本最大級のESG/SDGsデータツール「TERRASTβ」

https://www.terrast.biz/

事業会社向け、ESGのスマートな開示と改善、SDGs経営推進のためのツール「TERRAST for Enterprise β」

https://t4e.biz/

採用サイト:https://suslab-recruit.net/

プレスリリース一覧:https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/52578

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください