アイモバイル、再生可能エネルギーの普及を目的に、ユニ・チャーム株式会社、株式会社グローバルエンジニアリング、Reivalue株式会社と、短期オフサイトフィジカルコーポレートPPAを実現

0
160
アイモバイル、再生可能エネルギーの普及を目的に、ユニ・チャーム株式会社、株式会社グローバルエンジニアリング、Reivalue株式会社と、短期オフサイトフィジカルコーポレートPPAを実現のメイン画像

株式会社アイモバイル(代表取締役会長:田中俊彦、本社:東京都渋谷区桜丘町、以下「アイモバイル」)、ユニ・チャーム株式会社(代表取締役:高原豪久、本店:愛媛県四国中央市金生町、以下「ユニ・チャーム」)、株式会社グローバルエンジニアリング(代表取締役:高橋宏忠、本社:福岡県福岡市東区香椎、以下「グローバルエンジニアリング」)、Reivalue株式会社(代表取締役:堀口公希、本社:東京都港区浜松町、以下「リアイバリュー」)は、早期のカーボンニュートラル社会の実現と、日本国内の再生可能エネルギー(以下「再エネ」という)の普及のため、短期契約(2年契約)でのオフサイトフィジカルコーポレートPPA(注1)を実現しました。

アイモバイル、再生可能エネルギーの普及を目的に、ユニ・チャーム株式会社、株式会社グローバルエンジニアリング、Reivalue株式会社と、短期オフサイトフィジカルコーポレートPPAを実現のサブ画像1

 

ユニ・チャーム埼玉工場は、2023年4月より、グローバルエンジニアリングから、栃木県内のアイモバイルが所有する新設営農型太陽光発電所(パネル出力:306.3kW)で発電された電力と環境価値の供給を受けます。

コーポレートPPAは、20年に及ぶ長期契約が一般的ですが、ウクライナ問題による世界的な燃料価格高騰や、国内電力市場価格の高騰など、契約期間内の電力価格の変動リスクが懸念され、実現に至らないといった課題がありました。

 

今回、アイモバイルは、耕作放棄地を活用した新設営農型太陽光発電所を、グローバルエンジニアリングとリアイバリューが構築した短期オフサイトフィジカルコーポレートPPAに活用することで、追加性(注2)のある再エネをユニ・チャームへ届けることを実現しました。

引き続き、太陽光発電所の開発を計画しており、グループのビジョンである「“ひとの未来”に貢献する事業を創造し続ける」を実現するために、社会の課題に真摯に向き合い、脱炭素社会をマーケティングとテクノロジーで推進し、事業を通じて地方創生を実現していきます。

4社は、本取り組みで得られる知見を活用し、今後も実効性のある取り組みで、早期のカーボンニュートラル社会の実現に貢献してまいります。

 

(注1):Power Purchase Agreement(電力購入契約)の略、オフサイトフィジカルコーポレートPPAとは、敷地外の遠隔地に設置された発電設備からの電力と環境価値を購入すること。

(注2)再生可能エネルギー電力を購入することが、新たな再生可能エネルギー電源の普及拡大に寄与すること。

 

【アイモバイルについて】

アイモバイルは、『“ひとの未来”に貢献する事業を創造し続ける』というビジョンを実現するために、ふるさと納税をはじめとした「コンシューマ事業」と、テクノロジーを駆使した「インターネット広告事業」の2つの領域で成長しているマーケティングカンパニーです。

 

【株式会社アイモバイル 会社概要】

社名 : 株式会社アイモバイル

所在地: 東京都渋谷区桜丘町22-14 N.E.S.ビル N棟

代表者: 代表取締役社長 野口 哲也

設立 : 2007年8月17日

URL  : https://www.i-mobile.co.jp/

 

■本リリースに関するお問合せ

株式会社アイモバイル  

グリーンエネルギー事業部

Mail:[email protected]

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください