デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現

0
222
デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現のメイン画像

顧客のより豊かな滞在時間をめざす

ボールドライト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮本章弘、以下、ボールドライト)は、レジャー業界において「デジタルパークマップ」を基盤とするDX化を推進しており、顧客利便性向上、園内周遊促進を目的にデジタルフロアマップ・プラットフォーム「メタマップ(Metamap)」を八ヶ岳南麓 清里の複合観光施設である「萌木の村」に導入いただき、4月12日(水)より運用が開始されましたのでお知らせします。

デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現のサブ画像1_「萌木の村」 メタマップ表示画面「萌木の村」 メタマップ表示画面

  • 萌木の村について

八ヶ岳南麓の清里高原で1977年に誕生した「萌木の村(もえぎのむら)」は、約1万坪の敷地内に、ホテル、レストラン、ビール醸造所、各種ショップや工房、メリーゴーラウンド、オルゴール博物館などが点在する複合観光施設です。清里の原風景が広がる標高1,200m超の敷地で、2012年からはランドスケープデザイナー、ポール・スミザー(Paul Smither)氏監修のもと、10年の歳月をかけ、700種超の植物が育つ「ナチュラルガーデンズMOEGI」が整備されました。四季折々の美しい風景を堪能することができます。

  • 課題と導入効果

萌木の村では、従来PDFのマップをHPへ掲載しており、WEB上でマップを確認する場合はそちらをスマートフォンで閲覧する形式でした。PDFマップによる一元的な掲載方法では、自分がどこにいるのかわからない、営業スケジュール等の細かい変更が難しい、スペースが限られているため写真や文章等の情報掲載もままならず、案内や魅力訴求が十分にできていないという課題がありました。

デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現のサブ画像2_萌木の村 PDFマップ萌木の村 PDFマップ

DXプラットフォーム「メタマップ」を導入いただいたことで、来訪者は自分がマップ上のどこにいるのかを即座に把握でき、目的地までの最適な経路を検索できます。また、PDFや紙のマップでは難しかった営業スケジュール等一時的な変更の対応やイベント時のスポット追加も、管理画面からいつでも簡単に行うことができます。一元的なマップではスペースが限られており各施設の情報をほとんど掲載できなかったのが、複数の写真や豊富な文字数で紹介文を掲載できるようになりました。加えて電話番号、URL、休業日といった基本情報や備考欄等、項目ごとに掲載が可能で、各施設の魅力や最新情報を見やすくわかりやすい形で発信でき、来訪者満足度向上に貢献します。

「メタマップ」ではダッシュボード(管理画面)上でデータ閲覧・分析が可能で、課題の解決に対するお客様の反応について確認できる点も強みです。

デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現のサブ画像3

デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現のサブ画像4_萌木の村 メタマップ萌木の村 メタマップ

  • ご担当者様のコメント

地図イラストに関するリクエストやご相談に細かくご対応いただき、スムーズに、かつ弊社で考えている通りのデジタルマップを完成させることができたと、大変感謝しております。各施設からも大変好評で、たとえばピクトグラム等で「ワンちゃんOK」と表示するだけでなく、「抱っこ、またはワンちゃんカートでしたら入店OKです」等、備考欄にちょっとした補足情報を入力できたりするなど、全体的に柔軟な対応ができることも喜ばれています。

今後は萌木の村を訪れたお客様に利便性をご提供するという目的を超えて、「より豊かな滞在時間を過ごしていただく」ため、本サービスを活用していきたいと考えています。たとえばワンちゃん連れのお客様向けのカテゴリを作ってみるなど、マップを使った新しいコンテンツ企画の表現にも取り組んでみたいと考えています。

  • 「メタマップ」とは

「メタマップ」は、Google Mapsなどの従来サービスでは表現できなかった、テーマパークなどの商業施設内部のマップ(パークマップ)をデジタル化できるサービスです。また、メタマップには、混雑情報・予約・決済・クーポン、スタンプラリーなどの機能が統合されており、必要な時に必要な機能だけを利用可能なオンデマンド型デジタルマップ・プラットフォームとして提供しております。

デジタルパークマップ「メタマップ」、八ヶ岳南麓の観光施設「萌木の村」が導入!顧客利便性向上を実現のサブ画像5

未だ多くの施設は、広大な敷地に点在する各施設の位置や詳細情報を、紙地図(または紙地図をPDF化したもの)で表現されています。紙地図は、情報鮮度が低く、掲載情報量にも限界がある上に、印刷コスト(製作・製造・輸送・保管・廃棄)もかかります。また、来訪者視点では知りたい情報を自分の目で探す以外の方法がなく、時間と手間がかかるという課題があります。
「メタマップ」は、これら課題をデジタルテクノロジーで解決し、運営者と来訪者の両者に導入価値が得られるように開発しました。メタマップは、WEBブラウザ上で閲覧可能で、情報は管理画面を通じて即座に変更可能です。スタンプラリーやクーポンも全て同一の管理画面から制御することができるため、管理オペレーションを効率化できます。

  • メタマップ今後の展開

ボールドライトは、2019年に観光DXプラットフォーム「プラチナマップ」の提供を開始し、すでに500以上の全国地方自治体・観光・交通関連事業者に導入されています。プラチナマップの技術を基盤に階層制御技術、施設内経路検索技術、グラッフィックス管理機構、新しいインタフェースを開発し、商業施設向けDXソリューションとして「メタマップ」を開発し、2022年12月より提供を開始しております。今後、利用者の体験向上と運営者の管理コスト削減及び回遊率・購買率向上を目指し、新機能を順次開発・提供予定です。2023年から2025年にかけ、顧客管理機構(CRM)、リテールテイメント関連機能、AIカメラ連携、電子棚札連携、高精度な屋内測位技術、決済機能の提供を予定しております。

【 提供形態 】
・SaaS型Webアプリケーションサービス
【 提供価格 】
・ 月額48,500円〜(税別)
【 公式サイト 】
https://floormap.digital/

  • デジタルパークマップ導入費完全無料キャンペーン

ゴールデンウィークに向け、レジャー施設様を対象に「メタマップ」の導入費用を完全無償とする特別キャンペーンを実施します。デジタルパークマップの導入に悩まれていた方は、本キャンペーンをぜひご活用下さい。対象5社が決まり次第、キャンペーン終了となりますので予めご了承下さい。

・内容:「メタマップ」導入時に発生する導入費用が無償となります。
・対象:レジャー施設を運営されている企業様、かつ初回お申し込み
・募集社数:限定5社
・募集期間:2023年4月13日(木)〜2023年5月31日(水)

詳細は公式サイトよりお問い合わせください。

会社概要
社名:ボールドライト株式会社
事業内容:観光DX関連事業、商業施設DX関連事業、システム及びソフトウェア開発事業、
ビジネスコンサルティング事業、デジタルマーケティング事業
設立年月日:2019 年4 月3 日
WEB サイト:https://boldright.co.jp

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください