エネチェンジ、秋田県湯沢市とEV普通充電設備の普及に向けた連携協定を締結

0
194
エネチェンジ、秋田県湯沢市とEV普通充電設備の普及に向けた連携協定を締結のメイン画像

ENECHANGE(エネチェンジ)株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役CEO:城口洋平)は、秋田県湯沢市と「湯沢市内のEV普通充電設備の普及に向けた連携協定」を締結したことをお知らせします。湯沢市の地域社会の発展とEV充電インフラの構築及びゼロカーボンシティの実現に向けた支援をしてまいります。

エネチェンジ、秋田県湯沢市とEV普通充電設備の普及に向けた連携協定を締結のサブ画像1_連携協定締結式の様子 右:湯沢市長 佐藤一夫 左:ENECHANGE株式会社EV充電サービス事業部執行役員 内藤義久連携協定締結式の様子 右:湯沢市長 佐藤一夫 左:ENECHANGE株式会社EV充電サービス事業部執行役員 内藤義久

  • 連携協定の背景

政府が2035年までに乗用車新車販売における電動車の比率を100%とする目標を掲げていることを背景に、エネチェンジは、2027年までに最大300億円を投じ、国内で3万台のEV普通充電器の設置を目標に掲げています。なかでも、移動のために利用した電気の一部を継ぎ足して充電できる目的地充電に注目し、滞在時間が2~3時間以上となる商業施設、レジャー施設、宿泊施設やゴルフ場などへ、6kW普通充電器の設置を積極的に進めています。

ゼロカーボンシティ宣言を行っている秋田県湯沢市は、低炭素型次世代交通の普及促進を重点施策の⼀つとして位置づけています。EVの普及に不可⽋な充電インフラ整備の一環として、株式会社e-Mobility Powerと連携協定を結び、急速充電器の普及・促進を目指してきました。この度、市所有の滞在型施設等へ、EV充電エネチェンジの設置を進めることで、EVユーザーの利便性向上を図り、市民へのEV普及を推進してまいります。

  • 連携協定の内容

1.クリーンエネルギーと電気自動車の普及促進に関すること

2.EV充電インフラの向上に関すること

3.観光振興や産業振興など地域経済の発展に関すること

4.環境の保全及び脱炭素社会の実現に関すること

5.災害時におけるEV普通充電インフラの提供に関すること

  • 公共施設へ導入台数No.1(※)のEV充電エネチェンジの導入

エネチェンジは湯沢市のスポーツ施設・文化施設・観光施設などに対し、導入台数No.1の6kW普通充電設備であるEV充電エネチェンジを導入し順次設置してまいります。また、2026年開設予定の湯沢駅周辺の複合施設への導入など、市内の充電インフラを計画的に構築してまいります。

※認証アプリ提供サービスでの、EV充電器(6kW)での設置台数(2023年5月時点、GoGoEV調べ)

≪利用概要≫

設置モデル:チャージ2

・認証タイプ:EV充電エネチェンジアプリ・充電カード

・出力最大6.0kW ※一般的な普通充電器(3.2kW)の倍速で充電可能

・コネクタ:Type1規格ですべてのEV、PHVで利用可能 ※テスラは変換アダプターが必要です。

・定格電圧:AC200V

・充電ケーブル長さ:約5m

エネチェンジ、秋田県湯沢市とEV普通充電設備の普及に向けた連携協定を締結のサブ画像2_EV充電エネチェンジ・チャージ2EV充電エネチェンジ・チャージ2

  • EV充電エネチェンジについて

設置も月額も費用0円から、導入や運用の手間を最小限に電気自動車向けの充電設備が導入ができるEV充電導入台数No.1のオールインワンサービスです。商業施設や宿泊施設など目的地となる場所への導入をはじめ、事業所やマンションなどへの導入も進んでいます。自治体と連携を図り地域の充電インフラ整備を推進するほか、担当者向けに定期的に情報発信をするなど、ゼロカーボンシティ実現に向けたサポートも行っています。EV充電エネチェンジは、EVドライバー向けサービスも充実。充電スポットの検索はもちろん、誰もがいつでも充電器を利用でき、月額費用なく使った分だけ料金をお支払いいただくシンプルさが魅力です。またe-Mobility Powerや各自動車会社が発行する充電カードが利用できるようになり、利便性がさらに高まりました。

EV充電エネチェンジウェブサイト:https://ev-charge.enechange.jp/

EV充電エネチェンジ自治体向けページ:https://ev-charge.enechange.jp/specials/jichitai/ 

X(旧twitter)公式アカウント:https://twitter.com/enechange_ev

  • ENECHANGE株式会社

ENECHANGE(エネチェンジ )は、「エネルギーの未来をつくる」をミッションに掲げ、脱炭素社会をデジタル技術で推進する脱炭素テック企業です。2015年創業、2020年東証マザーズ(現 東証グロース)に上場(証券コード4169)し、「エネルギーの4D(自由化・デジタル化・脱炭素化・分散化)」分野でのSaaS事業を中心に急成長を実現しています。当社のルーツは、自由化先進国のイギリス・ケンブリッジでの電力データ研究所にあり、エネルギーデータの解析技術とグローバルなネットワークが特徴です。

名称  :ENECHANGE株式会社 

所在地 :〒104-0031 東京都中央区京橋3−1−1 東京スクエアガーデンWeWork内14階

URL  :https://enechange.co.jp


■EV充電エネチェンジに関するお問い合わせ

ENECHANGE株式会社 EV充電サービス事業部

Mail:[email protected]

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください