ファンケルグループが「PRIDE指標2023」で最高位のゴールド賞を2年連続して受賞

0
711
ファンケルグループが「PRIDE指標2023」で最高位のゴールド賞を2年連続して受賞のメイン画像

ファンケルグループは、職場におけるLGBTQなどのセクシャル・マイノリティ(以下、LGBTQと表記)への取り組みに関する評価を指標に定めた「PRIDE指標2023」において、最高位のゴールド賞を2年連続で受賞しましたことをお知らせします。当受賞は11月7日(火)に開催された「work with Pride 2023」のカンファレンス内で発表されました。

ファンケルグループが「PRIDE指標2023」で最高位のゴールド賞を2年連続して受賞のサブ画像1

PRIDE指標とは、「企業等の枠組みを超えてLGBTQが働きやすい職場づくりを日本で実現する」ことを目的とした任意団体「work with Pride」による評価指標です。日本初の職場におけるLGBTQに関する取り組みを評価する指標で、2016年からは表彰制度がスタートしています。
PRIDE指標は、5つの指標でLGBTQへの施策を評価するもので、総合的にゴールド、シルバー、ブロンズの3段階で表彰されます。当グループは、すべての指標で高く評価され、2年連続で最高位のゴールド賞を受賞しました。
*「PRIDE指標」の詳細 https://workwithpride.jp/pride-i/

【各指標における当社の評価概要】

◆「Policy」(行動宣言)
・企業サイトで「ダイバーシティ&インクルージョン」における会社の姿勢を明言。
・従業員だけでなく、お取引先様のガイドラインにも、あらゆる差別の禁止を明言している。

◆「Representation」(当事者コミュニティ)
・従業員による「LGBTQアライ」を昨年設立し、約400人のLGBTQを理解・支援する人(アライメンバー)がいる。
・社内のイントラネットでLGBTQ専用相談窓口を公開しており、人事部のアライメンバーが秘密厳守の上、窓口担当を担っている。

◆「Inspiration」(啓発活動)
・経営層を対象としたトップマネジメント研修や全従業員対象のアンコンシャスバイアス研修の中で、「人権」や「ハラスメント」の項目を実施。
・管理職研修、新入社員研修、中途社員研修などで、ハラスメント防止研修やLGBTQの理解促進研修を実施。

◆「Development」(人事制度、プログラム)
・2022年4月に「パートナーシップ規程」を新設。事実婚や同性婚においても、法律婚と同様に育児休業、慶弔見舞金の支給など各種福利厚生制度を適用することで、従業員がより働きやすい環境を実現。

◆「Engagement/Empowerment」(社会貢献/渉外活動)
・2023年4月に代々木公園で開催された「東京レインボープライド2023 プライドフェスティバル」に初めて出展し、当社のアライ活動を紹介。
・グループの旗艦店であるファンケル 銀座スクエアにて、6月のプライド月間に合わせてレインボーカラーをテーマにした「あじさいガーデンイベント」を実施。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください