九州初!西日本最大級の遊園地「グリーンランド」がパークマップをデジタル化する「プラチナパーク」を導入

0
590
九州初!西日本最大級の遊園地「グリーンランド」がパークマップをデジタル化する「プラチナパーク」を導入のメイン画像

紙のパークマップ削減でSDGs推進、コスト削減を目指す

ボールドライト株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:宮本章弘、以下、ボールドライト)が提供するレジャー施設DXサービス「プラチナパーク」が、グリーンランドリゾート株式会社(本社:熊本県荒尾市、代表取締役社長:松野隆徳)が運営する西日本最大級の遊園地「グリーンランド」に、九州で初めて導入されました。業務効率化、顧客満足度向上、紙のコスト削減、SDGsの推進を目的に、従来の紙のパークマップをデジタル化してスマートフォンなどで閲覧できるようにするもので、リアルタイムなアトラクションの運休情報、待ち時間や現在地の表示、各施設やイベント情報の発信、目的地の検索などが行えるようになります。

九州初!西日本最大級の遊園地「グリーンランド」がパークマップをデジタル化する「プラチナパーク」を導入のサブ画像1_「グリーンランド」プラチナパーク画面「グリーンランド」プラチナパーク画面

  • 「グリーンランド」概要

熊本県荒尾市にある「グリーンランド」は敷地面積約55万㎡と西日本最大級の広さを誇る遊園地です。高さ105mの大観覧車や、九州最大級の長さのローラーコースター「恐竜コースターGAO」、九州初の吊り下げ式コースター「グランパスジェット」など、70機種以上のアトラクションがあり、その数は日本一です。年間約300万人を集客する一大リゾート「グリーンランドリゾート」内にあり、2つのオフィシャルホテル、ゴルフコース、ボウリング&アミューズメント施設などが併設されています。

  • 業務効率化・顧客満足度向上に向けたDX化

来園者は、混雑しているときほど、人混みで自分がどこにいるのかわかりづらく、近くにいるスタッフに行きたい施設について尋ねるという事象が発生していました。スタッフは忙しくて対応しきれないときほど、「今自分がどこにいるのか」「トイレや喫煙所はどこか」など、来園者の方々から尋ねられるということが課題でした。

スタッフとのコミュニケーションもパーク体験の一つではあるものの、デジタル化することで、ある程度はお客様自身で解決いただける仕組みを提供し、スタッフがその他のサービスに時間を費やせるようにすることで、お客様満足度向上と業務効率化を両立させる目的で導入いただきました。

九州初!西日本最大級の遊園地「グリーンランド」がパークマップをデジタル化する「プラチナパーク」を導入のサブ画像2_紙のパークマップ紙のパークマップ

  • 紙のパークマップ削減を目指す

紙のコスト削減とSDGs推進も今回の導入にあたりポイントとなる課題でした。紙のパークマップは大判サイズ、両面カラーで季節ごと、イベントごとに作成するため費用がかさんでおり、削減が必要でした。デジタルマップの導入により、広大な敷地内にある約100の施設について、それぞれの施設の対象年齢、利用制限、雨天利用の不可など多元的な情報を一つの画面上で表示でき、スマートフォン一つで園内を回ることができます。紙のメリットもあるため100%デジタル化はしないものの、紙のパークマップについて削減する目標で今回デジタルマップを導入しました。ペーパーレス化に取り組むことで、紙の消費量・廃棄物を減らして資源を守りSDGsの目標にも貢献します。

九州初!西日本最大級の遊園地「グリーンランド」がパークマップをデジタル化する「プラチナパーク」を導入のサブ画像3

  • ご担当者様 コメント

管理運用のしやすさ、オリジナリティを表現できるUI、現実的な費用感から導入を決定しました。導入前に解決したかった課題に関しては、全て期待通り解決できそうです。お客様にご案内した際も、「これは便利だね」とご好評いただけています。お客様にデジタルマップをご案内するキャンペーンとして、本システム上でデジタルスタンプラリーを開催していることもあり、スムーズにご利用いただけていると感じています。
今後はさらに、デジタルマップならではのコミュニケーションを発生させるようなコンテンツ、例えばアトラクションに乗った数によるお客様ランキング、ルート登録などが実現できれば、新たなパーク体験につながるのではと期待しています。

―グリーンランドリゾート株式会社 遊園地事業部 武田様

  • プラチナパークについて

レジャー施設の課題である体験価値の向上と収益最大化を目的に、ボールドライトが開発したレジャー施設向けのデジタルパークマップ・プラットフォームです。パークマップをデジタル化した上で、混雑状況、待ち時間の可視化、目的地への経路検索などレジャー施設DXに必要な機能をすべて統合しました。グラフィックを活用した柔軟かつ多彩な表現でパークの世界観を演出できます。顧客満足度の向上、ファンやリピーターの獲得、業務効率化に貢献します。加えて、回遊施策として、混雑状況に応じたダイナミックプライシングに基づくプライオリティチケットシステムやデジタルスタンプラリーなどが利用可能で、来園者の体験価値を向上させることができます。
今後も遊園地などのレジャー施設の魅力を高めるべく、各アトラクションとの連携によるリピーター獲得や施設経営改善のための様々な仕組みを構築してまいります。

プラチナパーク公式サイト
https://parkmap.digital
グリーンランド公式サイト
https://www.greenland.co.jp/park/
グリーンランド(デジタルパークマップ)
https://platinumaps.jp/d/greenland-park

会社概要
社名:ボールドライト株式会社
事業内容:観光DX関連事業、商業施設DX関連事業、レジャー施設DX関連事業、
システム及びソフトウェア開発事業、ビジネスコンサルティング事業、デジタルマーケティング事業
設立年月日:2019 年4 月3 日
WEB サイト:https://boldright.co.jp

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください