リサイクルサービス「ParallelPlastics(パラレルプラスティックス)」エコプロ2023に出展

モバイルアクセサリーブランド「iFace(アイフェイス)」、韓国コスメ「ByUR(バイユア)」などを展開するHamee(ハミィ)株式会社(本社:神奈川県小田原市、代表取締役社長:水島 育大、証券コード:東証スタンダード3134、以下Hamee)が運営するリサイクルサービス「ParallelPlastics(パラレルプラスティックス)」は、2023年12月6日~12月8日まで東京ビッグサイトで開催される「エコプロ2023」に出展します。

リサイクルサービス「ParallelPlastics(パラレルプラスティックス)」エコプロ2023に出展のサブ画像1

■背景

Hameeグループは、スマートフォンアクセサリーの製造・販売を行うメーカー事業や、ECプラットフォーム事業を通じて​​40,000店を超える店舗にサービスを提供しています。これらの事業を展開する中、製造や輸送過程で発生する不良品や、売れ残り倉庫に保管されている余剰在庫の大量発生を業界課題として捉えています。

こうした課題解決のために、2023年5月から不要なプラスチック製品や材料を新たに「つかうプロダクト」に生まれ変わらせるサービス「ParallelPlastics(パラレルプラスティックス)」をスタートしました。

 

■エコプロ2023 概要( URL:https://messe.nikkei.co.jp/eco-pro/

「エコプロ」は、環境問題対策とSDGs達成を目指す総合展示会で、新技術やサステナブルな製品・サービスが紹介される場です。展示会は、ビジネスパートナーシップの形成、社会課題への取り組みの可視化、そして主に若者やZ世代との情報共有と交流を促進します。

■ParallelPlastics 概要( URL:https://www.parallelplastics.net/

ParallelPlasticsは、型落ちで売れなくなってしまった商品、製造工程で発生する端材プラスチックなどの色や組成の違うプラスチックを混ぜて美しいマテリアルへと変化させる、エネルギーとコストを節約したリサイクルプラスチックサービスです。

リサイクルサービス「ParallelPlastics(パラレルプラスティックス)」エコプロ2023に出展のサブ画像2_天然石のような美しい模様のリサイクルプラスチック天然石のような美しい模様のリサイクルプラスチック

バージンプラスチックは使用せず100%リサイクルプラスチックでプロダクトを生産しています。通常、回収されたプラスチックは、分別、洗浄されて一度ペレットに戻してから、バージンプラスチックと呼ばれる新しいプラスチックをさらに足すことで強度を補完して再利用されていますが、ParallelPlasticsはもとのプラスチックに戻すのではなく、リサイクルプラスチックとしての美しさ、在り方をデザインして100%リサイクルすることで生まれるテクスチャを活かす方法を考えます。コストやエネルギーの削減につながるだけでなく、従来の方法よりリサイクルしやすい点が特長です。

リサイクルサービス「ParallelPlastics(パラレルプラスティックス)」エコプロ2023に出展のサブ画像3_100%リサイクルプラスチックで作ったマグネット100%リサイクルプラスチックで作ったマグネット

■サービスお申し込み先

URL:https://www.parallelplastics.net/

プラスチック製品の不良品や余剰在庫の利活用をご検討されている企業様はWEBサイトからご相談ください。
 

【サービス紹介記事】

素材の美しさを活かした、もうひとつのリサイクルプラスチック「ParallelPlastics」とは?

https://note.com/hamee_831_/n/n5d3ba3b99a18

 

■Hamee(ハミィ)株式会社 概要 (URL:https://hamee.co.jp

会社名  :Hamee株式会社 (東証スタンダード 証券コード: 3134 )

設立   : 1998年5月

代表者  : 代表取締役社長 水島 育大

所在地  : 神奈川県小田原市栄町2-12-10 Square O2

事業内容 :EC支援・SaaS事業、スマートフォンアクセサリーの開発・製造事業、

               米国・中国・韓国におけるEC展開

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事