鮭の魅力、岩手の海の豊かさ・大切さを小学生が発信!「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手」子供たちのポスターがオリジナルパッケージに!

0
47
鮭の魅力、岩手の海の豊かさ・大切さを小学生が発信!「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手」子供たちのポスターがオリジナルパッケージに!のメイン画像

鮭の魅力、岩手の海の豊かさ・大切さを小学生が発信!「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手」子供たちのポスターがオリジナルパッケージに! | 海と日本プロジェクト広報事務局のプレスリリースhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000002525.000077920.html“/>https://prcdn.freetls.fastly.net/release_image/77920/2525/77920-2525-2cad9828e4bb03a6286b774e6d07f4a3-582×436.jpg?format=jpeg&auto=webp&fit=bounds&width=1200&height=630“/>

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES

  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

https://prtimes.jp/data/corp/77920/tmp-a56c916a481df8b9bb94bed21138da9a-38ef6e1f1c39974a169a3194cca4eeba.jpg” alt=”” class=”css-1ias2o0″/>

海と日本プロジェクト広報事務局


会社概要

鮭の魅力、岩手の海の豊かさ・大切さを小学生が発信!「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手」子供たちのポスターがオリジナルパッケージに!

  • イベント概要

・開催概要:岩手県花巻市内で「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手 特別パッケージ」の販売会を実施

・日  程:2024年3月10日(日)

・開催場所:岩手県花巻市「酒蔵まつり冬の陣2024」会場内

・協力団体:公友館俺っ家

  • 「いわてマリンキッズプロジェクト」の参加者が鮭の魅力・岩手の海の学びを発信! 

日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として実施した小学生の海の体験学習「いわてマリンキッズプロジェクトin釜石2023」との連携企画で作られた「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手 特別パッケージ」の販売会を実施しました。

「いわてマリンキッズプロジェクトin釜石」は2023年7月26日(水)~27日(木)に岩手県釜石市内で開催した、小学5・6年生を対象とした「サケ」と岩手の海について学ぶ体験学習イベントです。「サケ」は岩手県が全国でも有数の漁獲量を誇りますが、ここ数年、漁獲量が激減しています。「いわてマリンキッズプロジェクトin釜石」は、この「海の変化」に対する原因・課題を探り、その対策としてふ化事業や養殖事業の現場でどのような取り組みが行われているのかを学び、子どもたちのこれからのアクションにつなげていくことを目的として開催しました。

その体験学習の中で学びのまとめとして作成したポスターをパッケージに印刷したものが「『紅葉漬』俺っ家×海と日本プロジェクトin岩手 特別パッケージ」です。陸前高田市の飲食店「公友館俺っ家」と連携し、サケとイクラを醬油漬けにした「紅葉漬」を、参加した児童22人が制作したポスターを使用して全11種類のオリジナルパッケージとして販売しました。

会場内のブースでは「いわてマリンキッズプロジェクトin釜石」に参加した子ども達がサケや岩手の海について学んだことを、来場者に伝えました。来場者は「紅葉漬」を手に取りながら、子ども達の話に耳を傾け、岩手の海に想いを馳せていました。

  • 参加した子ども・保護者からの声

<参加した児童>

・海を守るためにそれぞれが出来ることを考えるきっかけになると良いと思った。

・自分たちの手掛けた商品を売り、販売することの大変さも知った。

・これからも海に興味をもって、海をきれいに保っていきたい。

<保護者>

・子どもの学びや描いた絵が商品化されて嬉しい。多くの人に子どもたちのメッセージが伝わって欲しい。

・子どもに貴重な体験をさせることができ、良い思い出になった。

<団体概要>

団体名称 :(一社)海と日本プロジェクトin岩手

URL :https://iwate.uminohi.jp/

活動内容:県民と海のつながりを深めていくために、次世代を担う子どもたちや若者を中心に海への好奇心をもち、行動を起こす運動を推進。

 

日本財団「海と日本プロジェクト」

さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

https://uminohi.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください