【産学連携/新サービス開発】地域を活かす”新たな旅体験” -『デジタルツーリズム』共同研究・開発プロジェクト始動

0
832
【産学連携/新サービス開発】地域を活かす"新たな旅体験" -『デジタルツーリズム』共同研究・開発プロジェクト始動のメイン画像

"名古屋芸術大学 x 地域企業 x 鯱バス"の3者コラボで『地域観光資源』を『デジタル』で愉しむ全く新しいサービスの立ち上げを目指します。

名古屋で貸切バス、バスツアー等を営む鯱バス株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表:宇津木 滋)、東海地域の芸術系総合大学 名古屋芸術大学および地元愛知の有望観光資源を有する地域企業3社は、コロナ禍で沈む地域観光業の持続的発展を目指すため、共同で地域の観光資源を活用した『デジタル(オンライン)ツーリズム』の研究・開発を行う産学連携プロジェクトを2021年10月開始いたします。

<参画する地域企業3社>
● 知多半島の海の味覚を作り続けて70年以上。株式会社えびせんべいの里(本社:愛知県美浜町、代表:白藤 嘉康)
● 製造業ながら、観光農園KingFarmを事業展開する大野精工株式会社(本社:愛知県西尾市、代表:大野 龍太郎)
● 江戸時代から味噌造りの秘伝を継承する株式会社まるや八丁味噌(本社:愛知県岡崎市、代表:浅井 信太郎)

 

【産学連携/新サービス開発】地域を活かすデジタルツーリズム/コラボレーションスキーム

【デジタルツーリズム/コンセプトテーマ】
[1] 次代の成長戦略としての本格的な『デジタルサービス』

 – コロナ禍で加速するデジタル社会の本質を見極め、単なるリアルツーリズム(現実の観光)の置き換えではない、本格的なビジネスとして持続展開可能なデジタルサービスの企画・開発を目指す。

[2] 自らルーツとともに発展を目指す『マイクロツーリズム』
 – 地元に根差す法人(企業・学校)として、コロナ禍でダメージの大きい地域サービス業の再発展の礎となるよう、デジタルでもローカルに徹底的にこだわったデジタルxマイクロツーリズムの企画・開発を目指す。

[3] 愛知・名古屋の魅力を最大化する『インダストリアルツーリズム』
 – 産業観光はツーリズムの有力な最新トレンド。そして、愛知県は全国屈指の産業(製造業・農業)県。産業の魅力をデジタルならではの技法で最大化するデジタルxインダストリアルツーリズムの企画・開発を目指す。

[+α] SDGs(持続可能な開発目標)とともに
– グローバルに大きなダメージを受けた「地域サービス業の再生」は、SDGsの目標そのものに叶うもの。当プロジェクトでは、「9,11,17」の目標を掲げ、革新的なサービス創出と持続的な地域創生に資することを目指します。

【産学連携/新サービス開発】地域を活かすデジタルツーリズム/コンセプトテーマ

【プロジェクト期間】
2021年10月~2022年3月(予定)
※2022年4月以後、テストマーケティング(試行販売)を計画中

□□□ 会社概要 □□□
会社名      : 鯱バス株式会社
所在地      : 〒457-0819 愛知県名古屋市南区滝春町1-80
事業概要   : 貸切バス事業/特定バス・送迎バス事業/旅行事業/自動車整備事業
会社サイト  : https://www.shachi-bus.co.jp/

□□□ 大学概要 □□□
大学名     : 学校法人 名古屋自由学院 名古屋芸術大学
所在地     : 〒481-8535 愛知県北名古屋市徳重西沼65[西キャンパス]
大学概要 : 音楽、美術、デザイン、芸術教養を学ぶ芸術学部と人間発達学部
                 および各大学院研究科を併設した芸術系総合大学
大学サイト : https://www.nua.ac.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください