実は農漁業が盛んな街、神戸!神戸の「食」や「農漁業」を楽しみながら学ぶ『食都神戸DAY・FARM to FORK 2021』を開催

料理家の高山なおみさんや、環境活動家の岡本よりたかさんをはじめとするゲストを招いたトーク・音楽ライブ、ワークショップや地産の食を楽しめる秋の2日間

 一般財団法人神戸観光局(所在地:神戸市中央区)は、2021年10月30日(土)、10月31日(日)に、神戸の「食」や「農漁業」を楽しみながら学ぶイベント『食都神戸DAY・FARM to FORK 2021』(主催:神戸市、食都神戸運営共同事業体)を開催することをお知らせします。

実は農漁業が盛んな街、神戸!神戸の「食」や「農漁業」を楽しみながら学ぶ『食都神戸DAY・FARM to FORK 2021』を開催のサブ画像1

  • 神戸は農漁業が盛んな街!地産地消のライフスタイルを目指す「食都神戸」の取り組み

 神戸市は、山と海に囲まれており、北区・西区の農業地域や、南部に広がる瀬戸内海などで豊かな農水産物が生産されています。都会のイメージが強い神戸市ですが、気候が温暖で潮流が速い瀬戸内海では、多種多様な漁船漁業と養殖業がバランスよく営まれ、新鮮で美味しい魚介類が豊富にとれます。また、神戸市の面積の約6割は市街化調整区域(都市化しない地域)であり、その1/2(つまり市域全体の約3割)は農村となっています。100万人を超える政令指定都市の中で最も農業産出額が多く(2015年現在)、都会でありながらも農業が盛んです。

市では、このポテンシャルを活用し、2015年から世界に注目される食文化の都「食都神戸」の構築をすすめ、これまで6年間、安心で豊かな地産地消を推進するため、様々な「食・農・漁業」にかかわる活動を続けてきました。神戸の豊かな自然で育った「農水産物」や「食」を身近に感じていただける機会を創出し、地産池消のライフスタイル化をすすめています。

  • 農地と都市の “心の距離”を近づけるお祭り『食都神戸DAY・FARM to FORK』を開催

 また、10月・11月を「神戸の食文化を考える月間」と釘打ち、地産地消を通じて農村と都市の“心の距離“を近づけるお祭り「FARM(農地)to FORK(食卓)」を、平成27年度から毎年開催しています。初めて海辺での開催となる今年は、「みんなで守り育てよう!神戸の海、山、田畑」をテーマに、料理家の高山なおみさんや、環境活動家の岡本よりたかさんをはじめとするゲストを招いたトーク・音楽ライブ、ワークショップや、地産の食を楽しめる2日間のイベントを実施します。神戸で農業や漁業がさかんであることを知らない方にも、地産地消のライフスタイルを感じていただける内容です。農地と都市の”心の距離“を近づけることで、農業、漁業が神戸の街にとけこむような未来を目指します。

<開催概要>
【日程】2021年10月30日(土)10:00~17:00/31日(日)10:00~15:00 
【会場】JR 須磨駅南側 ・ 海岸
【主な内容】
・「みんなで守り育てよう!神戸の海、山、田畑」をテーマにゲストを招いたトー ク
 (料理家・高山なおみさんや、環境活動家・岡本よりたかさんなど)
・ 絵本画家によるライブペインティング や、ローカルミュージシャンによる音楽ライブ
・六甲山間伐材を使ったカホン(打楽器)づくりワークショップ
・ 茅葺にふれるワークショップ 等
・ 地産の食が大集合!ファーマーズマーケット同時開催 (両日とも 10 時~15時)
 ※雨天時は、トークイベントの一部をオンラインで配信予定
【参加料】無料
【公式HP】https://sites.google.com/view/farmtofork2021/

  • 主催者の想い

神戸らしい地産地消運動の継続を目指して
 神戸は都会のイメージがありますが、実は農業や漁業も盛んです。しかし、都市部の市民にはそのことがほとんど知られていなかったため、2015年から中心地にある公園で、生産者と市民が交流できる「ファーマーズマーケット」を始めました。6年間、毎週続けることで、農村と都市の“心の距離”が近くなったと感じています。
この「ファーマーズマーケット」が、暮らしの中の「インフラ」になることを目指し、食の根本への意識が高まればと考えています。また、海、畑から食卓までが繋がることで、神戸らしい地産地消が根付き、観光客や移住者の増加にも繋がることを目指しています。
(一般社団法人 KOBE FARMERS MARKET 代表理事 小泉寛明さん)

  • 『食都神戸』のこれまでの具体的な取り組み

「ファーマーズマーケット」「ファームスタンド」
2015年から始まった、毎週土曜の朝に東遊園地で開催している朝市。地元生産者が出店し、市民が買い物客として訪れることで、生産者と市民の交流が生まれました。マーケットのリアルショップ「ファームスタンド」は毎日営業しています。

実は農漁業が盛んな街、神戸!神戸の「食」や「農漁業」を楽しみながら学ぶ『食都神戸DAY・FARM to FORK 2021』を開催のサブ画像2

「ファームビジット(農漁業体験)」
都市部と農漁業地域が近い特性を生かして、市民が農業や漁業体験を行います。

実は農漁業が盛んな街、神戸!神戸の「食」や「農漁業」を楽しみながら学ぶ『食都神戸DAY・FARM to FORK 2021』を開催のサブ画像3

「アーバンファーミング」
都市のビルの屋上やベランダ、空き地などを利用し、都市の中心地で農業を行う取り組みです。農業への関心を高めるだけでなく、市民同士のコミュニティづくりにもつながっています。また、神戸で問題になっている「空き地・空き家」の有効活用や、流通コストの削減、新規就農者の育成など、結果的にまちの課題の解決につながることも期待されています。実際に、南京町(中華街)のビルの屋上や、異人館が立ち並ぶ住宅地の路地裏で、アーバンファーミングを行っています。

実は農漁業が盛んな街、神戸!神戸の「食」や「農漁業」を楽しみながら学ぶ『食都神戸DAY・FARM to FORK 2021』を開催のサブ画像4

  • 新型コロナウイルス感染防止対策について

・来場者の健康・安全のため、感染拡大防止対策やソーシャルディスタンス確保を促す取組を行います。
・来場できない方に向けて、 インスタグラムによるライブ配信を行います。
・感染拡大の状況に応じて、開催自粛や内容変更の可能性があります。
・風邪のような症状がある方、体調不良、発熱、咳などの症状がある方は、ご来場をお控えくださいますようお願いします。
・マスクの着用をお願いします。

  • 本件に関するお問い合わせ

神戸市事業・イベント案内センター
TEL:0570-083330または 078-333-3372(※年中無休 8:00-21:00)
FARM to FORK特設サイト:https://sites.google.com/view/farmtofork2021/

食都神戸
公式HP    :https://www.gastropoliskobe.org/
公式Facebook :https://www.facebook.com/gastropoliskobe/
公式Instagram : https://www.instagram.com/gastropoliskobe/?hl=ja

EAT LOCAL KOBE
公式HP      :http://eatlocalkobe.org/
公式Facebook  :https://www.facebook.com/eatlocalkobe
公式Instagram :https://www.instagram.com/eatlocalkobe/

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事