「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施

0
789
「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のメイン画像
NECネッツエスアイ株式会社(以下NECネッツエスアイ)、NESIC陸上養殖株式会社(以下NESIC陸上養殖)、ネッツフォレスト陸上養殖株式会社(以下ネッツフォレスト)は、共同で循環式陸上養殖の事業化を推進しており、この度NECネッツエスアイグループ初の大規模商用施設となる「富士・桂川ファクトリー」の起工式を7月7日に執り行いました。

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像1

 「富士・桂川ファクトリー」は、最新の陸上養殖技術とNECネッツエスアイのICT/デジタル技術を融合することにより、安心・安全で高品質なサーモンの安定的生産を可能にする、サステイナブルな陸上養殖施設として建設を予定しております。本陸上養殖施設での雇用や生産されたサーモンの販売を通じて山梨県の地域経済へ貢献をはかると共に、本施設をモデルファクトリーとして国内外に展開することにより、海洋環境の保全と食糧問題といった世界的な社会課題の解決にも貢献してまいります。
 NECネッツエスアイグループでは今後「富士・桂川ファクトリー」をモデルとしたフランチャイズ方式で、循環式陸上養殖場を日本・世界に拡大していく計画です。

 NECネッツエスアイグループでは、成長戦略の1つとしてデジタルソリューションに注力すると共に、長期的視点に立ったビジネスモデルの変革に挑戦しています。本陸上養殖事業は、パートナーとの『共創』と『デジタル技術』を活用し、バリューチェーンの対応領域を、既存のICT領域から、さらにその先の付加価値領域まで取り込み・拡張するという、新たなビジネスモデルへのイノベーションを目指した戦略の一環です。
NECネッツエスアイグループでは、陸上養殖事業のみならず、当社のICT/デジタル技術と様々な分野におけるパートナーとの共創を進めていき、日本のみならず世界が直面する多くの社会課題の解決にパートナーとのイノベーションで貢献してまいります。

■富士・桂川ファクトリーについて
・建設地:西桂町倉見地区
・建屋:約4000㎡(延床面積)
・導入設備:循環式陸上養殖システム
・生産魚種:サーモン
・生産量:500t/年(フル生産時)
・スケジュール:
 -2021年3月 土地造成工事着工
 -2021年7月 建屋・プラント設備着工
 -2022年9月 竣工予定
 -2023年秋 出荷開始予定

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像2

■起工式について
・日時:2021年7月7日 午前10:00〜11:00
・会場:山梨県南都留郡西桂町倉見字下倉沢(富士・桂川ファクトリー予定地)
・主な参加者:渡邊山梨県副知事、山崎西桂町町長、設計・施工関係者他

■NESIC陸上養殖株式会社 概要

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像3

・所在地:山梨県南都留郡西桂町
・代表者:新野 哲二郎
・設立年月:2019年8月
・事業内容:陸上養殖によるサーモンの生産

■ネッツフォレスト陸上養殖株式会社 概要

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像4

・所在地:東京都文京区
・代表者:貴田 剛
・設立年月:2019年8月
・事業内容:フランチャイズによる陸上養殖事業パッケージの展開
フランチャイズパートナーの生産するサーモンの販売

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

NECネッツエスアイのマテリアリティ

当社は、社会の持続的発展への貢献と自社の持続的な成長の実現のために重要な6つの取り組みをマテリアリティとして特定し、「コミュニケーションで創る包括的で持続可能な社会」の実現を目指しています。

関連URL

https://www.nesic.co.jp/csr/materiality.html

SDGs(持続可能な開発目標)への貢献​
 SDGsとは、「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のため、国連で採択された2030年を年限とした17の国際目標です。NECネッツエスアイグループでは、「コミュニケーションの創出による価値提供」を通じて、世界中の人々が安心・安全で豊かに暮らせる社会の実現をめざし、SDGsの目標達成に貢献してまいります。

本件の貢献項目

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像5

関連URL
NECネッツエスアイ SDGsへの取組み
https://www.nesic.co.jp/csr/nesicgroupsdgs.html

国際連合広報センター
https://www.unic.or.jp/activities/economic_social_development/sustainable_development/2030agenda/

 

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像6

<本件に関するお客様からの問い合わせ先>
ネッツフォレスト陸上養殖株式会社
E-Mail:[email protected]

<本件に関するメディア関係からの問い合わせ先>
NECネッツエスアイ株式会社
コーポレートコミュニケーション部 広報・広告グループ
電話:(03)6699-7004
E-Mail: [email protected]

※以下、補足資料です

■富士・桂川ファクトリーに導入する循環式陸上養殖システム
 海や湖沼などの天然の養殖環境が存在しない陸上に、養殖場を建設しクリーンな地下水を建物内で循環させて魚を育成する養殖システムです。異常気象や季節といった環境の変化や寄生虫や病原菌の心配もなく安定した養殖が可能となるため、年間を通じて安全・安心で美味しいサーモンを消費者に届けることができます。循環式陸上養殖は、養殖適地の不足・海洋汚染などの環境問題といった既存の養殖業が抱える問題を解決するサステイナブルな養殖手法として注目されています。

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像7

■本事業の体制
 NECネッツエスアイは、循環式陸上養殖事業への参入とイノベーションの実現に向け、日本におけるサーモン養殖の第一人者であり、最大の陸上養殖事業者でもある株式会社林養魚場(本社:福島県西白河郡、代表取締役:林総一郎、以下 林養魚場)とのパートナーシップを2019年8月に締結し循環式陸上養殖事業に参入しました。
 その一環として林養魚場が長年培った養殖ノウハウおよび最新の陸上養殖技術と、 NECネッツエスアイグループのICT/デジタル技術を融合する役割を担うネッツフォレスト陸上養殖株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:貴田剛、以下 ネッツフォレスト陸上養殖)を合弁で設立し、陸上養殖の高度化を実現してまいります。
 また、このパートナーシップにより誕生する循環式陸上養殖技術の最初の利用者となり、より安全で高品質なサーモンを通年で生産することを目的としたNESIC陸上養殖株式会社(本社:山梨県、代表取締役:新野哲二郎)を設立しました。同社は山梨県西桂町に新たに建設予定の陸上養殖場において、安全で高品質なサーモンを通年で生産することを目指しております。

■本事業のビジネスモデル
 NESIC 陸上養殖が『富士・桂川ファクトリー』で自ら実践することにより、有効性が実証された循環式陸上養殖の仕組みをネッツフォレスト陸上養殖が国内はもとより、グローバルにフランチャイズ展開します。陸上養殖への参入を希望する企業・自治体などに対して、事業検討段階からプラントの建設・設備、立ち上げ、養殖のオペレーション、販路までの各段階で必要な要素をパッケージ化し、フランチャイズモデルとして提供することで、養殖水産業への参入をサポートします。今後10年間で国内外にフランチャイズパートナーを増やし、パートナーを含めたビジネス全体の規模として年間売上300億円を目指します。

「富士・桂川ファクトリー」の起工式を実施のサブ画像8

■山梨県西桂町で事業を展開する理由
 山梨県西桂町は、富士山北麓、桂川流域に位置し、富士山の伏流水による豊富な水資源に恵まれていること、中央自動車道とのアクセスも良く交通の利便性が高いこと、陸上養殖を核とした産業・地域振興に積極的に取り組む意向があることなどから、同地にNECネッツエスアイグループ初の陸上養殖場を建設することを決定しました。
陸上養殖場の建設にあたっては、NESIC陸上養殖株式会社、山梨県、西桂町、富士ピュア株式会社の4者で「地域活性化協定」を2019年10月31日に締結しました。本協定は陸上養殖を核とした地域産業振興や雇用機会拡大に連携・協力して取り組むことを趣旨とし、富士・桂川地域のイメージの向上と経済の活性化をはかることを目的としています。今回の起工式により、本協定の目的実現に向けより具体的な形で動き出すことになります。

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください