わかりやすくCO2排出量の計算方法を解説【15本の動画で学べるCO2排出量計算方法について】e-ラーニング動画の販売開始!

0
1332
わかりやすくCO2排出量の計算方法を解説【15本の動画で学べるCO2排出量計算方法について】e-ラーニング動画の販売開始!のメイン画像

100名様以上にご参加いただいた『CO2排出量計算方法セミナーSCOPE1.SCOPE2.SCOPE3まるわかり講座』をもとにe-ラーニング動画を作成いたしました。

Believe Technology株式会社は「CO2フリーを世の中のスタンダードに」を事業コンセプトに掲げ、大企業から中小企業まで幅広くCO2排出量算定支援を行っております。

あらゆる産業の脱炭素化が進む現在、サプライヤーからのCO2排出量削減の要求、気候変動に対する取り組みやリスクの情報開示の要求などにより、自社のCO2排出量把握の重要性が高まっております。

CO2排出量計算を簡単に解説させていただくと、CO2排出量の計算はGHGプロトコルに基づくスコープ1、スコープ2、スコープ3に分けて計算することが一般的となっており、スコープ1は『燃料の使用などによる自社の直接排出』、スコープ2は『電気や熱の使用による自社の間接排出』、スコープ3はサプライチェーン全体に範囲が広がり、『製品の購入、販売、輸送、廃棄、使用などのスコープ1、2以外の間接排出」が対象となっております。

CO2排出量の計算は【活動量】×【排出原単位】=【CO2排出量】という基本式で計算をすることができ、スコープ1、スコープ2、スコープ3の排出量を足し合わせたものが、自社のサプライチェーン全体のCO2排出量となります。

※環境省の排出量算定に関する基本ガイドラインより『https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/estimate_tool.html#no02

 

わかりやすくCO2排出量の計算方法を解説【15本の動画で学べるCO2排出量計算方法について】e-ラーニング動画の販売開始!のサブ画像1

弊社が算定支援を行うにあたって、CO2排出量計算についてよくある質問が「自社で計算したいが、何から始めて良いか分からない」「理解が難しく(特にスコープ3)算定に自信がない、自社が算出した結果が正しいのか分からない」です。

今回そういった課題を解決する為、弊社の算定ノウハウをもとにCO2排出量の計算方法が『1から学べる』e-ラーニング動画を作成いたしました。内容としては、スコープ1、2、3(15カテゴリ)ごとの内容の解説、算定対象範囲、企業の算定によく使用されている算定方法と計算式、それに応じた集めるべき活動量、使用する排出原単位データベースの種類、実務的な計算例題を収録しております。

他にもカテゴリ1の排出原単位の設定方法やカテゴリ4の輸送シナリオの設定方法、活動データが膨大にある場合にどうやって省力化して計算をするか、など実際の算定に役立つノウハウも紹介し、より『実践的な内容』となっております。

【e-ラーニング動画の内容】

※全85分間の15本の動画、6つのChapterに分けております。

Chapter1  算定前に必要な基礎知識

Chapter2  排出量計算のプロセス

Chapter3  スコープ1の解説と算定方法

Chapter4  スコープ2の解説と算定方法

Chapter5  スコープ3の15のカテゴリの解説と算定方法

Chapter6  算定結果のまとめ方・算定事例

【こういった方におすすめ】

・スコープ1、2、3、を分かりやすく解説している資料や動画が欲しい

・算定支援業者に任せると高額な費用がかかってしまうので、自社で計算をしたいが自信がない

・社内担当者を教育する資料や動画が欲しい

・実務者としてレベルアップをしたい

【商品について】

・15本の動画(全85分程度)
・PDF資料167枚
※ご購入後にお送りするメールのリンクより、視聴・ダウンロードが可能です。
※3つのプランを用意しており、プランによっては弊社が使用している算定支援ツールや理解度確認テストなどが付いてきます。

【購入方法について】

こちらの商品ページからご確認ください↓
http://elearning.believe-technology.com/

【価格について】

上記商品ページからご確認ください
※銀行振り込み、クレジットカードでのお支払いが可能です。

備考】

上記商品について代理店販売制度を検討しております。ご興味のある方は、下記メールアドレスにご連絡いただけますと幸いです。

本講座は「サプライチェーンを通じた温室効果ガス排出量算定に関する基本ガイドライン (https://www.env.go.jp/earth/ondanka/supply_chain/gvc/estimate_tool.html#no02)」をベースに作成しております。

ご確認の上ご購入ください。

Believe Technology(ビリーブテクノロジー)株式会社  
メールアドレス:[email protected]
HP:https://www.believe-technology.com/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください