「ダスキン環境目標2030(DUSKIN Green Target 2030)」を策定

0
882
「ダスキン環境目標2030(DUSKIN Green Target 2030)」を策定のメイン画像

~企業としての成長と持続可能な社会の実現に貢献するためのサステナビリティ委員会にて~

 株式会社ダスキン(本社:大阪府吹田市、社長:山村輝治)は、企業としての成長と持続可能な社会の実現に貢献するため、事業を通じた環境・社会問題への取り組み強化と実践を目的としたサステナビリティ委員会(※)にて、2030年度までの環境経営における目標「ダスキン環境目標2030(DUSKIN Green Target 2030)」を6月24日に策定しました。

 ダスキン環境目標2030では、循環型社会づくりに向けて、フード事業における食品ロス量の削減目標やダスキングループ及び加盟店・協栄工場で使用している化石資源由来プラスチックの削減、容器包装プラスチックのリサイクル率を向上させる目標を新たに設定しました。また、脱炭素社会の実現に向けて、2030年度までに再生可能エネルギーの利用比率目標を50%に設定するとともに、ダスキングループ拠点におけるCO2排出削減目標を2013年度比26%から46%に引き上げます。
 今後も、創業者の願いである「道と経済の合一」を実現するべく、事業を通して社会のお役に立つSDGsの目標達成に貢献する取り組みを掲げ、更なる企業価値の向上と持続可能な社会の実現に貢献する企業を目指します。

※サステナビリティ:持続可能性(Sustainability)。目先の利益を追い求めるのではなく、自然環境や社会システムの維持にも目を向けようという考え方や活動。
 サステナビリティ委員会:2021年5月1日にCSR委員会より改称。
 

「ダスキン環境目標2030(DUSKIN Green Target 2030)」を策定のサブ画像1

■株式会社ダスキンの環境方針
https://www.duskin.co.jp/sus/ecology/management/

【ダスキンのESG・SDGsへの取り組み】

1.    事業を通じて経済・社会・環境の課題解決に取り組むCSV(共通価値の創造)の推進
2.    3つの価値(経済価値、社会価値、環境価値)を相互に実現するためのガバナンス強化

 

「ダスキン環境目標2030(DUSKIN Green Target 2030)」を策定のサブ画像2

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください