宇宙関連スタートアップ企業へ出資 ~ビッグデータを活用したソリューション創出へ布石~

0
884

                                         2021年7月16日
                                     JFE エンジニアリング株式会社

                 宇宙関連スタートアップ企業へ出資
            ~ビッグデータを活用したソリューション創出へ布石~

 JFE エンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)は、J&TC Frontier※1 を通じて、宇宙関連のスタートアップ企業3社※2「(株)ALE」「(株)アクセルスペースホールディングス」「(株)スペースシフト」への出資を決定しました。

 当社は、従来の事業ポートフォリオにとらわれない新しい視点による事業の創出を目的に、東京センチュリーと共同でJ&TC Frontier を2019年に設立しました。両社は世の中にイノベーションを起こすパートナーとなり得るスタートアップ企業をJ&TC Frontierを通じてリサーチしてまいりました。

 このたびJ&TC Frontier は、衛星から得られる多種多様なデータを、防災・減災や生物多様性を確保する為に有効活用することや、超小型民間衛星の製造・運用技術の応用可能性を探索するため、「宇宙」を事業領域としている3 社に出資しました。

 また、今回3社に出資した件とは別の取組みとして、当社はインターステラテクノロジズ社が設立したパートナーシッププログラム「みんなのロケットパートナーズ」に2020年より参加しています。宇宙への人工衛星投入や、物資輸送をより確実とするためのロケット製造及びロケット射場・実験場設備への技術支援を行ってきており、宇宙がより身近で有益な事業フィールドとなるよう協業を進めております。

 当社は引き続きJ&TC Frontier を通じて、「DX」「ライフサイエンス」「航空・宇宙」「グリーンリカバリー※3」をキーワードに投資を実行し、SDGsの推進により社会課題の解決に積極的に取り組んでまいります。

※1 設立時リリース  https://www.jfe-eng.co.jp/news/2019/20191108.html
※2 次ページ出資会社の概要参照
※3 コロナ禍からの復興にあたって、地球温暖化の防止や生物多様性の保全を実現し、よりよい未来を目指していくこと

出資会社の概要(アルファベット順)

名称 株式会社ALE
本社所在地 東京都港区芝大門2-11-8 住友不動産芝大門二丁目ビル 2階
代表者 代表取締役社長 / CEO 岡島礼奈
資本金 17億8,881万円(資本準備金を含む)
設立 2011年9月1日
事業概要 ・宇宙エンターテインメント事業「Sky Canvas」
・大気データ取得・小型人工衛星技術の研究開発
特色 人工流れ星を始めとした宇宙エンターテインメント事業、気候変動のメカニズム解
明に寄与する大気データ取得事業、宇宙デブリ防止装置開発事業を通じ、科学と人
類の持続的な発展に貢献することを目指しています。
HP https://star-ale.com/

 

名称 株式会社アクセルスペースホールディングス
本社所在地 東京都中央区日本橋本町三丁目33Clipニホンバシビル2階・3
代表者 代表取締役CEO  中村 友哉
資本金 712279万円(資本準備金を含む)
設立 200888
事業概要

・超小型衛星等を活用したソリューションの提案

・超小型衛星及び関連コンポーネントの設計及び製造

・超小型衛星の打ち上げアレンジメント及び運用支援・受託

・超小型衛星が取得したデータに関する事業

特色 世界初の民間商用超小型衛星をはじめとする9機の実用衛星を開発・運用。超小型人工衛星の設計、製造、打上アレンジから運用、データ解析、ソリューション提案まで一貫したワンストップサービスを提供しており、世界を毎日観測するデータプラットフォーム「AxelGlobe」を構築することを目指しています。
HP https://www.axelspace.com/?lang=ja

 

名称 株式会社スペースシフト
本社所在地 東京都千代田区大手町1丁目6番1号 大手町ビル6階 Inspired.Lab
代表者 代表取締役CEO 金本成生
資本金 27,400万円(資本準備金を含む)
設立 20091211
事業概要

・衛星データ解析ソフトウェア開発

・衛星データ解析業務

・宇宙ビジネスコンサルティング

特色 天候や時間に左右されず情報取得可能なSAR(合成開口レーダー)衛星をはじめとしたデータを自動解析できるAIの開発を行なっています。未利用の「宇宙」情報を活用しAIによりこれまで人間では分からなかった微少な変化を検出し、防災、インフラ管理など様々な用途に応用することで衛星データ利用を促進しています。
HP https://www.spcsft.com/

 

【参考】みんなのロケットパートナーズの概要

2019年に立ち上げたインターステラテクノロジズのパートナーシッププログラム。ロケット開発に必要な設計、製造、運用、営業など、各企業が持つ技術やノウハウ、ネットワーク等を活かして宇宙開発に参画します。

 

名称 インターステラテクノロジズ株式会社
本社所在地 北海道広尾郡大樹町字芽武690番地4
代表者 代表取締役社長 稲川貴大
資本金 18,000万円(資本準備金を含む)
設立 2003519
事業概要 小型ロケットの開発・製造及び打上げサービスの提供
特色 観測ロケット「MOMO」と超小型人工衛星を宇宙空間に運搬する軌道投入ロケット「ZERO」を独自開発しており、民間企業が単独で開発製造したロケットとして国内で初めて宇宙空間に到達しています。
HP http://www.istellartech.com/

              本件に関するお問合わせは下記にお願いいたします。
               JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室

                       株式会社ALE

                    株式会社スペースシフト

               株式会社アクセルスペースホールディングス
                 
インターステラテクノロジズ株式会社

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください