関西最大級のスタートアップイベント Hack Osaka 2022 参加者募集開始 

今回9回目となる「Hack Osaka 2022」は、「次世代モビリティ」「次世代インフラ」をテーマに、空飛ぶクルマを開発するスタートアップによるトークセッション、関西を代表する企業によるリバースピッチ、国内外スタートアップ企業によるピッチコンテスト"Hack Award2022"、そして商談会を実施いたします。
特に商談会では、24か国・地域から応募を受け、厳選な審査を通過した15社が参加します。
SDGs、カーボンニュートラル、インフラ点検の効率化などに取り組んでいらっしゃる企業の皆様は奮ってご参加ください。

 

関西最大級のスタートアップイベント Hack Osaka 2022 参加者募集開始 のサブ画像1

独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部が参画する国際イノベーション会議Hack Osaka実行委員会は、2022年2月10日(木)に国際イノベーション会議「Hack Osaka 2022」を開催します。

年に一度開催されている国際イノベーション会議・Hack Osakaは、世界のイノベーションの潮流や大阪発のイノベーションの成果を発信する関西最大級のスタートアップの祭典です。
この度、Hack Osaka 2022のオンライン視聴申し込み、 および2月8日・9日に開催する商談会の申し込み受付を開始いたしました。各コンテンツの詳細や申し込みの方法等については、ウェブサイトをご覧ください。

【Hack Osaka 2022】公式ウェブサイト
https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/

<Hack Osaka 2022> ※日英同時通訳
■日  時 2022年2月10日(木) 午後1時から午後7時頃まで(日本時間)
■会  場 オンライン(EventHub)
■参加費  無料
■内  容 トークセッション、ピッチコンテスト「Hack Award 2022」、
リバースピッチ(登壇企業:川崎重工業株式会社、ダイキン工業株式会社、南海電気鉄道株式会社)等
■申 込  https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/register.php 
■主  催 国際イノベーション会議Hack Osaka実行委員会(構成:大阪市、公益財団法人都市活力研究所、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、公益財団法人大阪産業局)
■共  催 大阪外国企業誘致センター(O-BIC)、一般財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪)
■協  力  株式会社MBSメディアホールディングス、株式会社電通
■協  賛 池田泉州キャピタル株式会社、株式会社JR西日本イノベーションズ、阪急阪神不動産株式会社
■メディアパートナー NewsPicks Re:gion
■後  援 大阪スタートアップ・エコシステムコンソーシアム、京都スタートアップ・エコシステム推進協議会、ひょうご神戸スタートアップ・エコシステムコンソーシアム、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会
■賛  同 アサヒビール株式会社、近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社、さくらインターネット株式会社、
 凸版印刷株式会社、株式会社みずほ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社三菱UFJ銀行、
 株式会社読売新聞大阪本社、りそなグループ ビジネスプラザおおさか・こうべ・びわこ

<スタートアップ商談会2022> ※日英逐次通訳
■日  時 2022年2月8日(火)・9日(水) 午前9時から午後8時まで(日本時間)
     ※申込締切:2月4日(金)15時
■会  場 オンライン(Zoom)
■参加費  無料
■申 込   https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/business-meeting.php
■主  催  国際イノベーション会議Hack Osaka実行委員会
(大阪市、都市活力研究所、日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、大阪産業局)
■共  催 大阪府

【Hack Award・商談会参加企業】
※の企業は商談会のみの参加となります。
UrbanChain Group Limited 香港(スマートパーキング)
Autofleet イスラエル(フリート運用)
HeyCharge GmbH ドイツ(地下環境でのEVチャージ)
H3 Dynamics シンガポール(水素ドローン×AI)
MobyFly スイス(ゼロエミッション水中翼船)
FLYING WHALES フランス(最大積載量60tの物流飛行船)
Sharper Shape Inc. 米国(インフラ点検用のデジタルツイン)
INFINITE FOUNDRY ブラジル(工場作業効率化のデジタルツイン)
株式会社アジラ 日本(AIカメラで異常検知)
NanoLock security イスラエル(IoTデバイスへのゼロトラストセキュリティー)
BYSTAMP フランス(デジタルスタンプ)
Falkonry Inc. 米国(AIで工場内オペレーション可視化)
Innoviz Technologies イスラエル(3D LiDAR)
Materna IPS GmbH ドイツ(生体認証×セルフチェックイン(航空、鉄道、バスなど))
Verily Vision タイ(コンテナ・ナンバープレートの自動認識)

【Hack Award参加企業概要】
URL: https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/assets/doc/2022-participants/jp/all-hackaward2022-jp-2.pdf

【商談会参加企業概要】
URL: https://www.innovation-osaka.jp/hackosaka/assets/doc/2022-participants/jp/all-business2022-jp-2.pdf

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事