双日、経済産業省の「人的資本経営の実現に向けた検討会 報告書

~人材版伊藤レポート2.0~」にて先進事例として実践事例集に掲載

2022年5月13日に公開された経済産業省の「人材版伊藤レポート2.0」(以下「当レポート」)の実践事例集に、人的資本経営に関する先進的な取り組みをおこなう企業として、当社の施策が取り上げられました。

双日では、2030年に目指す姿として「事業や人材を創造し続ける総合商社」を掲げ、企業価値の向上・価値創造を実現すべく、経営戦略と一体となった人材戦略を推進しています。当レポートでは、当社の人材KPIや、ジョブ型会社である「双日プロフェッショナルシェア株式会社」、新規事業創出プログラムである「Hassojitzプロジェクト」などの取り組みが先進事例として紹介されています。

今後もより多くの価値を持続的に提供できる総合商社を目指し、SDGs・人材への取り組みをより拡充していきます。

(ご参考)
伊藤レポート2.0は、以下よりご覧いただけます。

  • 実践事例集(当社ページ:P.42)

https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinteki_shihon/pdf/report2.0_cases.pdf

  • 人的資本経営の実現に向けた検討会 報告書(人材版伊藤レポート2.0)

https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinteki_shihon/pdf/report2.0.pdf

  • 人的資本経営に関する調査 集計結果

https://www.meti.go.jp/policy/economy/jinteki_shihon/pdf/survey_summary.pdf

詳細は、以下のウェブサイトをご参照ください。
https://www.meti.go.jp/press/2022/05/20220513001/20220513001.html

(関連情報)
当社の人材に関する特設サイト「人材施策特設サイト」もご覧ください。
https://www.sojitz.com/jinzai/jp/

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事