白ナンバー事業者の「アルコールチェック義務化」への対応など|白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進について解説

ロジスティクス・物流コンサルティングサービスを提供する船井総研ロジ株式会社(以下「船井総研ロジ」)のコンサルタント講演情報です。株式会社フレクトが主催する運送・物流企業向けセミナー「白ナンバー事業者が取り組むべきDX 〜ドライバー管理からアルコールチェック運用まで〜」にて、船井総研ロジのコンサルタントが「物流業界の最新時流と明日から使えるDX事例」について解説します。

白ナンバー事業者の「アルコールチェック義務化」への対応など|白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進について解説のサブ画像1

■ 開催概要

タイトル 白ナンバー事業者が取り組むべきDX
〜ドライバー管理からアルコールチェック運用まで〜
主催 株式会社フレクト
日時 2022年6月28日(火)14:00〜15:00
会場 オンライン(Zoom)
対象 主に白ナンバー事業者の経営者、管理者の方
費用 無料
申込み https://www.cariot.jp/seminar/20220628/

 

2024年問題、アルコールチェック義務化と、白ナンバーの事業者も対応を迫られる課題が多くある中で、それらへの対策として各企業が検討を進めている対応のひとつがDXの推進です。

しかし、『DX』という言葉はよく聞くものの、自社ではどのような取り組みを行うべきか、何から手をつけていいかわからないという声も耳にします。

本セミナーでは、船井総研ロジ株式会社より、特に白ナンバー事業者の管理者の方に、生産性を向上させるヒントや実例をご紹介します。

株式会社フレクトからは、物流から営業、訪問サービスの企業を対象に、走行と業務のデータを活用することで、アナログで非効率な業務を解消するクラウドサービス「Cariot(キャリオット)」をご紹介します。

■ プログラム

白ナンバー事業者の「アルコールチェック義務化」への対応など|白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進について解説のサブ画像2

​■ 船井総研ロジでは、ロジスティクス・物流に関する研修・講演を承っております

研修・講演のご依頼を検討している方は、まずは下記ページよりお問合せください。
≫ https://www.f-logi.com/butsuryu/order-training-lecture/
 

白ナンバー事業者の「アルコールチェック義務化」への対応など|白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進について解説のサブ画像3

白ナンバー事業者の「アルコールチェック義務化」への対応など|白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進について解説のサブ画像4

■ 会社情報

 

白ナンバー事業者の「アルコールチェック義務化」への対応など|白ナンバー事業者が取り組むべきDX推進について解説のサブ画像5

船井総研ロジについて

物流・ロジスティクス領域において、戦略・戦術の策定から実行までを一貫してサポートする日本最大級の総合物流コンサルティング会社です。

荷主企業・物流企業双方への豊富な支援実績をもとに、本質レベルでお客様の課題を解決する実行型コンサルティングを行う。物流に特化したコンサルティング・コミュニティ・ネットワーク・データベースを4軸に、お客様が必要とする「ロジスティクスソリューション」をワンストップで提供しています。

くわしくはコチラ
≫ https://www.f-logi.com/company/business/

会社概要

  本社:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-6-6 日本生命丸の内ビル 22階(東京本社)
 代表者:代表取締役 菅 重宏
  設立:2000年5月10日
 資本金:9,800万円
 TEL:0120-659-456
MAIL:[email protected]
 WEB:https://www.f-logi.com/

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事