チクマ 日本ロレアルと連携、化粧品業界で初めて 美容部員の制服のアップサイクルを開始 ~サステナブルな循環型ユニフォームの実現を目指して ~

日本ロレアルと連携、化粧品業界で初めて 美容部員の制服のアップサイクルを開始

繊維専門商社のチクマが取り組むSDGs
株式会社チクマ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長 堀松 渉)は、世界最大の化粧品会社ロレアルグループの日本法人である日本ロレアル株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ジャン-ピエール・シャリトン)と連携し、美容業界として初めて、美容部員の制服のアップサイクルを2022年6月末より行います。この取組みにより、チクマのSDGsの取組みとして、サステナブルな循環型ユニフォームの実現強化を目指していきます。

 

 

チクマ 日本ロレアルと連携、化粧品業界で初めて 美容部員の制服のアップサイクルを開始 ~サステナブルな循環型ユニフォームの実現を目指して ~のサブ画像1_マテリアルリサイクルフローマテリアルリサイクルフロー

 

 

 

これまで、日本ロレアルでは、デザイン変更や退職などの理由で使われなくなった美容部員の制服を焼却していました。今回のチクマとの連携により、そのすべてが自動車部品としてアップサイクルされます。初年度は、倉庫に

チクマ 日本ロレアルと連携、化粧品業界で初めて 美容部員の制服のアップサイクルを開始 ~サステナブルな循環型ユニフォームの実現を目指して ~のサブ画像2

在庫のあった旧デザインの制服、約1.7トンおよび、退職した美容部員分の制服、約560kgがアップサイクルされる予定です。これにより、2022年度は約9,000kg、以降は年間約2,200kgのCO2排出削減につながることになります。現時点では、日本ロレアル傘下の6ブランドが対象ですが、今後対象は同社の美容部員が所属する全ブランドまで拡大されます。

今回の提携について、日本ロレアル 代表取締役社長ジャン-ピエール・シャリトン氏は次の通り述べています。「日本ロレアルは、『世界をつき動かすような美の創造』のため存在しています。ロレアルにとって美とは責任と思いやりをもつことです。ロレアルは 『地球の限界』を尊重するビジネスモデルに自らを変革することを掲げていますが、気候変動は既にその限界値を超えてしまっています。行動を起こすのは今しかないのです。日本ロレアルではこの7月にカーボン・ニュートラルを達成予定です。今回の提携をはじめ、その他の取組みもさらに加速していきます。美のグローバルリーダーとして私たちが率先して行動することで、化粧品業界そして日本の循環型社会経済への移行支援の加速に貢献していきます」

美容部員が所属するブランドを統括する日本ロレアル 副社長 ロレアル リュクス事業本部長オリヴィエ・ラシェ氏は以下の通り述べています。「今回の試みにより、美容部員へサステナブルな取組みへの参加機会を提供できることを嬉しく思います。制服は、私たちのブランドの世界観をつくる重要な要素であり、お客様と私たちの大事な接点のひとつです。その制服が役目を終えた後、新しい形に生まれ変わり、社会へ貢献できるのは素晴らしいことです。私も美容部員も誇りに感じています」

 

チクマ 日本ロレアルと連携、化粧品業界で初めて 美容部員の制服のアップサイクルを開始 ~サステナブルな循環型ユニフォームの実現を目指して ~のサブ画像3

チクマでは、脱炭素の見える化の実現に向けて、使用済み制服のリサイクルに取り組んでいます。福岡県北九州市との共同事業であるマテリアルリサイクル企業、株式会社エヌ・シー・エスを活用し、削減効果を数値化、見える化する取り組みを進めています。「減らす化の一歩は見える化から」をモットーに、衣料品の回収を依頼された企業・団体に対してその効果を数値化、公表しています。数値化提供サービス立ち上げ当初は、単一企業からの依頼がほとんどだったが、最近はグループ全体を挙げての依頼が増えています。

チクマ 日本ロレアルと連携、化粧品業界で初めて 美容部員の制服のアップサイクルを開始 ~サステナブルな循環型ユニフォームの実現を目指して ~のサブ画像4

 

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事