ウミトロン、くら寿司と協働しAIスマート給餌機によるハマチ養殖に日本初成功。「特大切り AIはまち」として、全国くら寿司にて6月24日(金)から限定販売。

ウミトロン(所在地:東京都品川区、代表取締役:藤原 謙、以下ウミトロン)は、回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦、所在地:大阪府堺市)の子会社、KURA おさかなファーム株式会社(代表取締役社長:田中信、所在地:大阪府貝塚市)と協働し、AI・IoT技術を活用したスマート給餌機「UMITRON CELL(ウミトロンセル)」を活用したハマチのスマート養殖に日本で初めて成功しました。本ハマチは、回転寿司チェーン「くら寿司」の全国店舗にて「特大切り AIはまち」として、6月24 日(金)から6月26日(日)まで限定販売されます。

ウミトロン、くら寿司と協働しAIスマート給餌機によるハマチ養殖に日本初成功。「特大切り AIはまち」として、全国くら寿司にて6月24日(金)から限定販売。のサブ画像1

■取り組み背景

近年、漁業における「人手不足」「不安定な収入」「労働環境の厳しさ」などが大きな課題となっています。くら寿司では 2010年より「漁業創生」をテーマに様々な活動を行っており、2021年11月に業界初の水産専門会社である子会社、KURA おさかなファームを設立。スマート養殖による委託養殖を進める取り組みとして、2021年春からウミトロン開発のAI・IoT活用のスマート給餌機「UMITRON CELL」の導入を開始。2022年3月にはスマート給餌機で養殖したマダイを「AI桜鯛」として、初めて全国販売しました。

■スマート給餌機「UMITRON CELL」を活用した初のハマチ養殖

「UMITRON CELL」の特徴は、搭載されているAI が魚の食欲をリアルタイムで画像解析することで、給餌の量やタイミングを最適化できること、また、スマートフォンなどの端末から遠隔で生け簀の魚の様子をモニタリングしながら給餌がいつでもどこでもできることです。これにより、社会情勢の影響で価格高騰が続くエサ代や漁船の燃料費の削減、作業負荷の軽減、無駄な餌が海に流出することを防ぎ、環境負荷の低減に貢献します。

ウミトロンでは、過去ハマチの稚魚期でスマート給餌機「UMITRON CELL」を活用した生育試験は実施していたものの、成魚まで生育した実績はありませんでした。2021年6月より開始した、KURA おさかなファーム及び委託養殖先である養殖事業者との生育実証試験により、ハマチを成魚まで生育し出荷するのは初となります。

ハマチは一度に多くの餌を食べるため、無駄なく生育に必要な量を食べさせられるよう、一度に短時間で大量の餌を船上から生け簀に機械で投入しながら、人が目視で食欲状態を確認する給餌方法が一般的でした。
今回の実証実験では、スマート給餌機に切り替えても従来通りに成育することが分かり、さらにAIで解析した魚の食欲に応じて給餌することで、餌の量を従来比約1割削減することに成功しました。また、給餌のために生け簀まで船で毎日往復していたところを遠隔操作に切り替えることで、2-3日に1回の頻度に軽減。労働負担の低減や燃料代の削減にも繋がっています。初出荷となる今回は、約20トンを水揚げし、全国のくら寿司で「特大切り AIはまち」として販売します。 

■今後の展望

本実証結果を踏まえ、ウミトロンとKURA おさかなファームはスマート給餌機「UMITRON CELL」を愛媛県宇和島市の養殖事業者2社へ導入する契約を締結し、AI・IoTによる委託養殖を本格的に進めていきます。今後も、ウミトロンはハマチの給餌・生育データの蓄積、及びAIの精度を高めて自動化していくことで、さらなるハマチの生産効率アップと省力化、安定供給をKURAおさかなファームと連携しながら目指します。
委託養殖したハマチは、KURA おさかなファームが全量買い取り、くら寿司で今後も販売します。また、くら寿司は2024年を目処に、くら寿司で扱うハマチの約3割をKURA おさかなファームによる委託養殖によって賄う計画です。

国内の水産業は担い手不足や高齢化に歯止めがかからない状況が続いている一方、魚介類の世界的な需要の高まりや原油高騰、また円安の影響を受け、魚価は高騰傾向にあります。ウミトロンとくら寿司は、今後もAIやIoT技術の導入による更なる効率化・省力化を進めることで、消費者に安定した魚の供給量確保、リーズナブルで高品質な商品提供の継続に貢献してまいります。

■商品情報

商品名:特大切り AIはまち
価格:220円
販売期間:2022年6月24日(金)〜6月26日(日)
※一部店舗では価格が異なります
※在庫状況により品切れの場合もあります

ウミトロン、くら寿司と協働しAIスマート給餌機によるハマチ養殖に日本初成功。「特大切り AIはまち」として、全国くら寿司にて6月24日(金)から限定販売。のサブ画像2

提供元:くら寿司

<ご参考>
■スマート給餌機「UMITRON CELL」

ウミトロン、くら寿司と協働しAIスマート給餌機によるハマチ養殖に日本初成功。「特大切り AIはまち」として、全国くら寿司にて6月24日(金)から限定販売。のサブ画像3

特徴

「UMITRON CELL」は、AI・IoT技術を活用した水産養殖者向けスマート給餌機です。スマートフォンなどの端末から生け簀で泳ぐ魚のリアルタイム動画を見ながら遠隔で餌やり操作が可能。また、AIが魚の食欲を判定し、餌量やスピードを最適化、制御することができるため、労働負荷の削減と餌の最適化、海へ餌が流出することを防ぎ環境に配慮した養殖業の実現に貢献しています。

導入実績

スマート給餌機「UMITRON CELL」は、近畿・四国・九州地域を中心に、主に真鯛、シマアジ、サーモントラウトなどの魚種に導入されています。「UMITRON CELL」を活用した真鯛事業者との大規模実証結果として、搭載されたAIにより魚の食欲に合わせて餌やりをすることで、無駄な餌の削減を確認。また、従来より少ない餌量でも、スマートフォンなどから遠隔で適切なタイミングで餌を与えることが可能なため、出荷時のサイズや品質を保ちながら短い期間で生育することに成功しました。

「UMITRON CELL」説明動画:https://youtu.be/hbIQdvOMJdY

■ウミトロン株式会社

・設立 2016年9月1日
・所在地 東京都品川区東五反田1-10-7 AIOS五反田ビル1102号 
・代表者 代表取締役 藤原 謙
ウミトロンは、水産養殖にAIやIoT、衛星リモートセンシング等の技術を活用することで、持続可能な水産養殖の実現に取り組むベンチャー企業です。養殖生産におけるエサやりの最適化や自動化、生産者の労働負荷の軽減、及び消費者へ安心して食べられる魚の安定供給、海の環境を守る養殖を、技術開発により実現していきます。

- お問合せ先 -

広報/取材について  Email:[email protected]
ウミトロンについて  Email:[email protected]

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事