丸井グループは「ブルーアース・ウィークス」を実施します。

2022年6月24日(金)~7月7日(木)

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩)は、サステナブルな取り組みの一環として「ブルーアース・ウィークス」を実施。6月24日(金)から7月7日(木)のクールアース・デーまでの14日間、19時から22時の間、マルイ・モディ各店(一部店舗除く)の看板や外壁など屋外照明の一部を消灯する「マルイ・モディ ライトダウン」を実施いたします。

丸井グループは「ブルーアース・ウィークス」を実施します。のサブ画像1

■ 「将来世代の未来を共につくる」ためのアクション

丸井グループでは2019年に公表した「VISION2050※」に基づき、3つのテーマからなる「インパクト」を2021年5月に発表。「将来世代の未来を共につくる」「一人ひとりのしあわせを共につくる」「共創のプラットフォームをつくる」の3つのテーマを実現すべく、主要な取り組み項目を中期経営計画の主要KPIとして設定しています。
このたびの「ブルーアース・ウィークス」では、マルイ・モディ店舗でのライトダウンを通じたCO₂の削減や環境意識の醸成に加え、お客さま参加型のCO₂削減アクションを同時に開催することで、お客さまとともにグリーンリカバリーのための「脱炭素社会」の実現をめざします。
※「VISION2050」についてはこちら
https://www.0101maruigroup.co.jp/sustainability/lib/s-report.html

①「マルイ・モディ ライトダウン」

「マルイ・モディ ライトダウン」は、企業としてCO₂削減のアクション、ならびに、電力ひっ迫危機などを考慮した省エネ対策の一環として実施。6月24日(金)から7月7日(木)のクールアース・デー※までの14日間、19時から22時の間、マルイ・モディ各店(一部店舗除く)の看板や外壁など屋外照明の一部を消灯いたします。お客さまには夜空を見ながら、地球環境の大切さを考える機会としていただけることを願い実施いたします。
※2008年の洞爺湖サミットが日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、毎年7月7日がクールアース・デーと定められました(環境省HPより)

丸井グループは「ブルーアース・ウィークス」を実施します。のサブ画像2

②「星に願いを。キャンペーン」を同時開催!

「マルイ・モディ ライトダウン」と同期間で、「星に願いを。キャンペーン」を開催いたします。同キャンペーンでは、各店にご用意した七夕ボードに”お客さまから地球へのメッセージ”をお寄せいただくとともに、”再生可能エネルギー”を取り扱うみんな電力の取り組みをご紹介いたします。取り組みにご賛同いただける方には、再エネ電力へ簡単に切り替えができる「みんな電力エポスプラン※」のご案内もいたします。

※「みんな電力エポスプラン」についてはこちら
https://www.eposcard.co.jp/minden/index.html

丸井グループは「ブルーアース・ウィークス」を実施します。のサブ画像3

※ブルーアース・ウイークスに関してはこちら
https://www.0101.co.jp/blue_earth_weeks/

※電力需給のひっ迫が予想される状況を考慮し、7月8日(金)以降も節電は継続いたします

▼丸井
https://www.0101.co.jp/
▼エポスカード
https://www.eposcard.co.jp
▼丸井グループ
 https://www.0101maruigroup.co.jp/

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事