「アソビル」2F、YOKOHAMA COASTにて 7/2(土)〜7/10(日)の9日間、「フードロスミュージアム 横浜」を開催

「発信」・「学び」・「体感」・「応援」する、SDGsイベント

株式会社マザーエンタテイメント(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:吉奥祐介 以下、当社)は、2022年7月2日(土)〜 7月10日(日)の9日間、横浜駅みなみ東口直通の複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」YOKOHAMA COAST(2F)にて、フードロスミュージアム実行委員会(実行委員長:木村健太郎)が運営する「フードロスミュージアム 横浜」を開催いたします。

「アソビル」2F、YOKOHAMA COASTにて 7/2(土)〜7/10(日)の9日間、「フードロスミュージアム 横浜」を開催のサブ画像1

開催概要


イベント名:フードロスミュージアム 横浜
開催場所:複合型体験エンターテインメント施設「アソビル」YOKOHAMA COAST(2F)
               神奈川県横浜市西区高島2-14-9
               アクセス:https://asobuild.com/access/
日時:2022年7月2日(土)〜 7月10日(日)の9日間 [OPEN 11:00   CLOSE 18:00]
内容:「発信」・「学び」・「体感」・「応援」をテーマに構成
料金:1,000円(税込)※メッセージ入りエコバック付き

フードロスミュージアムとは


フードロスミュージアムは、「発信」・「学び」・「体感」・「応援」をテーマに、生産・サプライチェーンにおける食品ロスの削減を目的としたイベントです。
https://www.foodloss.cc/

■開催目的
「発信」:メッセージ入りエコバッグを持って帰ってもらうことで、来場者の皆様に発信媒体になってもらいます。
「学び」:世界や日本のフードロスの現状をパネルを通して学んでもらいます。
「体感」:どのようなものが行き場を失った野菜になるのかを、実際に野菜を手にとって体感してもらいます。
「応援」:食品ロスや農家さんの現状を知ってもらえるよう支援金を受け付けます。

■イベント内容

  • パネルブース:世界と日本のフードロスの 現状をパネルで学ぶ
  • 野菜ブース:「行き場を失った野菜」を 実際に手に取り、持ち帰って食べてみることで体感する
  • ワークショップ:親子でできるワークショップ を通してSDGsを知ろう
  • アソビル横丁コラボ:行き場を失った野菜で 作られた料理を食べよう

■「フードロスミュージアム 横浜」実行委員会メンバー
実行委員長:(フードロスミュージアム座長)木村健太郎 

【参加社】
株式会社FF
株式会社マザーエンタテイメント
株式会社TRIPLE ONE
アイビック食品株式会社
株式会社ACT NOW
有限会社敬天キムラ

【協賛】
日本郵便株式会社

【後援】
HOKKAIDO DREAM
キンコーズ・ジャパン株式会社
バリュエンスホールディングス株式会社
横浜市資源循環局

【協力】
(公財)横浜観光コンベンション・ビューロー
(一財)渋谷区観光協会
成城大学 加藤のあ
法政大学 SASH
帯広畜産大学 Me+You
プラナシスタ
札幌市立藻岩高等学校

関連URL


フードロスミュージアム公式サイト:https://www.foodloss.cc/

株式会社マザーエンタテイメントについて


『MAKE OTHER Entertainment』 ~ここにしかない'楽しみ' と '驚き' を創造する~
私たちは、そこでしか味わうことのできない「楽しみ」と「驚き」を創造し、お客様を日常の一歩先へ導きます。そして私たち自身もまた一歩先への歩みを止めません。「食」と「遊び」で人々の生活をエンターテインし続けたい、それが私たちの思いです。

━株式会社マザーエンタテイメント 概要━━
社名        株式会社マザーエンタテイメント
所在地       〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル
設立        2002年 5月 23日   資本金       50,000,000円
代表者       代表取締役社長  吉奥祐介
事業内容  複合商業施設運営、コンサートホール運営、イベントの企画・運営

━本リリースに関するお問合せ━━
・本件に関するお問合せ
Mail:[email protected]

・報道関係者さまのお問合せ
広報担当
Mail:[email protected]

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事