女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、”ZOOS”(ズーズ)が始動。世界最高峰の「FIBA 3×3 Women’s Series」へ参戦!

7月29-30日に開催されるプラハ大会を初陣として世界へ挑む

2022年4月1日付でZOOS合同会社が設立された。発起人及び代表は3人制バスケットボール選手の桂葵。MISSIONは、「女性を取り巻くスポーツの環境をリデザイン」していくこと。
プロジェクト第一弾として、3x3Düsseldorfとパートナーシップを組み、ZOOSを運営母体とした日独混合の3×3クラブ"Düsseldorf ZOOS"として世界最高峰の3×3プロサーキット「FIBA 3×3 Women's Series」へ参戦する。
※FIBA=国際バスケットボール連盟
※FIBA 3×3 Women's Series https://womensseries.fiba3x3.com/2022

今後は、女子バスケ起点のコミュニティをつよみに様々な企画・事業を展開予定。ZOOSのブランドメッセージを届けるようなプロダクト作りや、ライフスタイルとしてのカジュアルなガールズバスケコミュニティの運営、女子バスケ選手のプロデュース・マネジメントなどを展開する方針。
ZOOS HP:https://zoosjp.com/

 

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

 

  • ZOOS立ち上げの背景

発起人の桂葵です。大学卒業時に引退宣言をしましたが、約8年の歳月を経て、本格的にバスケ界にカムバックいたします。22歳の私は、バスケットボール界で選手として出会える人に出会い尽くしたと思い、新たな出会いを求めてビジネスの道へ進みました。けれども、数年間のブランクを経て、世界中にはまだまだ知らないバスケットボールの世界が拡がっていることを知り、衝撃を受け、気付けば改めてバスケットボールに夢中な日々です。
5on5、3×3、ストリート、部活、スクール、クラブチームに、ガールズバスケコミュニティ。日本一を目指す、世界に挑む、健康のため、同居するカルチャーが好き、勝敗に拘らない仲間と楽しみたい。多様な価値観・ライフステージの中でその人らしく楽しめるバスケットボールの形がきっとあるはず。ワクワクする選択肢を提示していきます。
また、当事者として、今後変わりゆく可能性のある自身の人生をリアルに想像した30歳女性の決断でもあります。ジェンダーを越えて多様なライフスタイルが謳われる現代において、ZOOSを起点にあなたの人生を応援できたら。女性のエンパワーメントを通じて、社会やコミュニティに健康と豊かさを提供したい、そんな想いです。
 

  • 【ZOOSプロジェクト第1弾】FIBA 3×3 Women's Series参戦

ZOOSは、3x3Düsseldorfとパートナーシップを締結。3人制バスケットボールチーム、"Düsseldorf ZOOS"を結成。ドイツバスケットボール連盟及びデュッセルドルフの自治体からのサポートを受けながら、デュッセルドルフを拠点に日独混合の選手編成にて世界を転戦する。国境・国籍を越えたインターナショナルな3×3プロクラブとして新たな道を開拓し、未来の子供達にバトンを繋ぐ。また、女子3×3界初の選手兼クラブオーナーとしての桂葵の取り組みにも注目が集まる。
Düsseldorf ZOOSの初陣は、7月29−30日に開催されるプラハ大会。

FIBA 3×3 Women's Seriesとは


大会名称: FIBA 3×3 Women's Series 2022
主催:FIBA(=国際バスケットボール連盟)
期間:2022年5月28日~9月18日
詳細:FIBA 3×3 Women's Seriesとは、FIBA主催3×3ウィメンズカテゴリーにおける世界最高峰のプロサーキット。2022シーズンは、5月28日にイスラエルにて開幕し、世界各地で約10大会が開催される予定。ツアーの成績上位者には、9月17-18日にコンスタンツァ・ルーマニアにて開催されるツアーファイナルの出場権が与えられ、今季の3×3女子世界一が決まる。

女子3×3の課題と今後の展開


2019年に開幕したFIBA 3×3 Women's Seriesは、2021シーズンまではナショナルチームの対抗戦とされており、各国協会の招集に基づき選手が派遣されていた。3×3選手としての活動が代表チームのみに限定されるケースが多く(メインは5人制クラブ所属など)、世界的に見ても女子3×3プロ選手は少数であった。
※男子3×3は、すでにクラブチーム対抗戦としてプロサーキットがデザインされており、世界の上位チームの多くは、3×3プロ選手で構成されている。

2022シーズンよりFIBA 3×3 Women's Seriesのレギュレーションがアップデートされ、従来のナショナルチームの参戦をベースに、加えて、少数のクラブチームにも門戸が開かれた。新たな参戦枠は、Commercial teamと称され、商業利用を可能とすることで女子3×3のプロ化を促進するFIBAの意向。今季が女子3×3のプロ化元年と位置付けられる。(Düsseldorf ZOOSは、Commercial teamとして3x3Women's Seriesに参戦。)
 

  • 関係者コメント

■FIBA(国際バスケットボール連盟)公式コメント/アレックス・サンチェス氏(3×3マネージングディレクター)

「Düsseldorf ZOOSの設立は、FIBA 3×3 Women's Seriesの発展にとって素晴らしいニュースです。​今回の取り組みにより、さらに多くの才能あふれる女性たちが世界の舞台で輝くチャンスが与えられるでしょう。これはFIBAの3つの戦略の1つである"バスケットボールにおける女性の発展"にも繋がると信じています。」

(原文)The creation of Team Düsseldorf ZOOS is great news for the growth of the FIBA 3×3 Women's Series. It means more opportunities for female athletes and an increased number of talented players for the fans to watch, in line with one of FIBA's three strategic pillars: the development of women in basketball. -Alex Sanchez, FIBA 3×3 Managing Director.

■ドイツバスケットボール連盟 公式コメント/ マティアス・ウェーバー氏(3×3部門長)

「ドイツナショナルチームのメンバーであるジェニー、アマ、エマが、ZOOSの一員としてFIBA Women's Seriesに参加することを大変嬉しく思います。また、日本とドイツの女子3×3バスケットボールの人気をさらに高めるべく、ZOOSが欧州最大の日本人コミュニティを持つデュッセルドルフ市とパートナーシップを結んだことに、大きな意義を感じています。このプロジェクトはユニークかつ明確な価値観のもと、女子3×3バスケットボールの輝かしい未来に向けた大きな一歩となるものと確信しています。」

(原文)We are excited and happy for our national team members Jenny, Ama and Emma to be chosen by the ZOOS organization to be part of the ZOOS team in the FIBA Women's Series. Furthermore we are enlightened by the fact that ZOOS partners up with the city of Düsseldorf, which has one of the biggest japanese communities in Europa, to further strengthen the growing popularity of female 3×3 basketball in Japan and Germany. This project is unique, definitely about the right values and should be a big step into a very promising future of female 3×3 basketball. -Matthias Weber, Head of the 3×3 Division in German Basketball Federation
 

  • Düsseldorf ZOOS ロスター

桂葵:
東京都出身。29歳。181cm。ZOOS合同会社代表。2022年3x3W杯日本代表候補。
3×3.EXE PREMIER JAPAN 2021 PLAYOFFS優勝・MVP受賞。

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

前田有香:
三重県出身。37歳。173cm。2022年3x3W杯日本代表候補。
3×3.EXE PREMIER JAPAN 2021 PLAYOFFS優勝。
2022年3×3日本選手権優勝・MVP受賞。

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

Jennifer Crowder:
ドイツ・Göttingen出身。26歳。166cm。3×3ドイツ代表チーム。
FIBA 3×3 Women's Series Bucharest Final 2021 優勝
ING 3×3 German Championship 2022 優勝

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

Ama Lemonie Owusua Degbeon:
ドイツ・Heidelberg出身。26歳。188cm。3×3ドイツ代表チーム。
ING 3×3 German Championship 2022 優勝

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

Emma Lina Stach:
ドイツ・Buchholz in der Nordheide出身。25歳。177cm。3×3ドイツ代表チーム。

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

FIBA 3×3 Women's Seriesスケジュール


FIBA HPご参照。URL:https://womensseries.fiba3x3.com/2022
 

  • ZOOS(ズーズ)とは

"Zoo"といえば、動物園。じつは、Zooの由来は「Zoological Garden」というロンドンの特定の動物園を指す固有名詞にあるとのこと。この「Zoological Garden」の"Zoo"の部分は、古代ギリシャ語の"Zoion"が由来になっていて、【生きている】とか、【生命体】とかいう意味を持つそう。その"ZOO"に複数形の"S"を。
"多様な人生を受容しながら、みんなで生きていきたい"、"集まることでより豊かになるそんな生命体の繋がりを紡いでいきたい。" そんな想いで2022年4月1日に始動。女性を取り巻くスポーツの環境のリデザインをミッションに掲げる。

▶ZOOSパートナーを募集中です。
ご支援にご興味のある方(法人・個人)はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先:[email protected]

ZOOS HP: https://zoosjp.com/
ZOOS Instagram: https://www.instagram.com/zoos.official
ZOOS Twitter: https://twitter.com/ZOOS_official
ZOOS公式アプリ:7月8日(金)リリース予定
 

  • ZOOS PROJECT

■桂葵(ZOOS合同会社 代表)

小学校の3年間をドイツ ハンブルクで過ごす。帰国後に始めたバスケットボールで、学生時代は5人制の年代別日本代表として活躍。アジア2位、世界7位等。桜花学園高校卒業後、早稲田大学社会科学部へ進学。大学4年時にインカレ優勝・MVP獲得を最後に競技を引退。バスケット界を離れ、新卒で三菱商事株式会社へ入社。人生の転機は、25歳。ストリートバスケシーンに惹かれたことをきっかけに3年のブランクを経て3×3で競技復帰。商社マンとの二足の草鞋で活動しながら2021シーズンには3×3プレミアリーグ優勝、MVP等。2022年3x3W杯日本代表候補。2022年2月、新卒時より約7年間勤めた三菱商事を退職し、同年4月に3×3クラブ「Düsseldorf ZOOS」を設立。女子3×3界初となる選手兼オーナーとしてFIBA主催世界最高峰のプロサーキットへ参戦する。

Instagram: https://www.instagram.com/aoi_katsura/
Twitter: https://twitter.com/aoi_katsura

■Art DirectorにMQ氏

「桂葵さんとは、実は大学時代からいろんな縁があって今に至ります。初めてZOOSプロジェクト(そのときはまだ名前もなかった)を聞いたときから、胸のワクワクが止まりませんでした。彼女の情熱あふれる夢の実現に、私も力の限りサポートできればと思いチームに参加させていただきました。日本におけるガールズスポーツコミュニティの発展とともに、スポーツとデザイン/アートとの距離がもっと近づいていってほしいと願っています。このプロジェクトのスタートをきっかけに、今後さらに新しいスポーツ×アートの世界を切り開いていけたらと思います。とにかく多くの方々に楽しんでいただきたいです。」

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

[MQ氏]
ZOOSのArt DirectorにMQ⽒が就任。東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業後、同大学院へ進学。現在は同大学の教育研究助手をしながら株式会社DELICIOUS COMPANYに所属し、グラフィックデザイナーとして活動する。また、NBAワシントンウィザーズ公認スーパーファンとしての顔を持ち、2022年1⽉には、ワシントン・ウィザーズ協⼒のもと在籍選⼿のイラスト展「WIZ WORK 2021-22」を東京と徳島で開催。計500⼈のファンが⾜を運んだ。YouTubeチャンネル「Basketball Diner」にて、雑誌「ダブドリ」編集長の大柴壮平氏とNBA通訳・ライターの大西玲央氏とともに毎週NBAニュースを配信中。

Twitter: https://twitter.com/mq_nba
Instagram: https://www.instagram.com/mq_nba/

■Communication Advisorに長田新子氏

「発起人の桂葵さんとはここ数年、「Women In Sports」や「Women`s Wellness Action from Shibuya」など渋谷を中心としたプロジェクトに参加してもらっていましたが、彼女の謙虚な姿勢と積極的な行動力に常に刺激を受け、更に一人の女性としても共感を持ち続けていました。今回はまさに私がこのZOOSの活動に参画することで、自分の持っている経験や専門性を通じて、女性を取り巻くスポーツの環境やグローバル規模での活動をチームメンバーの一人としてサポートしたいと思っています。スタートしたばかりですが、ぜひ多くの方々に応援及び参加してもらえたらと思っています。」

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

[長田新子氏]
ZOOSのCommunication Advisorに長田新子氏。AT&T、ノキアにて通信・企業システムの営業、マーケティング及び広報責任者を経て2007年にレッドブル・ジャパンに入社。コミュニケーション統括責任者及びマーケティング本部長(CMO)として10年半、エナジードリンクのカテゴリー確立及びブランド・製品を市場に浸透させるべく従事し2017年に退社。2018年から渋谷区にて設立された(一社)渋谷未来デザイン理事・事務局長として、都市の多様な可能性をデザインするプロジェクト活動を推進。同時に、NEW KIDS(株)代表としてマーケティング・PR関連のアドバイザーや講演活動、Metaverse Japan代表理事にて業界発展活動、マーケターキャリア協会理事等でキャリア支援活動も積極的に行っている。著書に「アスリート×ブランド 感動と興奮を分かち合うスポーツシーンのつくり方」(宣伝会議/2020年)

■Global Relationsに安田美希子氏

ZOOSのGlobal Relationsは、安田美希子氏が務める。FIBAやドイツ協会など海外組織との関係構築や、ZOOSチームマネージャーとしての役割を担う。2014年には現在の3×3.EXE Premier(国内の3×3トップリーグ)の立ち上げをリード。その後、東京2020組織委員会3×3バスケットボール種別マネージャーを勤めた。 現在は独立し、株式会社SporveのCEOとして3×3やスポーツマーケティングの領域などで活躍。2児の母。

■Local ManagerにEmre Atsür氏

欧州におけるLocal ManagerをEmre Atsür氏が担う。デュッセルドルフ及び同市発のプロクラブを代表する3×3エキスパート。2022年6月に開催されたドイツ選手権では、Emre氏率いる3×3 Düsseldorf LFDYが男女共に優勝を遂げた。

「D.Sports」 – スポーツ都市デュッセルドルフ
D.Sportsは、デュッセルドルフ市におけるスポーツ部局。スローガンは「the home of sports」。D.Sportsは、ZOOSのヨーロッパにおけるパートナーであり、世界中を転戦するチームをこの街からサポートする。
www.3x3dusseldorf.com

GAME PHOTO

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、Jennifer Crowder

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、前田有香

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、

 

 

 

 

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、Emma Lina Stach

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、Jennifer Crowder

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、桂葵

女性を取り巻くスポーツの環境をリデザインしていくプロジェクト、桂葵

 

関連記事

コメントする

Please enter your comment!
Please enter your name here

最新記事