ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催

0
936
ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のメイン画像
水道直結ウォーターサーバーのレンタル事業を行うウォータースタンド株式会社(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:本多 均、以下当社)は、2021年7月9日(金)に社会貢献活動の一環として、豊島区立池袋第三小学校の小学5年生88名を対象に、持続可能な社会の実現に向けた特別出張授業を開催いたしました。

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像1

■ウォータースタンド株式会社の特別出張授業について
 当社は、「2030年までに使い捨てプラスチックボトル30億本を削減」することをミッションに掲げ、事業を通じたSDGs達成貢献に取り組んでいます。
 水道直結ウォーターサーバーを取り扱う企業だからこそ伝えられる「水資源の大切さ」や「誰もが安心な水にアクセスできることの価値」、「マイボトルに給水することで自分が起点となってスタートできるSDGsへの取り組み」を学ぶことができる授業です。

■授業内容
1. 地球環境の現状について
2. 当社の取り組む「ボトルフリープロジェクト」について
3. 当社が事業を通じて取り組むSDGsのゴール
4. 地方公共団体・企業とのパートナーシップ

 授業では、2019(令和元)年に環境省が発表した「2100年 未来の天気予報」や海洋におけるプラスチック汚染を取り上げたニュース動画などを交えながら、地球環境の現状について楽しく学びました。
 特別出張授業を通じて、子ども達が未来の社会を想像し、将来の地球環境を守るために今できることは何か、自由に意見発表して頂きました。
 授業では、当社が地方公共団体や企業、個人のお客様と共に推進する「ボトルフリープロジェクト」についてお伝えしました。それぞれの地域や企業がマイボトルへの給水を呼び掛け、多くの方が実行することで使い捨てプラスチックを削減でき、プラスチック循環やCO2排出抑制につなげることができることを学んで頂きました。

■授業の様子

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像2

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像3

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像4

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像5

■子ども達の感想
・(使い捨てプラスチックボトルを)30億本もへらすミッションがすごいと思いました。なぜなら、それほどみんなが使っているからです。
・いろいろな地球をまもる方法があるので一つ一つなしとげていかなければならない。
・私がおもっていたよりもプラスチックのえいきょうがひどかった。生き物のいのちをうばわないようにこれから水筒やエコバックをもちあるこうと思いました。

■授業を終えて~当社の所感~
 今回は小学5年生を対象とした出張授業をさせて頂き、環境問題やSDGsについての知識をしっかり持っておられると感じました。
 当社のSDGsへの貢献図を見て、テキストの説明だけでゴールを当てることができたり、プラスチックと石油の関係性や問題点などへの理解も深くお持ちでした。それでも海の生物に影響を及ぼすプラスチックのニュースや2100年未来の天気予報を見ると驚いている様子も見受けられました。
 知識を自分事として捉え、行動を起こすきっかけになれば大変嬉しく思います。

■ウォータースタンド株式会社の社会貢献活動
<WATERSTANDショールーム 森のがっこう>

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像6

 

 

ウォータースタンド株式会社豊島区立池袋第三小学校でSDGs特別出張授業を開催のサブ画像7

 当社のショールームでは、夏休みの自由研究イベントとして「ウォータースタンド 森のがっこう」を2021年7月1日~8月31日まで開催しています。同イベントは、アサヒビール株式会社とパナソニック株式会社が共同開発した飲料容器「森のタンブラー」を活用した「絵をかこう!森のタンブラー」をはじめ、「色が変わる?ハーブティー」、「遊んで学ぼう!SDGsすごろく」といった楽しい企画を通じ、子どもたちの創造性や好奇心をくすぐりながら身近なSDGsへの取り組みについて考えて頂くものです。
 当社は、「森のタンブラー」の活用などによって環境に優しい製品の普及やリユースできる容器への給水を働きかけ、「事業を通じた持続可能な社会への貢献」を目指します。

<地方公共団体と推進するボトルフリープロジェクト>
 「ボトルフリープロジェクト」は、誰もが安全安心な飲料水をマイボトルに給水できる「ウォータースタンド」を「給水スタンド」として整備し、マイボトル活用を推進するものです。
 本活動を通じて、使い捨てプラスチック削減・CO2排出抑制による気候変動の緩和と、水分補給による熱中症などの被害・健康増進による気候変動への適応の両立を実現します。この取り組みへの協力を様々な組織・団体等に呼びかけながら、同様の取組みを日本全国に拡大しています。

 ※ウォータースタンド株式会社ESG推進室では、企業や教育機関向けにSDGsワークショップ・出張授業を実施しています。詳しくは公式Webサイト(https://waterstand.co.jp/csr/bottlefree.html)をご覧ください。

 ■ウォータースタンドについて
 水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」は、いつでも安全安心な飲料水が使える利便性の高さと、運搬や使い捨て容器を必要としないエコな給水システムが支持され、子育て世帯を中心とした個人宅や、SDGs達成に取り組む法人、大学などに支持されています。
 2021年7月には、水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド ガーディアン」は、赤ちゃんのミルク作りがラクにできること、それによりパパ・ママの心に余裕が生まれ、子育てを楽しむことに貢献できる製品であることが評価され「2021年度日本子育て支援大賞」を受賞しました。

 

■ウォータースタンド株式会社 会社概要
代表取締役社長:本多均
本社:埼玉県さいたま市大宮区桜木町4-463(全国61拠点 2021年7月現在)
設立:1969年3月 資本金:5,000万円
事業内容:水道直結ウォーターサーバー「ウォータースタンド」レンタル
コーポレートサイト https://waterstand.co.jp/
サービスサイト https://waterstand.jp/

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください