subsclife、家具・家電取扱いが約600ブランド11万種に

0
310
subsclife、家具・家電取扱いが約600ブランド11万種にのメイン画像

いいモノを、長く使う社会へ

subsclife、家具・家電取扱いが約600ブランド11万種にのサブ画像1

家具の循環型社会をめざす株式会社subsclife(渋谷区、代表:町野 健、以下subsclife)は、家具のサブスク「subsclife」及び、業界初(※)で収益をメーカーとシェアする家具のオフプライスシェアマーケット「subsclife SHARE」で取扱う家具・家電をはじめとするブランド・種類が2021年7月27日(火)時点で約600ブランド11万種に達したことをお知らせいたします。
 

  • 背景

【家具のサブスク事業「subsclife」が好調】
2020年の新型コロナウィルスの影響拡大を受け、個人・法人ともに、「所有から利用」への流れがさらに加速しています。以前は、個人であれば家をローンで購入し、長く同じ場所に住み続け、法人であれば1つの拠点を10年単位で契約し、オフィス家具は購入して資産化が当たり前でした。しかし、現在の先行き不透明な時代においては「持たない」暮らし・経営が注目されており、このような時代の流れを受け、当事業は2021年も好調に推移しております。

【オフプライスシェアマーケット事業「subsclife SHARE」の立ち上がりが順調】
大量生産・大量消費の価値観から、ミニマリズムや断捨離、SDGs的価値観へ変化する中、いいモノをつくっても、相対的にモノが売れにくいのが家具業界の現状です。さらに、長引く新型コロナウィルスの影響拡大により、展示会販売等の機会が減り、家具メーカーは余剰在庫を消化しきれず、やむを得ず廃棄・処分せざるを得ない状況が発生しています。そのような状況下で「subsclife SHARE」は、メーカーの余剰在庫対策、新しい販路の一つとして採用され、2021年1月にローンチ以降、参画社数が60社を超え、取扱点数も1万点を突破。販売も好調に推移しております。
上記背景により、参画ブランドが大幅に増加しており、今後も所有から利用・再利用を促す家具の循環型社会づくり実現に向けた取組みをメーカーと共に加速してまいります。

※当社調べ

 

subsclife、家具・家電取扱いが約600ブランド11万種にのサブ画像2

【subsclife(サブスクライフ)について】 https://subsclife.com/
「家の中を、世界一、豊かな国へ。」をビジョンに掲げ、2事業を展開しています。「家具のサブスクsubsclife」は、月額で新品でデザイン性の高い家具・家電を利用できるサービスです。初期費用を大幅に軽減し、気に入ったら買い取ることも可能です。レンタルは使い続けると商品価格を超えますが、私たちsubsclifeは、使い続けても商品価格を超えない月額料金設定です。さらに、傷等の保証付きで安心してご利用いただけます。もう1つの事業は、2021年に業界初で家具メーカーと収益の一部をシェアする「家具のオフプライスシェアマーケットsubsclife SHARE」。家具の循環型社会を目指す三方良しのサービス提供し、いいものを長く使う社会づくりを実現してまいります。

【会社概要】
会社名   :株式会社subsclife
代表取締役  :町野 健
事業内容  :暮らし、家具のサブスクリプション型サービスsubsclife(サブスクライフ)、家具のオフプライスシェアマーケット「subsclife SHARE(サブスクライフシェア)」の企画・開発
設立日  :2016年11月9日
URL  :https://subsclife.com/

【採用情報】
subsclifeでは積極的に採用を行っています。
募集職種および応募方法はこちらをご参照ください。
https://www.wantedly.com/companies/subsclife

 

返事を書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください